初心者必見!仮想通貨の簡単なやり方と始め方まとめ【コンパクト版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨初心者おすすめまとめ

仮想通貨初心者の方が仮想通貨の始め方や買い方が分かるようにポイントを抑え簡単にまとめています。仮想通貨投資を始めたばかりの初心者の当時はどの順番で何をしたらいいのか全く分からなかったので、仮想通貨のやり方を実体験を交えて解説しています。

仮想通貨の始め方は簡単

ミー
今から仮想通貨を始める人は必見だよ!重要なポイントを簡単にまとめているのでぜひ参考にしてくださいね!

今まで株式投資やFXなど投資に触れた事がない方は「投資」と聞くと少し敷居が高いイメージですよね。私も投資家でも何でもないので、仮想通貨に踏み入るには少し勇気が入りました。しかし、何事にもチャレンジ精神で実際初めてみると簡単!

ここでは簡単に仮想通貨を始める為のポイントをまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

細かい説明はいらないから、とりあえず取引所に口座開設をしたい!という方は下記をご参照くださいね。

そもそも仮想通貨って何?

仮想通貨投資を始める前に簡単に仮想通貨についてお話しておきます。

仮想通貨やビットコインという言葉は良く耳にしますが、「そもそも仮想通貨ってなに?」と思われている方も非常に多いようです。

一言でいってしまえば仮想通貨とはインターネット上だけに存在するデータです。

紙幣やコインのような物質ではありません。あくまでもネット上に存在するデータなので目に見えるものではありません。

電子マネーと同じように思われがちですが、電子マネーと仮想通貨は異なります。

 ビットコインと電子マネーの違いは?

  • 電子マネーは円を入金(チャージ)して、円での決済を簡単にするもの
  • ビットコインは円を仮想通貨に両替して使うイメージでビットコイン自体が価値を持つ
 それぞれの特徴

  • 電子マネーはあくまでも円のみの支払い
  • ビットコインは国境関係なく国際的な支払いにも使用でき世界中どこにでも送金ができる

仮想通貨はビットコインだけ?

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、世界には他にも1000種類以上の仮想通貨が存在します。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

アルトコインの中には価値も付かないような怪しい通貨も存在しますが、1年間で価値を約2,000倍も上げている通貨もあります。

下記では国内の取引所で取り扱われている通貨や、海外でも人気の通貨等をまとめています。

ビットコイン以外の仮想通貨アルトコインについてまとめています。アルトコインの特徴や概要を一覧にしています。コインチェックや国内で取り扱っているアルトコインを中心にそれ以外の海外でしか取り扱っていない時価総額の高い海外銘柄の仮想通貨(オルトコイン)も紹介していきます。

仮想通貨を買ってみる

仮想通貨を買うための手順はざっくりと3ステップで完了です。

仮想通貨を買う手順
①取引所にアカウントを作る
②入金する
③仮想通貨を購入する

下記で①~③の詳細について説明していきます。

①取引所にアカウントを作る

仮想通貨を購入するためにはまずは、取引所に口座開設(アカウント登録)をする必要があります。仮想通貨取引所は国内や海外にもあり、どこで口座を作るか悩みますが、まずは国内の大手取引所にアカウントを登録してみましょう。

 ここでのポイント!

  • ZaifはNEM(ネム)の購入や積立投資におすすめ
  • bitFlyerは国内大手取引所
  • bitbankはXRP(リップル)の購入におすすめ
  • DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる

仮想通貨の種類によって、相性の良い取引所が異なります。慣れてきたら仮想通貨の種類によって、購入する取引所を使い分けるこがおすすめです。

もっと詳しく取引所について知りたい方は、下記の取引所ランキングで各取引所のメリットデメリットを記載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。海外の取引所も厳選しているのでぜひ取引所比較の参考にしてください。

国内に取扱いがない通貨はどこで買う?

