日経平均株価、2日続けての大暴落!ビットコイン暴落の影響か / 米ドルとビットコインが共に低迷する珍しい現象に

日経平均株価、2日続けての大暴落!ビットコイン暴落の影響か

要点

・日経平均株価が20日に続いて、本日21日でも大幅続落

・米国株安とビットコイン安に影響されての暴落かと指摘されている

21日午前の日経平均株価は
前日比638円安の2万8,462円で終了しました。

20日から引き続きとなる全面安です。

欧米の株安をそのまま引き継ぐ形で、
節目の2万9000円台もあっさり割りました。

国内のアナリストは暴落の原因を

「週末のビットコイン急落」

 

「TSMCの年次報告書で米中懸念が取り上げられたこと」

 

「東京五輪を控えているのに、
国内の新型コロナ対策が拙く再拡大が懸念されていること」

と指摘しています。

 

■ネットの反応

リスク分散を意図して、株式とビットコインに投資していた人は

ダブルショックで資産に大打撃を受けている模様です。

上記の記事以外にも不安材料は少なくないご時世ですが

今は下げ止まりを祈りましょう。

 

米ドルとビットコインが共に低迷する珍しい現象に

要点

・一般的にドルが下がれば、仮想通貨や金は上昇すると言われるが同時下落

・現在のビットコインには強い売り圧があると分析されている

ビットコイン価格は20日から大きく下落しています。

その一方で米ドル指数(DXY)は数週間ほど下落を続け、
7週間ぶりの安値となる90.85ドルを記録しました。

一般的にビットコインや金といった安全資産は、
ドルが下落すると買われ、価格が上昇するものと見られます。
数々のチャートがそれを示してきました。

しかし、ここにきてドルとビットコインが同時に下落する
非常に珍しい現象となっています。

ビットコインはここ数日間、
56000ドルというレジスタンスを突破できず
50日移動平均線を超えることに苦労していることから、
強い売り圧力がかかっていると一部で分析されています。

10Tホールディングスの共同創業者である
ダン・タピエロ氏は、

ドルの弱気相場はまだ始まってもいない

と分析して、さらに下降すると予想しています。

 

 

今回の記事のまとめ

■『日経平均株価、2日続けての大暴落!ビットコイン暴落の影響か』について

・日経平均株価、前日に引き続き本日も大暴落し、29,000円台を割る

・背景には新型コロナ感染者拡大懸念や、ビットコイン下落などがあると指摘

■『米ドルとビットコインが共に低迷する珍しい現象に』について

・ドル下落のリスクヘッジとなる安全資産(ビットコイン)がドルと共に下落

・また、さらにドルが下落していくとの分析もある

 

日経平均株価は本日14時現在では前日比620円安となっています。

NYダウも下落して、ビットコイン価格もじりじりと停滞しています。

今週には収まるという見方も一部でありますが、米中関係などの

世界情勢の不安材料も依然として課題となっており、

投資家の皆さんにおいては、しばらく忍耐の時になりそうです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】NFTとは何か?デジタル収集家たちのなぜ今、熱狂しているのか? [田杉山脈★]

1: 田杉山脈 ★ 2021/04/11(日) 19:07:59.72 ID:CAP_USER
代替不可能なトークン(NFT、Non-fungible token)は、Ethereumなどのブロックチェーン上の唯一無二の価値を表現するデジタルアイテムの1つである。NFTは2年ほど前から存在しているが、猫のアニメーション、NBAのクリップ、バーチャル家具といったビジュアルアートを収集する手段として急速な盛り上がりを見せている。

「突発的に」といっても過言ではない。Cointelegraph(コインテレグラフ)によると、2020年後半に900万ドル(約9億9000万円)相当のNFT製品が買い手に売れたという。2021年2月初めには24時間枠で6000万ドル(約66億円)相当のデジタル商品が取引されている。

