コインチェック日本円の出金再開へ※金融庁常駐監視で重い腰を何とか上げ始め・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コインチェックから580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した問題で、同社は「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして13日にも再開する方針を固めた。NHKニュースが報じた。

 

 一方で仮想通貨の引き出しや売買については検証にまだ時間がかかるとして、再開のめどはまだ立っていない。また、焦点となっている被害者への補償時期も依然としてめどが立っていないとのこと。

http://news.livedoor.com/article/detail/14276010/

 LISKの1363億円不正送金疑惑はハッキングではないのか?

NEM580億不正送金ばかりの騒ぎで不思議ではある。

インチェック、13日にも日本円出金再開の意向

仮想通貨出金はめどたたず

 

 仮想通貨「NEM(ネム)」が交換会社大手コインチェックから流出した問題で、同社は顧客から預かっている日本円の出金について13日にも再開する意向を固めた。同社は金融庁から業務改善命令を受けた。再発防止策報告の期限が13日で、同社は報告を終えた後、金融庁の了解を得たうえで出金再開に踏み切る予定だ。

 

 コインチェックは仮想通貨流出が発覚した1月26日から、日本円と全ての取り扱い仮想通貨の出金を停止している。原因究明やリスク管理体制の構築を進めてきたが、日本円については安全確保のめどがたったもようだ。

 

 一方でビットコインなどの仮想通貨については出金のめどが立っていない。コインチェックは保有する一部通貨についてより安全性の高い口座を使うよう切り替え作業を進めているところだ。通貨をオフラインで保管するなどの適切な管理体制が整ってからの再開になるとみられる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2672377009022018EAF000/

 

下記のコインチェックのガサ入れ当日の表現とは大分食い違うが。

 

 金融庁の了解を得た上で日本円の出金再開とあるが、出金に関して、金融庁の了解を得ないと出来ないことなのか、金融庁の窓口のおばあさんの言うようにCCの判断なのか?

 仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)で仮想通貨が流出した問題で、同社が顧客から預かっている日本円の出金を13日にも再開する方向で調整していることが9日、分かった。日本円出金に関わるシステムの安全性がおおむね確認できた。


 一方、預かっている仮想通貨に関しては、出金のめどが立っていない。
 同社は、流出が発覚した1月26日から預かっている日本円と仮想通貨の出金を停止。流出原因の究明やシステムの安全性の確認などを進めている。


 同社は1月29日に金融庁から業務改善命令を受けた。2月13日に同庁に対し、再発防止策などを盛り込んだ業務改善の報告書を提出した上で、日本円の出金を始める。(2018/02/09-13:27)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020900747&g=eco

 

コールドウォレットによるビットコインの管理

 

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は完全なオフライン状態で行われていなかったため、安全性が確保されていませんでした。


coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。

 

コールドウォレットの冗長化と暗号化

 

コールドウォレットは冗長化され複数の場所に分散されて保管されているため、万が一、災害等で一部失われたとしても問題ありません。


また、AES-256 の規格を持ってコールドウォレットは暗号化されており、第三者が盗むことはできません。


AESとは、Advanced Encryption Standard の略称で米国商務省標準技術局(NIST)によって制定された、米国政府の新世代標準暗号化方式です。AESの後に付与されている数字は暗号アルゴリズム強度指数を表しており、256が最大のものとなっています。

 

安全な乱数生成


coincheckのウォレットは、RFC6979 という安全な乱数の生成方法を利用しており、脆弱性の心配はありません。

https://coincheck.com/ja/documents/security

 

2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。

 

なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております。また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管しております。

http://corporate.coincheck.com/2018/02/03/37.html

 

だとすると1363億円不正送金のLISKのウォレットの鍵を盗んだのは一体誰なのか?

 

ガサ入れ当日2月3日にはっきり明記するあたり、まあ字義通りとするとコインはあるのだろうと判断できる。クソ危ないホットウォレットに盗まれても仕方のない状態で保管されてましたけど、お客さんのアカウントに保有するコインはコールドウォレットに保管されました、と。

 

インチェック、13日にも日本円の出金再開 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ...
www.yomiuri.co.jp/economy/20180209-OYT1T50087.html
3 時間前 - 不正アクセスにより約580億円相当の仮想通貨「NEMネム)」を流出させた仮想通貨取引所大手の「コインチェック」(東京都渋谷区)が13日にも、日本円の出金を再開したいとの意向を金融庁に伝えていたことがわかった。 金融庁【経済】

読売が出金再開とマエウチやってるのに噂というア〇がLINE@に 笑