bitFlyer、三井住友銀行提供「パソコンバンク Web21」の参照系・更新系 API との連携を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納裕三)は、株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区、頭取 CEO:髙島誠)が提供するインターネットバンキング「パソコンバンク Web21」の参照系・更新系 API を用いた、「サーバー接続サービスとの連携を開始。仮想通貨交換業者としては、三井住友銀行が提供する本サービスと連携は国内初。



本連携により、三井住友銀行のインターネットバンキングへのログイン、照会結果ダウンロード、振込データのアップロード等における業務改善が実現し、利便性を拡充へ。

【本サービスについて】
三井住友銀行が提供する本サービスは、従来、電話回線や公衆回線網で実現していた事業者の基幹システムとのシステム間連携を、API の技術を利用しインターネット回線で実現するサービスです。 本サービスを導入する事業者は、口座明細の取得や振込データの伝送を手動で授受することなく、インターネット回線を通じて連携することができます。
本サービスを利用する事業者がインターネットバンキングにログインして照会結果をダウンロードすることや、自社システム等で作成した振込データをインターネットバンキングにアップロードすること等のマニュアル業務を削減することができます。

▼bitFlyer、業界初 三井住友銀行提供の参照系・更新系 API との連携を開始 (PDF)
▼bitFlyer公式サイト

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加