中略
TechCrunch(以下「TC」):デイビッド、私たちにもわかりやすく説明していただけますか?なぜ世界は今、NFTに熱狂しているのでしょうか。

パックマン氏(以下「DP」):暗号資産の最大の問題の1つは、難解な用語を使ってごく基本的な概念を説明していることです。約4割近くの人々が、野球のカード、靴、アートワーク、ワインなどをコレクションしています。これにはたくさんの心理的な理由が存在します。セットを完成させることを求める人もいます。投資目的で行う人もいます。家宝としての相続を考えている人もいます。しかし、デジタルの所蔵品はコピーするのが容易であったため、実世界でしかコレクションを行うことができませんでした。

そしてブロックチェーンが登場し、デジタルコレクションを不変のものにし、コピーできないものを誰が所有しているかを記録し始めました。スクリーンショットをとることはできますが、デジタルの収集物を実際に所有していることにはならず、スクリーンショットは何の力もありません。売ることも取引することもできません。その強力な裏付けとなるものがブロックチェーンです。そこで私は、暗号ベースのコレクションの存在感は大きくなり、事実上暗号の主流を取り込み、一般の人々を暗号資産に深く関与させることになると確信していました。それが今まさに起こっていることです。

TC:人々がアイテムを集める理由について語ってくれましたが、ステータスについては触れていませんでした。それが動機の1つであると仮定すると、オンラインで集めたものをどのように顕示できるでしょうか?

DP:私たちが収集する理由としてステータスを顕示ことも挙げられますが、デジタルの世界でコレクションを顕示することはより簡単であると思います。私が車のコレクターだった場合、私の車を見せる唯一の方法はガレージに足を運んでもらうことですが、それは一定数の人にしかできません。しかし、オンラインでは、デジタルコレクションとして公開することができます。例えばNBA Top Shopは、自分が体験したことを容易に披露できます。誰もがページを持っていて、アプリが出てきて、アプリ内の誰にでもそれを公開したり、ソーシャルネットワークに投稿したりできます。そして、自分のコレクションがどれだけ大きなものであるか、どれだけエキサイティングなものであるかを示すのは、実に簡単です。

TC:2020年の10月にDapperはこの動画モーメントサービスを開始しています。ポケモンのセットのように、パックを買うと何か「すばらしい」ものがもらえることはわかりますが、何がもらえるかはわかりません。その売上のほぼ半分が先週に入って達成されましたが、どのような背景がありますか?

以下ソース
https://jp.techcrunch.com/2021/04/10/2021-02-26-what-the-nft-vc-david-pakman-dumbs-down-the-digital-collectibles-frenzy-and-why-its-taking-off-now/

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1618135679/

続きを読む No tags for this post.

ソフトバンク傘下ウィーワークがビットコイン等仮想通貨決済受入れへ フォートレスが出資する仮想通貨ファンドのリターンも急増?

bygoogle || []).push
No tags for this post.

仮想通貨ビットコイン、強気トレンド維持のために重要なサポートは? クジラクラスターから分析

bygoogle || []).push
No tags for this post.

【4月21日概況】日足4日連続陰線で止まりそうなビットコイン!今日から明日が山場になる?!

ビットコインは21日午前7時現在、日足ドルベースチャート(午前9時基準算定)で陽線を維持しています。
午前9時まで後2時間ありますが、4月16日から続く連続陰線は4日連続で止まりそうな動きになっています。
連続陰線は止まりますが、アノマリー的に21日と22日が下げやすく、山場となりそうです。
4月21日の概況について解説します。
(この記事は4月21日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

4月20日午前7時からの動き

 

4月20日午前7時に609万円で推移していたビットコインですが、日本勢は既に余力がなくなっているのか、午前11時には581万円まで下落してしまいます。
この動きで587万円の短期サポートをブレイクし一気に売り込まれそうでしたが、中期サポートの578万円は土俵際で死守する事ができ一旦反発、21日午前6時には616.8万円まで上昇し短期レジスタンスにかする動きとなっています。

 

日足4日連続陰線は凶兆か?

