バンドルカードを発行する5つのメリットと登録方法について解説

バンドルカードとは バンドルカードはVISA加盟店であれば、どこでも支払いができるプリペイドカードになります。 バンドルカードの発行に必要な情報は、ユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号の4つだけで、気軽に作れるプ ... No tags for this post.

仮想通貨の価格上昇率ランキングトップ10【2017年決定版】

はじめに 2017年は仮想通貨市場が大いに盛り上がった年でもあり、取引所のCM放送、ビットコイン保有者の急増、ICO等など注目すべき事が多々ありました。 また、ビットコインだけでなくアルトコインも大きく注目され、投資効果 ... No tags for this post.

2017年度の国内の仮想通貨取引額69兆円、1年で20倍に・・・

1: 2018/04/10(火) 17:48:04.70 ID:CAP_USER9
 仮想通貨の業界団体「日本仮想通貨交換業協会」は10日、金融庁で開かれた仮想通貨を巡る研究会の初会合で、ビットコインなど主要な仮想通貨5種の国内の取引状況を明らかにした。2017年度の合計取引額は約69兆円と前年度の約20倍に膨らんでおり、市場が急拡大した実態が浮かび上がった。

 主な仮想通貨交換業者17社のデータを集計した。17年度の取引額の内訳は、現物取引が約12兆7千億円。少ない元手で大きな利益を得られる可能性がある証拠金取引などが約56兆4千億円だった。

 また通貨別では、全体の9割超がビットコインだった。取引利用者は20~40歳代が約9割を占めた。

2018/4/10 17:44
共同通信
https://this.kiji.is/356359417283265633

仮想通貨


引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523350084/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨ビットコインさん、昨年12月以降で最大の価格上昇wwwwww

1: 2018/04/13(金) 13:32:36.22 ID:Y366YHzg0 BE:878978753-PLT(12121)
ビットコイン急伸、12月以降で最大の上げ-重要水準を次々突破
no title


仮想通貨ビットコインは12日、一時16.9%高まで買われ、昨年12月以降で最大の上げとなった。
わずか数分で7000ドルと8000ドルの節目を次々と突破し、テクニカル分析上の重要な水準を上抜けた。

ニューヨーク時間午後5時(日本時間13日午前6時)現在は12%高。
  ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのリサーチ責任者、トーマス・リー氏は急伸の背景として、
サンタンデール銀行によるブロックチェーン技術を利用した決済アプリの計画や税に関連した売りがほぼ終わったこと、
ショートスクイーズを挙げた。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-12/P72RPC6JTSEH01


ビットコインは「史上最大のバブル」?メディアのバブル論は正しいのか

 今週、いわゆる「ビットコイン・バブル」と、そのバブルが「弾ける」かという話題がメディアで取りざたされた。
中には、ビットコインの価格上昇をオランダのチューリップや金と比較し、バブルの大きさに関して誤解を招くようなものもあった。

 バンク・オブ・アメリカ(BoA)は「史上最大級の資産価格バブル」と主張した。ビットコインを、チューリップバブルや
ミシシッピバブル、南海泡沫事件、金価格、1929年の大恐慌と比較し、ビットコインは「史上最大のバブル」と結論付けた。
この主張は、バブルの歴史においてもビットコインの歴史においても、明らかに事実とは異なっている
https://jp.cointelegraph.com/news/media-hype-falsely-reports-bitcoin-as-greatest-bubble-in-history

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523593956/


続きを読む No tags for this post.

GMOコインが「貸仮想通貨」サービスを開始!FX取引の手数料値下げも!

GMOコインとは

GMOコインは東証一部上場会社GMOグループが運営する取引所です。

GMOグループとはインターネットサービス会社です。

もともと優良FX業者として知られており、FXをやっている人なら誰もが知っている超大手企業になります。

長年の金融取引のノウハウは仮想通貨取引にもいかされ、操作しやすい取引画面、アプリ、手数料の安さに定評があります。

 

 

GMOコインが貸仮想通貨サービスを開始!どんな内容?

