TRON[波场](トロン)
通貨表記:TRX
発行量上限:1兆
承認方式:PoW
アルゴリズム

2017年に始まった中国発の仮想通貨です。
TRON分散型ストレージを利用して世界中のコンテンツエンターテイメントシステムを構築を目指すプロジェクトです。
 例えば個人で制作したコンテンツ(音楽、動画、ゲームなど)がTRONプラットフォームを通じで配信されると、それに共感した人が投資をしてくれるというような世界を目指しているように見えました。

 

TRONの公式通貨はTRONIXと呼ばれています。

f:id:Zbaron:20171229200939j:plain

 

 TRONのプラットフォームは6つのフェーズを経て完成を予定しています。

フェーズ1:Exodus

分散型ストレージをデータの発行、格納、配布のためのプラットフォームの構築。
f:id:Zbaron:20171229102516j:plain

 

フェーズ2:Odyssey
TRONプラットフォームで流通されたコンテンツ制作者などにインセンティブが入るような仕組みの構築。

f:id:Zbaron:20171229102552j:plain

 

フェーズ3:Great Voyage
個人のICOが実現できるように収入と配当、サポート体制の3つをブロックチェーンを利用して解決することを目指します。

f:id:Zbaron:20171229102606j:plain

フェーズ4:Apollo
コンテンツ制作者が独自トークンを発行できるようプラットフォームの構築をします。

f:id:Zbaron:20171229102644j:plain

フェーズ5:Star Trex
TRONプラットフォームを利用した分散型オンラインゲーム市場への参入を目指します。

f:id:Zbaron:20171229102656j:plain

フェーズ6:Eternity

TRONのオンラインゲームプラットフォームを構築し、ゲーム開発者が開発のために資金を集めたり、投資家がゲームに投資をするなどを可能にします。

f:id:Zbaron:20171229102706j:plain

 

2017/12/24に シンガポール発の自転車シェアリングサービス「OBIKE」TRONの提携が発表されました。

f:id:Zbaron:20171229113126j:plain

台湾では、「UBIKE」という類似の自転車シェアリングサービスが実用化されているのですが、レンタル駐輪場で借りて、行先の所定の駐輪場に返却する必要があります。。
しかしこの「OBIKE」は、専用アプリを導入し、GPS機能で路上のレンタルスペースにある自転車を探し、アプリで解錠・支払いが出来るという点で一線を画しています。
 2017/6に台湾で「OBIKE」の導入も進んでいるとのこと。
※ただし専用レンタルスペースに返却しないで違法に乗り捨てする人もいるので、モラルの問題ではありますが、少し課題はありそう・・・。

 OBIKE公式サイト

f:id:Zbaron:20171229114520j:plain

TRONとOBIKEの連携が、具体的にどのような構想なのか詳しく知りませんが、
いろいろなサービスと連携をすることによりTRONが身近な存在になってくるという期待も抱いてしまいます。

 

そしてなにより、中国の仮想通貨界のドンともいうべきジハン・ウー氏が投資している銘柄ということで一気に知名度が上がりました。 

 

 

 

TRON公式サイト

f:id:Zbaron:20171229093944j:plain

 

 

TRONは BINANCEで取引可能です。
(口座開設はこちら↓)

f:id:Zbaron:20171229120427j:plain

 

 

 

 

 

 

 

" />

TRON[波场](トロン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:Zbaron:20171229120850j:plain

TRON[波场](トロン)
通貨表記:TRX
発行量上限:1兆
承認方式:PoW
アルゴリズム

2017年に始まった中国発の仮想通貨です。
TRON分散型ストレージを利用して世界中のコンテンツエンターテイメントシステムを構築を目指すプロジェクトです。
 例えば個人で制作したコンテンツ(音楽、動画、ゲームなど)がTRONプラットフォームを通じで配信されると、それに共感した人が投資をしてくれるというような世界を目指しているように見えました。

 

TRONの公式通貨はTRONIXと呼ばれています。

f:id:Zbaron:20171229200939j:plain

 

 TRONのプラットフォームは6つのフェーズを経て完成を予定しています。

フェーズ1:Exodus

分散型ストレージをデータの発行、格納、配布のためのプラットフォームの構築。
f:id:Zbaron:20171229102516j:plain

 

フェーズ2:Odyssey
TRONプラットフォームで流通されたコンテンツ制作者などにインセンティブが入るような仕組みの構築。

f:id:Zbaron:20171229102552j:plain

 

フェーズ3:Great Voyage
個人のICOが実現できるように収入と配当、サポート体制の3つをブロックチェーンを利用して解決することを目指します。

f:id:Zbaron:20171229102606j:plain

フェーズ4:Apollo
コンテンツ制作者が独自トークンを発行できるようプラットフォームの構築をします。

f:id:Zbaron:20171229102644j:plain

フェーズ5:Star Trex
TRONプラットフォームを利用した分散型オンラインゲーム市場への参入を目指します。

f:id:Zbaron:20171229102656j:plain

フェーズ6:Eternity

TRONのオンラインゲームプラットフォームを構築し、ゲーム開発者が開発のために資金を集めたり、投資家がゲームに投資をするなどを可能にします。

f:id:Zbaron:20171229102706j:plain

 

2017/12/24に シンガポール発の自転車シェアリングサービス「OBIKE」TRONの提携が発表されました。

f:id:Zbaron:20171229113126j:plain

台湾では、「UBIKE」という類似の自転車シェアリングサービスが実用化されているのですが、レンタル駐輪場で借りて、行先の所定の駐輪場に返却する必要があります。。
しかしこの「OBIKE」は、専用アプリを導入し、GPS機能で路上のレンタルスペースにある自転車を探し、アプリで解錠・支払いが出来るという点で一線を画しています。
 2017/6に台湾で「OBIKE」の導入も進んでいるとのこと。
※ただし専用レンタルスペースに返却しないで違法に乗り捨てする人もいるので、モラルの問題ではありますが、少し課題はありそう・・・。

 OBIKE公式サイト

f:id:Zbaron:20171229114520j:plain

TRONとOBIKEの連携が、具体的にどのような構想なのか詳しく知りませんが、
いろいろなサービスと連携をすることによりTRONが身近な存在になってくるという期待も抱いてしまいます。

 

そしてなにより、中国の仮想通貨界のドンともいうべきジハン・ウー氏が投資している銘柄ということで一気に知名度が上がりました。 

 

 

 

TRON公式サイト

f:id:Zbaron:20171229093944j:plain

 

 

TRONは BINANCEで取引可能です。
(口座開設はこちら↓)

f:id:Zbaron:20171229120427j:plain

 

 

 

 

 

 

 

No tags for this post.