SmartCash(スマートキャッシュ)
通貨表記:SMART
発行量上限:50億
承認方式:PoW
暗号アルゴリズム:Keccak

f:id:Zbaron:20171118153508j:plainSmartCashのロゴマークはミツバチのコロニーをイメージしています。
それは、このプロジェクトがコアチームやマイナー重視ではなくコミュニティ重視の
分散型ガバナンスシステムを取り入れた仮想通貨プロジェクトです。
それはどういうことなのか?

f:id:Zbaron:20171118171246j:plain

コアチームやマイナー主導のプロジェクトでは政治的であり、体制に腐敗が生じる可能性があるため、中央集権体制に逆行しかねません。
そのため、SmartCashを応援するコミュニティの成長、開発者の採用、加盟店の受け入れ、草の根のコミュニティの運動を取り入れることで成長していこうという思想です。

 

 分散型ガバナンス体制を構築し、維持するために、
SmartHiveHive Structuring Teams(HST)という2つの概念を導入しています。

f:id:Zbaron:20171118171232j:plain

SmartHiveは、コインを保持している誰でも、コミュニティから提出された提案に投票することができます。ボトムアップで意見を反映できる直接民主制のようなイメージです。

Hive Structuring Teams(HST)はプロジェクトの進化のための枠組みを中央集権的にしない仕組みです。
Hive Structuringチームは、開発、アウトリーチ、サポートなど重要なプロジェクト分野をコアメンバーが担当していますが、8人以上メンバーが増えると新たにチームを構成し、それぞれが自律的に運営していくことで中央集権化を防ぎます。

 

 

f:id:Zbaron:20171118211050j:plain

SmartCashの需要なキーワードに SmartRewardがあります。
これは、長期保有することで価格安定性を促す目的で導入しています。
1000SMART以上をウォレットに保有している場合、毎月25日時点の保有数がスナップショットされ30日間後に保有数の15%が配当が確定されます。
実際にウォレットに反映されるのは、翌30日後なので60日後に15%が配当されるイメージです。

 

 

 

 

 

f:id:Zbaron:20171118211958j:plain

ロードマップの目玉の一つが InstantPay(インスタントぺイ)です。
コンビニでアイスクリームを購入したり、ガソリンスタンドで給油したり、ネットでゲームを購入したり、普段の決済システムをSmartCashもその一翼を担おうというプロジェクトです。
目標としてはVisaやMasterCardを使うより迅速に世の中の商品を支払うシステム構築です。
ビットコインでは、トランザクション問題や高額な送信手数料などで問題になっている部分を実現していこうとの取り組みです。

 

またマイニングも、ビットコインで主流となっているASICでは対応できていない
ハッシュアルゴリズムKeccakを採用しているため、大規模マイニング工場ではなく、モバイルやPCなど幅広く参加可能です。
大型マイナーによる富の一極化も許さない決意が感じられます。

 

資金の使い方もコミュニティとSmartHiveへ80%、マイナーやSmartRewardへ20%の配分であるため、コミュニティ重視ということが現れています。

f:id:Zbaron:20171118171215j:plain

 

サイトに対応している言語がヨーロッパ圏であるため、日本向けへのサービスとして展開されるのかは、不明ですが、ヨーロッパに近いアフリカ圏などに進出を始めると
面白い展開になるかもしれません。

モバイルウォレットは作成中のようですが、Twitterアカウント上では、QRコードによるダウンロードが可能なようでした(試しましたが日本ではまだ未対応なようでNGでした・・・・)  

やはりヨーロッパ圏の仮想通貨プロジェクトなのかな・・・。
 日本にも入ってきて欲しい・・・

 

f:id:Zbaron:20171118153508j:plainSmartCashは Cryptopia、CoinExchange.io、HitBTC、で取り扱われています。

 

SmartCash公式サイト

f:id:Zbaron:20171118171305j:plain

 

