コインチェックの売買手数料は高い?表示されないスプレッドに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェック(coincheck)は、取扱い仮想通貨の種類が国内ナンバーワンを誇る仮想通貨の取引所です。

仮想通貨で大きく儲けようと考えている人がどうしても気になるのは、売買手数料などのコストですね。

「コインチェックの手数料は高い!」という評判もあり、「どんな手数料がいくらくらいかかるんだろう?」と気になっている人も多いはず。

  • コインチェックで必要となる手数料は何か
  • どの手数料が高いといわれているか
  • 手数料を抑えるためにできることは何か

このような疑問に答えるべく、コインチェックの手数料に関する情報を分かりやすく解説します。

コインチェックのセキュリティ体制に疑問!安心できる取引所がおすすめ

コインチェックは人気の高い取引所でしたが、2018年1月、コインチェックの取引所が外部からの不正アクセスにより、仮想通貨ネム(XEM)を流出させる事件が起きました。

被害総額は約580億円と言われています。

犯人は誰なのか、流出したコインはどうなったのかについてもまだよく分かっておらず、いまも事件の真相解明が待たれる状態です。

えー!なにそれ怖い!
マウント・ゴックスを越える被害総額だ。この事件の原因の一つとして、コインチェックはセキュリティ面でツメの甘さが指摘されているんだ。

記者会見では、「(不正アクセスの可能性がある)ホットウォレットでネムを管理していた」ことが明かされており、杜撰なセキュリティ管理だったことが判明しています。

この事件からも不正アクセスの標的になりやすい取引所を避け、セキュリティ対策が万全な取引所を選ぶのが正解だということがわかりますね。

セキュリティ対策で万全なのは、ビットフライヤーです。

今後もこのような事件が起こらないとは限りません。安心して取引を行なうためにも、ビットフライヤーでの仮想通貨のトレードをオススメします。

ビットフライヤーへのボタン
ビットフライヤーへのボタン

このようにコインチェックは、セキュリティ面で不安があるためあまりおすすめはできませんが、コインチェックの手数料の説明を続けます。

コインチェックの手数料一覧

コインチェックの手数料には、売買だけに関わらずさまざまなものがあります。コインチェックの手数料は、以下のとおりです。

コインチェックの手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • 仮想通貨/入金手数料
  • 仮想通貨/送金手数料

ここではコインチェックの手数料について、説明します。

コインチェックの入金手数料を解説!「クレジットカード」払いに注意

コインチェックで仮想通貨を売買するには、まずコインチェックに日本円を入金しなければなりません。

コインチェックに入金する手段は「銀行振込(円/ドル)」か「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類。

具体的な入金手数料は次のとおりです。

コインチェックの入金手数料
振込手数料
(日本円)
各銀行ごとの振込手数料
振込手数料
(米ドル)
25米ドル
コンビニ入金
クイック入金
756円(3万円未満)
1,000円(3~50万円)
入金金額×0.108%+486円(50万円以上)

「ビットコインをすぐに買いたいから、すぐに入金したい!」という人は、24時間365日対応している「コンビニ入金」か「クイック入金」がおすすめ。

コンビニ入金は、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、セイコーマートの店頭端末で対応しています。(3,000円~299,500円まで可能)

クイック入金はペイジー対応の銀行に直接行かなくても、パソコン・携帯電話・ATMで即入金ができるサービスです。(3,000円~1億円まで可能)

しかしこれらの入金方法は便利な反面、手数料がやや高いのが難点。

また「入金」手段ではありませんが、コインチェックではクレジットカードから直接仮想通貨を「購入」することができます。

ただし5,000円~100万円までで、ビットコインのみ対応しほかのアルトコインは購入できません。

クレジットカードでビットコインを購入するのは、振込や入金の手間が省けるため、土日・深夜問わずいつでも購入可能。ポイントも付くからという理由で、つい利用したくなってしまいますね。

しかし手数料を気にするなら、クレジットカードでビットコインを購入するのは避けたほうがいいでしょう。

クレジットカードで購入すると、ビットコイン販売所の販売金額にさらに手数料が上乗せされた金額で購入しなければなりません。

実際にいくらくらいの手数料がかかるのか、コインチェックのカスタマーサポートにメールで問い合わせてみました。

Q:クレジットカードの決済手数料は、ぶっちゃけ「いくら」なんですか?