国内での売買に慣れてきたら、海外でしか取り扱っていない仮想通貨の購入も挑戦してみるといいかもしれませんね。

国内で取扱いがなく買えない海外銘柄の購入は、個人的には海外取引所のBinance(バイナンス)で購入しています。バイナンスは取引量が世界一にもなった注目されている取引所です。海外取引所の中でダントツで使いやすく、おすすめです。

私も初めは国内取引所で購入し、慣れてきたら海外取引所も利用して国内では取扱いのない仮想通貨を購入してみました!

アカウント作成に必要なものと手順

仮想通貨初心者-取引所

どの取引所でも基本的には同じで、メールアドレスと、免許証などの本人確認書類が必要です。

取引所により口座開設方法多少は異なりますが、ほとんどの取引所が、以下の3ステップで口座開設が可能です。最短3分ほどです。

※最後の郵送による本人確認はアカウント登録から2日~3日後(混雑状況により異なる)になります。

  1. メールアドレスを入力しユーザー仮登録
  2. 基本情報を登録・本人確認書類の提出
  3. 郵送による本人確認

下記のリンク先では各取引所毎に口座開設方法を画像付きで詳しく解説しています。アカウント登録方法で不明な点があれば参考にしてください。

②入金する

取引所の口座開設ができたら、仮想通貨を購入する為に日本円を取引所に入金しましょう。入金方法は各取引所により若干異なりますが、基本的な操作は同じです。

※下記ではコインチェックを例に出しています。

仮想通貨初心者-コインチェック入金方法

仮想通貨初心者-コインチェック入金方法

次に、振込先の口座が出てくるので、その口座に希望額の日本円を入金すれば完了です。入金が取引所に反映され次第、仮想通貨の購入が可能になります。

※1ビットコインが100万円でも0.0001BTCから購入できるので、少額の1,000円からでも始めることができます。

 仮想通貨の購入はいくらから?

日本円を入金する際の注意点

取引所へ日本円を入金する時に、ユーザーIDが振り分けられる場合があります。

ユーザーIDがある場合は、振込名義人の前に、与えられたIDを振込名義人の前に入力する必要があります。
例:123456 フリコミタロウ

※ユーザーIDなどは取引所によって異なりますので、必ず各取引所での振込方法に従ってください。

口座に日本円が反映されるのには取引所や混雑具合で異なります。基本的には振込から1営業日中には反映されます。

入金手数料無料で365日入金可能なネット銀行

取引所への入金は普段お使いの銀行からの入金やコンビニからの入金が多いようですが、なんといっても住信SBIネット銀行が断然おすすめです!

 なぜ住信SBIネット銀行がいいの?

  • 取引所への入金手数料が無料
  • 他行への入金手数料が無料(回数制限付き)
  • 24時間365日休まず対応
  • 反映スピードが非常に速い
  • コンビニATMで引出が可能(手数料無料)
  • スマホアプリ対応
  • ほぼ全ての仮想通貨取引所と提携している

中でも、入金手数料が無料なのは魅力的ですね。私も初めは、普段使っている銀行から入金していましたが、住信SBIネット銀行を開設してからは銀行からの入金はもったいなくてできなくなりました。

住信SBIネット銀行の詳しい説明は下記の記事をご参照ください。

国内のほぼ全ての仮想通貨取引所と提携していて評判の良い住信SBIネット銀行についてのメリットを記載しています。仮想通貨(ビットコイン)を買うなら入金手数料が無料で即時反映さらに24時間365日対応している住信SBIネット銀行は口座開設がおすすめです。

③仮想通貨を購入する

日本円の入金が確認できたら、仮想通貨を購入することができます。との通貨を買うかによって取引所を使い分けて、できるだけ手数料を安く抑えて安価で買えるようにしましょう。

仮想通貨購入後にしておくこと

とりあえず、仮想通貨を購入したけどそのあとは?どうしたらいいの?売るまでそのまま?と購入後もたくさんの疑問がでてきます。

まずは、仮想通貨を安全に保管するためにも、セキュリティ対策をしておきましょう。

セキュリティ対策は必須!