仮想通貨取引所GMOコインが「貸仮想通貨」の申し込みを11日から開始しました。

内容はGMOコインにビットコインを貸しているだけでお金をゲットできるお得なサービスとなっています。

 

申し込み期間

期間:2018年4月11日~2018年5月2日

比較的、短い募集期間ですね。申し込みが殺到した場合は抽選もあるようです。

 

対象通貨・申し込み単位

対象通貨:BTC

申し込み単位:10BTC~100BTC

対象通貨はビットコインで、申し込み単位が10BTC~100BTCです。日本円で換算すると約700万円~7000万円相当のビットコインです

なので、プロ向けのサービスといえますね。

 

貸出期間

貸出期間:90日

貸出期間は90日、1カ月半の貸し出しです。期間が短いので、リスクは低いといえるでしょう。

 

利息

利息:5%/年

利息は年に換算すると5%です。

仮に10BTCを預けると、0.12328767 BTCです。ビットコインが70万円だとすると約8万6000円となります。

 

どんな人に向いている?申し込み方法

仮想通貨の貸付は「レンディング」ともいい、他社でもサービスを提供しています。

しかし、今回のGMOコインの「貸仮想通貨」は継続的に展開するというより、一時的なサービスの可能性が高いです

また、貸付単位も最低10BTCとかなり多い枚数となっています。以前から保有していて、しばらく売却の予定がない人に向いているでしょう。

今後は、また別のかたちで仮想通貨貸付サービスに期待したいですね。

申し込み希望の方はGMOコインホームページのお問合せフォームからエントリーができます。

 

4月18日よりFX取引の手数料を値下げ

11日にはFX取引の手数料値下げも発表されました。手数料の値下げは18日15時より適用になります。

もともと、取引手数料は無料でしたが、今回の値下げはレバレッジ手数料です。

従来の0.05%から0.04%に値下げされます

 

取引手数料とレバレッジ手数料の違い

取引手数料は新規に売買するときにかかる手数料です。GMOコインは無料なので、取引するだけではお金はかかりません。

レバレッジ手数料はFX取引で1日以上保有しているとかかる手数料です。他社では「スワップポイント」と表記される場合もあります。

 

レバレッジ手数料・スワップポイント比較

BitFlyer、Zaif、DMM Bitcoin、GMOコインの4社のレバレッジ手数料・スワップポイントを比較しました。

 

取引所 レバレッジ手数料(スワップポイント)
BitFlyer 0.04%
Zaif 0.039%
DMM Bitcoin 0.04%
GMOコイン 0.04%

 

国内の取引所は0.03~0.04%が基本になっています。

しかし、今回のGMOコインの値下げでレバレッジ手数料は主要4社に並びました

 

その他のGMOコインの特徴

GMOコインではビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップルの5種類が取引可能です。

今回手数料が値下げされたFX取引の最大倍率は5倍。GMOコインはレバレッジ手数料だけではなく、スプレッド(買う価格と売る価格の差)も安めに設定されています

セキュリティー対策も、コールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全です。

 

まとめ~仮想通貨取引をするならGMOコインで~

今回の貸仮想通貨サービスは、ビットコインを大量に持っている人向けなので、今後は少ない枚数でも利用できるサービスに期待したいですね

もし、気になるという方はぜひホームページをみてください。

また、GMOコイン初心者の方にもっともおすすめしたい取引所です

 

注文方法は他社と比べて使いやすいのは間違いありません。

 

今回の手数料値下げによりレバレッジ手数料は主要4社と並びました。

その他人気の仮想通貨5種類を取引可能。2段階認証など、もちろん、セキュリティー面でも安心してお使いいただけます

まだ、口座を開設していない方は、レバレッジ手数料が下がったこの機会に登録するのをおすすめします

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Rippleを安く買うならbitbank.cc!今からリップルを買う人は指値で買えて手数料の安いビットバンクに登録しよう!

Rippleを扱っている日本国内の仮想通貨取引所は現在2社のみですが、「指値注文でRippleを買える」、「手数料を安く抑えてRippleを買う」なら断然 bitbank.cc(ビットバンク) です。

本記事ではビットバンクの魅力と共に、ビットバンクでRippleを買う方法を説明します。

bitbank.cc(ビットバンク)の魅力

手数料が安い

ビットバンクccの魅力はなんといっても手数料が安いことです。

さらに現在はキャンペーン中で売買手数料が全て無料となっています。

過去にはマイナス手数料という、取引を行えば行うほど手数料分がボーナスともらえるキャンペーンも実施されています。

このようにユーザーに直接的に還元されるような嬉しいキャンペーンが多いこともビットバンクの魅力です。

指値注文ができる

bitbankでは指値注文でRippleを買うことができます。

指値注文とは、自分が買いたい価格を指定して買い注文を出すことです。

ユーザー同士で買い、売りを指値で出せるので、現在の相場価格より安く買えることがほとんどで、取引所や販売所での仮想通貨販売よりもスプレッドが小さく、確実にお得に購入することができます。

現在日本の国内取引所でRippleを指値注文できるのはビットバンクのみなので、Rippleを安く購入したい人はビットバンクに登録することをおすすめします。

取り扱い通貨の種類が多い

ビットバンクは仮想通貨の取り扱いが国内トップクラスの取引所です。

2017年10月現在は下記の6通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • MonaCoin
主要な仮想通貨であるBitcoinやEthereumはもちろん、RippleやLitecoin、MonaCoinなど人気アルトコインの取り揃えも充実しています。

