[フジテレビ] 2/4(日)7:30-「新報道2001:仮想通貨は悪魔か神か 大量流出で見えた未来580億円の今後を追跡」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  フジテレビ「新報道2001」の2018年2月4日(日) 7時30分~8時25分放送回テーマは「仮想通貨は悪魔か神か大量流出で見えた未来580億円の今後を追跡」。



【放送内容詳細】
2月4日の「新報道2001」。
先月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックから大量の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した。保有者に対してコインチェックは自己資金で返金するとしているが不透明だ。流出はセキュリティーの甘さをつかれたものとみられているが、なぜ約580億円もの仮想通貨が流出する事態になったのか。何が起こったのか。犯人側が流出したネムを使用するのは困難だというが、事件はどんな決着をみせるのか検証していく。

昨年はビットコインなど、仮想通貨が急激に値を上げたが、今年に入って暴落を続けている。その一方で、革命的な技術との高い評価があり、一体、仮想通貨は詐欺まがいのものなのか、それとも通貨のシステムなどを根底から変える革命となるのか。取引所の経営者や専門家を交えて、未来を展望する。

出演は、自民党・山本一太政調会長代理、ビットバンク株式会社代表取締役CEO・廣末紀之氏、京都大学公共政策大学院・岩下直行教授、元東京地検特捜部副部長・若狭勝弁護士、フリーアナウンサー・フィナンシャルプランナー・生島ヒロシ氏。

▼フジテレビ「新報道2001」公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加