セキュリティの観点から「2段階認証」を必ず設定しておきましょう。

2段階認証と聞くと難しそうですが、推奨されているGoogleが提供している「Google Authenticator」というアプリで、非常に簡単に設定ができます。ご自身の資産を守るためにも必ず設定するようにしましょう。

設定方法については下記で解説しています。

仮想通貨の取引所が導入している2段階認証について掲載しています。2段階認証で使用されている「Google Authenticator」の設定方法も解説しています。そもそも2段階認証は必要なのかという疑問やセキュリティの重要性についても記載しています。

仮想通貨はハードウェアウォレットに保管しよう

購入した仮想通貨は、そのまま取引所に置かずにハードウェアウォレットに保管しておきましょう。

取引所は仮想通貨の売買を行う場所です。仮想通貨や資産を預けておく場所ではありません。日本の銀行とは全く違うという認識を持って、購入した仮想通貨は専用のウォレットなどに移すようにしましょう。

自身の大切な資金を守る為に、徹底的な管理を心がける事が大切ですね。

下記ではハードウェアウォレットのLedgerNanoS(レジャーナノS)の設定方法について解説しています。

仮想通貨資産管理アプリ

仮想通貨を購入した後は、資産管理アプリに登録しておくと便利です。自身の資産がいくらになっているか一目で分かるので登録はおすすめです。

私が使用しているのは仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)です。下記の記事ではアプリの詳細や、使い方まで徹底的に解説していますのでぜひ参考にしてください。

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始

仮想通貨の始め方まとめ

ミー
これで仮想通貨投資を始めることができたね!

以上の流れで仮想通貨投資を簡単にスタートすることができると思います。

私自身、仮想通貨に投資してみると、見える世界ががらりと変化しました。仮想通貨に投資していると仮想通貨の値動きは気になるので、必然的にニュースや情報を追っていたり、日々勉強になります。

まずは少額でも投資してみることで、少しずつ仮想通貨に関わってみるものいいかもしれませんね。

仮想通貨で生活を変えてみましょう!!

今回のまとめより、もっとより詳しく仮想通貨投資について知りたいという方は、初心者完全ガイドをご覧ください。

仮想通貨の初心者の方に向けてブログを書いています。これから仮想通貨の売買や投資を始めようと考えている方向けに、ビットコインの買い方や投資のやり方、口座開設方法など仮想通貨投資の始め方を一から丁寧に記載しています。仮想通貨の初心者が必要な基礎知識を分かりやすくまとめています。

仮想通貨投資のリスクについても知っておこう

最後に一言。仮想通貨投資に限らずですが、投資というものには必ずリスクがあります。リスクを事前に理解しておくことで、リスク回避ができるので必ず目を通しておいてくださいね。

仮想通貨、特にビットコインのリスクとデメリットをまとめています。仮想通貨をトレードしたり売買するときのリスクとデメリットをしっかりと抑えておきましょう。仮想通貨を購入する前に、リスクを理解しておくと予めリスクを回避することもできます。

リスク分散の仮想通貨投資法

上記では仮想通貨をトレードしたり売買するときのリスクとデメリットをご紹介しましたが、ここでは仮想通貨投資を低リスクで始める方法をご紹介します。

国内取引所のZaif (ザイフ)では、仮想通貨の積立投資が可能です。

イメージとしては銀行の積立と同じで、毎月決まった日に指定した金額が銀行から引き落とされ、仮想通貨を自動で購入してくれます。

ただし、買うのは引き落としをされた日ではなく、「ドルコスト平均法」と呼ばれる方法で毎日少しずつ平均的に買い付けを行います。その手法により、平均的な価格での購入が可能となり、低リスクで仮想通貨を購入する事ができます。

チャートを見るのがめんどくさいと思われる方や、価格の値上がり、値下がり等で購入のタイミングが分からない方に特に向いているといわれています。