入金手数料が無料

日本円をはじめ仮想通貨の入金手数料は全て無料です。

なのですでにRippleをはじめ仮想通貨を持っている人も、新たにビットバンクにも口座開設をしてもデメリットがありません。

出金手数料が安い

出金手数料もとても安く設定されています。

Rippleだと0.15 XRP、日本円にして 3.44572 円(約 3円程度)で出金することができます。

こんなに安い出金手数料もbitbankの魅力です。

口座開設が簡単にできる

口座開設も非常に簡単にできます。

やり方は他の取引所と同じで、必要事項を入力し、本人確認書類を撮影してアップロードします。

その後書留(ハガキ)が届くので、記載されているパスワードを入力すれば本人認証も完了です。

bitbank.cc でRippleを購入する方法

bitbank.cc  にログインして画面上のメニューバーの「トレード」をクリックして、取引画面を表示しましょう。

左上に「 BTC/JPY 」と表示されていて、初期状態では「 Bitcoin と 日本円 の取り引き」になっています。

ここで 「 XRP / JPY 」 をクリックすると、日本円でRippleを購入することができます。

bitbank.ccはアルトコイン、Rippleも指値・成行注文できるので、欲しい金額で指定して購入することができます。

これが 「Rippleを安く買うならbitbank」という理由です。

2017年10月現在だと 45XRP を 1XRP 22円 で注文すると、990円と1,000円以下で注文することができます。

以上がbitbankでRippleを購入する方法です。

アカウントさえ作成できれば、簡単に買うことができます。

国内取引所でRippleを安く買うならビットバンク!

[ex-jp-bitbank.cc]
[aside type="boader"]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/aside] [aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

bitbank.ccがスマホアプリのリリースを公式に発表!

bitbankがスマートフォンアプリをリリースしたことを発表しました。

・「ビットバンク iPhoneアプリ」の特徴
  • ビットコインやリップルを含む6種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュ)をiPhoneアプリから取引可能
  • 100種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析が可能
  • チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新
  • オフラインのコールドウォレット採用。マルチシグでハッキング対策も万全
  • 仮想通貨交換業登録済(第00004号)の事業者による運営
引用 : iPhoneアプリ提供開始のお知らせ

bitbank(ビットバンク)が以前から要望の高かったスマートフォンアプリをリリースしました。

先行してiOS版がリリースされ、続いてAndroid版のリリースも予定されています。

[kanren postid="2078"] [kanren postid="244"] [ex-jp-bitbank.cc] No tags for this post.

GMOコインが取引手数料の値下げ&貸仮想通貨サービスを発表!

GMOコインが手数料の変更についてアナウンスしています。

2018年4月18日(水)15時より、下記の通り取引ルールの変更をさせていただきます。

【仮想通貨FX】

■レバレッジ手数料
変更前:0.05% / 日
変更後:0.04% / 日

引用 : レバレッジ手数料変更のご案内 | GMOコイン株式会社

2018年4月18日(水)15時より、レバレッジ手数料(仮想通貨FX)の手数料が従来の0.05%から0.01%低い0.04%に変更になります。

現物取引では国内で高い人気を誇る仮想通貨「Ripple」(リップル、XRP)を扱うGMOコインが仮想通貨FXのレバレッジ取引手数料引き下げを行ったことで、同社への期待がさらに高まっています。

またGMOコインは同日に「貸仮想通貨」サービスの開始も発表しています。

2018年4月より、「貸仮想通貨」サービスの取扱を開始いたします。

貸仮想通貨サービスとは、お客様が保有されている仮想通貨を当社に貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料をお受け取りいただけるサービスです。

【2018年4月度 募集要項】
– お申込期間
2018年4月11日〜2018年5月2日
※募集上限以上のお申込があった場合は抽選となります。詳しくは、貸仮想通貨サービス約款第4条をご覧ください。

引用 : 「貸仮想通貨」サービス開始のお知らせ | GMOコイン株式会社
Coincheckでお馴染みの「貸仮想通貨」サービスですが、一定数の通貨を貸しておくだけで利子を受け取ることができ、その為長期保有のユーザーらに人気の高いサービスとなっています。

仮想通貨取引所の立ち上げから仮想通貨マイニングへの参入、Couldブロックチェーンの提供や貸仮想通貨サービスの開始など、GMOの仮想通貨業界への展開が加速を続けています。

[kanren postid="860"] [kanren postid="1587"] [ex-jp-GMOコイン]No tags for this post.