ビットコインはドル日足ベースで、一昨日まで4日連続陰線を続けていました。
日足で連続陰線になるケースは少ないため、連続陰線が止まった後の次の日の動きが重要です。

21日、22日はアノマリー的にパフォーマンスが悪い日になり、更に22日には中期レジスタンスも大きく切り下がるため、本日から明日にかけ山場となる可能性があります。
停滞を払拭して安心感が出るには、短期レジスタンスをキチンとブレイクし、58000ドルより上に行き、しばらく維持する必要がありそうです。

 

今日のサポート&レジスタンス

サポートは短期サポートが昨日ブレイクされたものの、本日の午前中に580万円のところに復活します。
次の日の朝までこの水準を下回らない事がまず重要です。
レジスタンスは短期レジスタンスがかすっただけで、まだブレイクされていないように見えるため、617万円のところに残っていると判断します。
まずは短期レジスタンスをキチンとブレイク出来るかが上昇には重要です。
中期サポートをブレイクの場合は、本格調整の可能性が出てくるため、一度相場から離れた方がいいかもしれません。

 

まとめ

ビットコインは日足ドルベース4日連続陰線で止まりそうですが、21日から22日にかけて日柄が悪く、まだ危機が去ったとは言い難い状況です。
本日は短期レジスタンスをブレイクし、58000ドルを維持できるかに注目しましょう。
昨日の安値を更新し、下に行った場合は要注意です。
買いは様子を見たほうがいいでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

来年の北京冬季五輪、「外国人がデジタル人民元を使えるようにする」=中国人民銀行幹部

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ドージコインが急騰し0.44ドル到達 イーロン・マスク氏のスペースXとともに「月に行く」?

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ドージコインが急上昇! ビットコインの暴落と同時に / 世界的ニュースマガジンTIME、仮想通貨支払いに対応へ

ドージコインが急上昇! ビットコインの暴落と同時に

要点

・柴犬をモチーフとした「ドージコイン」が19日から現在まで急騰

・過去7日間の上昇率は400%にも及ぶほどに

柴犬の仮想通貨ドージコインは20日、
ビットコインやイーサなどの仮想通貨が下落するのを尻目に
値上がりしています。

 

ドージコインは19日に初めて0.40ドルを超え、
過去7日間の上昇率は400%になりました。

一方、ビットコインは3.4%下落し
約5万ドル台、イーサは5.1%安の2097ドルとなっています。

ドージコイン側のツイッターも上昇を煽っています。

ハッシュタグ「#DogeDay」のツイートが、
4月20日を「ドージデー」として
最高値を更新させようと働き掛けているようです。

 

 

■ネットの反応

突然「ドージコインの日」なるものが制定されて、ジョークのような

高騰を見せているドージコインに、投資家たちは

戸惑いの色を隠せないようです。

世界的ニュースマガジンTIME、仮想通貨支払いに対応へ

要点

・米国の創刊100年以上の歴史を持つTIMEが仮想通貨支払いに対応

・米国とカナダで実施されており、ビットコインなどに対応

約100年の歴史をもつ
米老舗ニュースマガジンの「TIME」が
BTC含む複数の仮想通貨による
購読の支払い対応を開始しました。

仮想通貨取引所Crypto.comと提携して
Crypto.comが扱う全ての銘柄に
対応するそうです。

米国のニュースメディアではこれが初の事例となります。

現時点では米国およびカナダのみで実施されていますが
他の国への対応は今後数ヶ月で実現していく
とのことです。

TIME代表者は先日のインタビューにて

受け取った仮想通貨を保有し、現金に換金しない

と説明しています。

 

今回の記事のまとめ

■『ドージコインが急上昇! ビットコインの暴落と同時に』について

・柴犬のドージコインの価格が19日から急上昇

・本日20日の「ドージコインの日」に合わせ、ツイッターでは買いが煽られている

■『世界的ニュースマガジンTIME、仮想通貨支払いに対応へ』について

・米国の老舗ニュース雑誌「TIME」が仮想通貨による購読に対応

・BTCほか仮想通貨取引所Crypto.comが扱う全ての銘柄に対応

 

仮想通貨のみならず、日本の株式市場も全面安となっている中

唯一高騰しているドージコインを見て、投資家たちは

希望を見出すやら、不安を煽られるやら、様々な反応を見せています。

なんとか下落が止まることを、今は祈るか、

良い機会として、新たな銘柄を研究するか。

とにかく今が我慢の時となりそうです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.