コインチェックのカスタマーサポ―トから返信のメールが来ました。(2時間以内に返信メールが来たので、迅速な対応でした!)

A:クレジットカードの手数料は何%と決まった値があるのではなく、その時のレートと売り注文の量を基に算出されています。

カードにて購入する際は、通常の取引手数料に加え、カード決済システムの利用手数料が発生いたします。

クレジットカード決済のページには「クレジットカード決済の手数料が表示価格に含まれている」ことを明記されていますので、ご同意いただいたうえでご購入下さい。

とのことでした。

このようにクレジットカード決済を選ぶと、販売所のビットコインの販売金額にクレジットカードの手数料が上乗せされる形になります。

そのため手数料をできるだけ抑えた入金方法を選ぶなら、普通に「銀行振込」をするのがいいでしょう。

銀行振込は平日の営業時間内に限られるので、仮想通貨の購入に合わせ前もって入金しておきましょう。

コインチェックの入金についてさらに詳しい解説は「コインチェックの入金は反映に時間がかかる?入金手続きの疑問を解決」を参考にしてください。

コインチェックの出金手数料!出金はまとめて行うのがベスト

仮想通貨を売って日本円に換えたあと、コインチェックの口座から銀行口座に「出金」するときに手数料がかかります。

出金手数料は、次のとおりです。

コインチェックの出金手数料
出金手数料
(日本円)
400円
出金手数料
(米ドル)
2,500円

出金の上限額は1回あたり5,000万円。出金は米ドル(USドル)で出金することもできます。

出金するだけでも手数料がかかるので、頻繁に出金指示を行うとコストがかさみます。出金はまとめて行うのがベストです。

コインチェックの取引手数料!取引形態によって違いが

コインチェックでビットコインを売買すると、そのたびに手数料が必要になります。

しかし手数料の金額は、取引形態によって違いがあります。

取引手数料については、取引手数料と注意点の章で詳しく解説します。

コインチェックの仮想通貨/入金手数料!高速送金だと有料に

誰かほかの人から仮想通貨を送ってもらい、それをコインチェックで受け取る場合、手数料がかかる時とかからない時があります。

コインチェックでの仮想通貨の入金手数料は、次のとおりです。

コインチェックの仮想通貨/入金手数料
通常 無料
高速 0.02BTC

仮想通貨を受け取る場合、通常は手数料が無料です。

通常入金であれば、トラブルなど何もなければ約30分で完了します。

ただし短時間に大量の送金がされた場合などは、時間がかかってしまうことも。トランザクションが混雑し、送金がスムーズに行われないことがあるんです。

「どうしても早く送ってほしい」という時に便利なのが「高速入金」。手数料が少々高いので、本当に必要かどうかを考えて利用しましょう。

コインチェックの仮想通貨/送金手数料!アルトコインに幅広く対応

コインチェックのウォレットから、アドレスを指定して仮想通貨を送金するのに手数料がかかります。

コインチェックの送金手数料は、次のとおりです。

コインチェックの仮想通貨/送金手数料
仮想通貨の種類 送金に必要な手数料
BTC(ビットコイン) 0.0005 BTC
ETH(イーサリアム) 0.01 ETH
ETC(イーサリアムクラシック) 0.01 ETC
XMR(モネロ) 0.05 XMR
REP(オーガー) 0.01 REP
LSK(リスク) 0.1 LSK
FCT(ファクトム) 0.1 FCT
XRP(リップル) 0.15 XRP
ZEC(ジーキャッシュ) 0.001 ZEC
XEM(ネム) 0.5 XEM
LTC(ライトコイン) 0.001 LTC
DASH(ダッシュ) 0.01 DASH
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) 0.001 BCH
すごくたくさんのコインがあるのね!聞いたこともない名前があるわ!
仮想通貨はよく知られていないものも含めると約1,000種類ほどあるといわれているぞ。コインチェックはほかの取引所より、たくさんの種類の取り扱いがあることが人気のヒミツなんだ。

