ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

あなたのビットコインの買い方、スプレッド(売買価格差)で損している事気づいていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日は仮想通貨の売買についてのお話です。

仮想通貨ブームにのって、様々な取引所があり様々な銘柄を購入できる今ですが、

実は知らずに取引するたびに損を重ね続けている場合がある

のです。

取引所ならどこで買っても同じ価格で同じ手数料じゃないの?

実は取引所によって仮想通貨の価格は違います。

実際に大手取引所簡単売買のビットコイン購入金額で比べてみましょう。

 

Coincheckだと229万7,000円

 

Bitflyerだと231万6,755円

 

Zaifだと235万円5,956円

 

このように取引所の価格は全て共通ではありません。

 

じゃあ一番安い取引所で買えばオトクなんだね!

実はそうでもないのです。

買いの金額が安いからと言ってオトクな取引とは言い切れない。

これが今日一番伝えたい話です。

 

買いと売りの金額差がどれだけオトクな取引になるかの肝です。

先ほど一番安かったCoincheckの購入金額は229万7,000円

ここで売りの金額を見てみましょう。

222万8,400円です。

 

えっ

 

229万7,000円ー222万8,400円=6万8,600円

そうです。購入してすぐに売却するだけで6万8,600円も損するのです。

 

この価格差をスプレッドと呼びます

この金額差をスプレッドと呼ぶのです。実は表記されている金額は、売買手数料を含んだ価格なのです。

このスプレッドの倍率は固定ではなく、取引量が大きいときや高騰中は特にスプレッドが大きくなりがちです。

取引所もボランティアではなくお仕事なので手数料が発生してしまうのはしょうがないですが、あんまりスプレッド差があると売買したくなくなります。

 

じゃあどうしたらこのスプレッドを小さくしてオトクに買えるの?

スプレッドの狭い取引所で買いましょう。

特に、取引板と呼ばれるリアルタイム買いの価格と売りの価格が表示されているシステムのもので購入すべきです。

取引板だと

上記の説明のように、通常の販売所よりも狭いスプレッドで購入することができます。

 

スプレッドの狭い取引所は下記の2つです。

GMOコイン

個人的に一番スプレッド幅が狭いと感じるのはGMOコインです。

後手参入となったGMOですので、他の取引所よりもスプレッドを狭くして差別化を図っていると考えられます。

また、今だとリップルのスプレッドを0.3円というキャンペーンもやっているなど、特に力を入れている取引所になります。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

Zaif

Zaifは取り扱っている通貨の全てを取引板で売買することができます。

他取引所だと、ビットコインのみしか取引板での売買に対応していないことが多いので、

アルトコインを取引している方などはZaifで取引すべきです。

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

スプレッドをよくわからずに取引している方も多いと思うので、是非意識してみてください。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加