" />

SmartCash(スマートキャッシュ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:Zbaron:20171118153508j:plain
SmartCash(スマートキャッシュ)
通貨表記:SMART
発行量上限:50億
承認方式:PoW
暗号アルゴリズム:Keccak

f:id:Zbaron:20171118153508j:plainSmartCashのロゴマークはミツバチのコロニーをイメージしています。
それは、このプロジェクトがコアチームやマイナー重視ではなくコミュニティ重視の
分散型ガバナンスシステムを取り入れた仮想通貨プロジェクトです。
それはどういうことなのか?

f:id:Zbaron:20171118171246j:plain

コアチームやマイナー主導のプロジェクトでは政治的であり、体制に腐敗が生じる可能性があるため、中央集権体制に逆行しかねません。
そのため、SmartCashを応援するコミュニティの成長、開発者の採用、加盟店の受け入れ、草の根のコミュニティの運動を取り入れることで成長していこうという思想です。

 

 分散型ガバナンス体制を構築し、維持するために、
SmartHiveHive Structuring Teams(HST)という2つの概念を導入しています。

f:id:Zbaron:20171118171232j:plain

SmartHiveは、コインを保持している誰でも、コミュニティから提出された提案に投票することができます。ボトムアップで意見を反映できる直接民主制のようなイメージです。

Hive Structuring Teams(HST)はプロジェクトの進化のための枠組みを中央集権的にしない仕組みです。
Hive Structuringチームは、開発、アウトリーチ、サポートなど重要なプロジェクト分野をコアメンバーが担当していますが、8人以上メンバーが増えると新たにチームを構成し、それぞれが自律的に運営していくことで中央集権化を防ぎます。

 

 

f:id:Zbaron:20171118211050j:plain

SmartCashの需要なキーワードに SmartRewardがあります。
これは、長期保有することで価格安定性を促す目的で導入しています。
1000SMART以上をウォレットに保有している場合、毎月25日時点の保有数がスナップショットされ30日間後に保有数の15%が配当が確定されます。
実際にウォレットに反映されるのは、翌30日後なので60日後に15%が配当されるイメージです。

 

 

 

 

 

f:id:Zbaron:20171118211958j:plain

ロードマップの目玉の一つが InstantPay(インスタントぺイ)です。
コンビニでアイスクリームを購入したり、ガソリンスタンドで給油したり、ネットでゲームを購入したり、普段の決済システムをSmartCashもその一翼を担おうというプロジェクトです。
目標としてはVisaやMasterCardを使うより迅速に世の中の商品を支払うシステム構築です。
ビットコインでは、トランザクション問題や高額な送信手数料などで問題になっている部分を実現していこうとの取り組みです。

 

またマイニングも、ビットコインで主流となっているASICでは対応できていない
ハッシュアルゴリズムKeccakを採用しているため、大規模マイニング工場ではなく、モバイルやPCなど幅広く参加可能です。
大型マイナーによる富の一極化も許さない決意が感じられます。

 

資金の使い方もコミュニティとSmartHiveへ80%、マイナーやSmartRewardへ20%の配分であるため、コミュニティ重視ということが現れています。

f:id:Zbaron:20171118171215j:plain

 

サイトに対応している言語がヨーロッパ圏であるため、日本向けへのサービスとして展開されるのかは、不明ですが、ヨーロッパに近いアフリカ圏などに進出を始めると
面白い展開になるかもしれません。

モバイルウォレットは作成中のようですが、Twitterアカウント上では、QRコードによるダウンロードが可能なようでした(試しましたが日本ではまだ未対応なようでNGでした・・・・)  

やはりヨーロッパ圏の仮想通貨プロジェクトなのかな・・・。
 日本にも入ってきて欲しい・・・

 

f:id:Zbaron:20171118153508j:plainSmartCashは Cryptopia、CoinExchange.io、HitBTC、で取り扱われています。

 

SmartCash公式サイト

f:id:Zbaron:20171118171305j:plain