通常、銀行を通じて海外に送金手続きを行うと、金額に応じて手数料が2,000円~5,000円かかりますす。しかも送金できるまでに数日かかることも。

それに比べコインチェックでビットコインを送金すると0.0005 BTCの手数料で済み、およそ30分で送金が完了します。

「早く」「安く」「確実な」仮想通貨での送金は、今後ますます重宝されそうですね。

コインチェックの取引手数料と注意すべきポイント

コインチェックには仮想通貨を売買する方法が3種類あります。その取引方法とは、次のとおりです。

コインチェックの3つの売買窓口
購入場所 特徴
販売所 ・コインチェックが提示する金額で売買する
・スプレッド(買いと売りの差額)が広い
・実質的に手数料は割高
取引所 ・コインチェックではビットコインのみ
・ビットコインユーザーと直接やりとりするので、手数料が安い
・2017年10月現在は手数料が無料
レバレッジ取引 ・証拠金を預けて取引する信用取引
・手数料は最も安い
・価格変動リスクが大きい

この章では、コインチェックで仮想通貨を売買するとき必要になる取引手数料と、注意すべきポイントについて解説します。

コインチェック販売所とは?リップル、ネムなどアルトコインも買える

コインチェックは、アルトコインの取り扱いが豊富なのが魅力。

コインチェックの販売所でビットコインやアルトコインを購入するには、コインチェックにログイン後、「ウォレット」というタブをクリックします。

そのあとメニュー欄にある「コインを買う」をクリックするだけです。

コインチェックの販売所

コインチェックの販売所は実質的な手数料であるスプレッドのせいで、コインを買うときの金額が「高く」、売るときの金額は「安く」なるので、ユーザーには不利になります。

取引所の手数料は具体的にいくらなのか、コインチェックは明らかにしていません。購入者はコインチェックが提示する金額でただ購入するだけ。

コインの種類によって、また価格変動の度合いによっても、手数料(スプレッド)が大きく変化します。

手数料込みの販売金額だけしかわからないのは、なんとなく不安がありますね。

しかし取引所はビットコインのみしか取引できないため、ほかのアルトコインがほしい人は、販売所を利用するしかありません。

コインチェック取引所のレートと販売所のレートを比較する

上の写真はコインチェックの「販売所のレート」です。一方で下の写真は、ほぼ同時刻に撮影したコインチェックのウォレットから購入する、「取引所のレート」です。

コインチェックウォレット(販売所)のレートと比較する

同じビットコインにもかかわらず、販売所の方が3,049円も割高になっています。

このとき、大体0.6%程度の手数料が上乗せされていることがわかります。この数字は一定していません。0.4%のときもあれば、0.7%のときもあります。

が~ん!アルトコインが買えるのは、手数料が高い「販売所」だけなんて!
そうなんだ。だが、できるだけ手数料を抑える方法を、後から紹介するぞ!
先ほど説明した「クレジットカードで購入」は販売所での取引になります。そのためスプレッドで割高になった価格に、高いクレジットカードの手数料がさらに上乗せされることに。

コストを削減するためにも、取引方法に最善のものを選び、切り詰められる手数料はできるだけ省く工夫をしましょう。

Taker・Makerとは?コインチェック取引所の売買手数料

コインチェックの取引手数料を最も割安にできるのは、ビットコイン取引所です。

コインチェックのビットコイン取引所の手数料は、Taker(テイカー)とMaker(メイカー)という手数料で分かれています。

コインチェックの取引所手数料Taker・Makerとは

これはコインチェックのビットコイン取引所の「板」です。

板を見て注文を入れる場合、取引されている値段より有利な値段で指値注文を入れると「Taker」になります。

反対にすでに出されている値段で売買すると「Maker」になります。

上の板情報では、例えば「452,490円」より安い値段に「買い」の指値注文を入れるとTakerになります。

一方で、「452,499円」より高い値段で「買い」注文を入れるとMakerになります。(それぞれ「売り」注文の場合はその逆を考えてください。)

ここまで丁寧に「TakerとMaker」の違いを説明してきましたが、コインチェックの取引手数料は、「TakerもMakerも無料」です。

2017年10月現在、手数料無料キャンペーンの終了日は未定です。

コインチェックのレバレッジ取引!スワップ手数料とは?

