Factomとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるファクトムの基礎知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Factomとは、ブロックチェーン技術を使った「公証管理系」プラットフォームから生まれた仮想通貨です。

ファクトムの特徴

Factom(ファクトム、FCT)とは、ビットコイン2.0とよばれる、ビットコインのブロックチェーン技術を応用して作られたシステムです。

リスク(Lisk)と同様、FACTOMはプラットフォーム名です。通貨名はFactoid(FCT)となります。
ファクトムでは、データの管理・記録を正確にこなしたサーバーに対して、報酬として通貨(=Factoid)を付与するという仕組みになっています。

ファクトムはアメリカ合衆国のFACTOM社が運営しており、「FACT」(真実)がその語源です。

ファクトムでは、ブロックチェーンの「データの改ざんができない」というメリットに注目し、
「保険」や「証券」など公証関係書類を安全に、かつ確実・安価(これまでよりもコストがかからず)に保存できるというシステムがあることが最大の特徴です。

一つデメリットをあげるとすれば、「FACTOMという企業による中央集権管理」だということ。
逆にいえば管理者が有能であれば分野のなかでどんどん存在感を高められるでしょう。


ファクトムの概要

[table id=1462-1 /]

ファクトムは これまでの証書等の重要書類・契約書の保存を一変させる可能性も!

先にも触れましたが、ファクトムは保険、証書、登記簿や契約書等々、様々な記録・重要書類をブロックチェーン上で保存・管理することが可能です。

ブロックチェーンの特徴である、「改ざんができない」という点は、重要書類を扱う上でのリスクである情報漏洩、不正コピー、不正利用などのリスクを低減することができます。

また、重要書類の保存・管理には膨大なコストがつきものですが、その点においてもブロックチェーン上ですべて管理できるのでクリアされ、かなりのコスト減の効果があります。


そこから、ファクトムでは現在「ファクトムハーモニー」と呼ばれるプロジェクトを進めています。
このプロジェクトでは、「住宅ローン」の手続きをファクトムのシステムを使って行います。

銀行や売主、買主など様々な利害関係者があり、手続きも複雑かつ個人情報を多く抱える住宅ローンの手続きが、より安全に、簡単に、低コストで行うことができるというもの。

今後、こうしたサービスがブロックチェーンの仕組みを使って増えていくのかもしれません。


このように、ファクトムの提供するサービスは、
アメリカだけではなく、世界中の重要書類や証書、記録方法の概念を大きく変える可能性があると期待されています。

Twitterまとめ

ファクトムが買える国内取引所

[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]

ファクトムが買えるおすすめ海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加