人生を変えたいならブログやSNSに生きるのもアリかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くりぷと@CryptoBloger)です。今日は仮想通貨とはちょっと別の話。

「なんかパッとしないし、人生変えたい!だけど、どうしたら良いか分からない!!!ウヴォーーーーー!!」って一人で叫び出したりする事ないですか?あ、ない?幸せな方ですね。私は若い頃、良くありましたよこの症状。無性に叫び出したくなって、気がついたら本当に道端で叫んでたって言うのが。

 

何者にもなれない、しかしどうしたら良いのか自分でも分からずに、ただただ謎の焦燥感に追われると言う、果てしない悪夢。

 

そう言う人は、「ブログ書いてみたら良いんじゃない?」と言う話です。

 

人生を変えたいならブログやSNSに生きるのもアリかも

大前研一氏が以前、こういうことを言ってました。

最近、ブログとSNSで、この3つ全部同時に出来るんじゃないか、ということに思い至りました。

 

特に2番の「住む場所」。

 

物理的な場所を変えるのは結構難しいですけど、「サイバー空間」になら直ぐに移れる。ブログ書いてSNSで活動していると、活動場所がどんどん広がっていく感があります。今までは巡り合わなかったような人や知識との出会いがあり、しかもサイバー空間は非常に広大。

 

リアル(フィジカルなという意味)な社会で息苦しくて嫌な思いをすることがあっても、サイバーで生き生きと活動してればトントンじゃないですかね。むしろ後者の方が、これからの時代は生き残る能力が高いかも。だってスペースが異常に広いですので。合わない人と、無理して付き合う必要もない。得られる知識も多い。ともすれば報酬を得て、自立出来る可能性も出てくる。

 

そして、夢中になっているうちに勝手に「時間配分」が変わり、「付き合う人」も変わリ、結果的に人生が変わるんじゃないかなと思ってます。

 

以前は、リアルな社会でうまくやらずにネットでイキってるのって、なんかダサいな。という価値観だったのですが、だんだん変わってきました。リアルでダメでもサイバーで生きていければ、別に良いじゃん、という。

 

だから「なんか変わりたい!」という人は、気楽にブログとSNSをやって、発信してみるのもありなんじゃないですかね。止めるのは簡単ですし。

 

大前研一って誰?(ご存じない方に)

ちなみに蛇足ですが、大前研一氏はビジネス界ではとてつもなく有名なレジェンドです。経営コンサルタント。今はどのような仕事をなさっているのか、私は良く知らないのですが、経営系の大学(BBT大学)を運営したりしています。戦略コンサルのマッキンゼー時代にブイブイ言わせ、在籍時に出版した「企業参謀」は累計50万部以上のベストセラー。

 

2011年の福島第一原発事故の際は、東京大学大学院時代の専門性(原子核工学科で修士号)を活かし、事故原因やこれから起こりうる事象について動画で丁寧に解説(なんと事故2日目)。これがめっちゃ分かりやすかった。当時混乱していた日本の報道の中では、最も明確な解説でした。

書き起こしはこちら

https://www.kakiokosi.com/share/society/302

 

言わずもがなですが、ビジネスマンは必携の本「企業参謀」

む、難しくて半分も分かりませんでした(笑)ただ、物事を考える上での思考手順やフレームワークなんかが整理されていて、たまに見返したくなる本です。


スポンサードリンク

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加