コインチェックではビットコインのレバレッジ取引※を行うことができます。

レバレッジ取引とは

預けた証拠金を担保にして、その何倍もの大きな取引を行うことができる証拠金取引のこと。

コインチェックは日本円を証拠金にし、最大5倍のレバレッジをかけたビットコインの取引ができます。

例えば30万円の証拠金を預けると、150万円までの取引ができるようになります。リスクは高いのですが、少ない資金で大きく儲けたいという人におすすめです。

レバレッジ取引に必要になる手数料が、スワップ手数料※です。

スワップ手数料とは

レバレッジ取引でポジション(建玉)を持つと必要になる手数料のこと。さらに24時間ごとに手数料は加算されます。

スワップ手数料の金額は、次のとおりです。

コインチェックのスワップ手数料
ポジション 手数料
ロング(買い) 約定金額(円)×0.04%/日
ショート(売り) 約定数量(BTC)×0.05%/日

コインチェックのスワップ手数料はさほど高いわけではなく、他社と比較して平均的な金額です。

とはいえ24時間ごとにかかる保有コストですから、できるだけ抑えたほうがいいに決まっています。

レバレッジ取引は、保有コストを抑えるためにも、できるだけ長期的な投資にならないように注意しましょう。

コインチェックで仮想通貨をできるだけ安く取引するコスト削減のコツ

「コインチェックは手数料が高い」といわれる所以は、販売所のスプレッドが大きいことです。

また入金や出金にかかる手数料が高いことも理由の一つです。

しかしビットコイン取引所の取引手数料は無料ですから、手数料がすべて高いとはいえません。

どうやったらコインチェックで手数料を節約できるのでしょうか。ビットコインにかかるコスト削減のコツを7つ紹介します。

コインチェックで手数料を削減する7つのコツ
  • クレジットカードでの購入を避ける
  • 充分に利益が出てから売却する
  • 販売所では頻繁な売買を避ける
  • 販売所では相場の急変時に取引を避ける
  • ビットコインの取引には取引所を利用する
  • レバレッジ取引は長期でポジションを取らない
  • 入金や出金はまとめて行う

先ほども説明したとおり、クレジットカードで仮想通貨を購入すると、購入代金にすでに高額なクレジットカード手数料が含まれています。

また販売所で売買するとき特に注意してほしいことは、頻繁な売買を避け、ある程度利益が出るまで売却を待つことです。

次々とアルトコインを買い替えたり、日本円に戻したりすれば、その都度手数料がかかり、利益はどんどん目減りします。

販売所のスプレッドは、相場が大きく振れる急変時に大きくなる傾向があります。できるだけ価格が安定しているときに売買するのがいいでしょう。

でも色んなコインがあるから目移りしちゃって、あれもこれも欲しくなるんですよね!
それは一番ダメなパターンだ!一度買ったらしばらく放置がオススメだ!
入金や出金をまとめて行うってどういうこと?
これも売買と同じだ。頻繁に入金や出金を行えば、そのつど手数料が発生するから損だぞ!入金や出金も計画的に行うのがベストだ!

アルトコインが欲しいならコインチェックを利用すべし!

コインチェックのメリットは、なんといってもビットコイン以外の仮想通貨も豊富に取り扱いがあり、手軽に手に入れられるところです。

コインチェックが取り扱う仮想通貨一覧

このようにコインチェックでは、まだ比較的有名ではない仮想通貨も買うことができるんですよ。

コインチェックについてさらに詳しい解説は、「コインチェックの使い方は簡単!特徴や注意点、利用者の評判を紹介」をお読みください。

仮想通貨のこれからの可能性に賭けたい人には、コインチェックはおすすめです。

ただしビットコイン以外のアルトコインは「取引所」ではなく、「販売所」で購入できます。

手数料に気を付けて、コインチェックであなたもアルトコインのコレクションをしてみてはいかがでしょうか?

取引タイプ別に手数料を攻略しよう!コインチェックの賢い利用法

この記事では、取扱い仮想通貨数がナンバーワンのコインチェック(coincheck)の手数料について、詳しく解説しました。

コインチェックの手数料を見ると、確かに高いと思うところもありますが、工夫次第で手数料は抑えられることが分かりました。

ビットコイン以外の仮想通貨が欲しいなら「販売所」を利用し、長期保有で利益を出しましょう。

投資対象をビットコインに限定するなら、手数料無料の「取引所」がおすすめ。レバレッジ取引でもっと大きく儲けたいなら短期決戦が基本です。

それぞれ自分のトレードスタイルに合わせ、仮想通貨の取引を楽しんでくださいね!