韓国政府が不当規制を行わないよう求める請願に返答 は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

韓国が仮想通貨対策チームを設置、規制強化へ 仮想通貨規制について〜韓国が日本・中国と協力体制へ〜 誤解していませんか?その国は仮想通貨を禁止なんかしてませんよ? 韓国の取引所で個人情報保護が不十分のため罰金 韓国の裁判所「ビットコインに経済的価値がある」
" />

韓国政府が不当規制を行わないよう求める請願に返答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国政府は、不当な仮想通貨規制を行わないよう求める請願への反応を示しました。

規制機関側は『仮想通貨規制の必要性』を強調し、他の仮想通貨規制の概要にも触れました。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。

請願への返答

韓国のこの請願は、国内での仮想通貨に対する過度な規制、そして仮想通貨投資に対する不平等な規制を行わないよう、政府に対して求めるものです。

政府による新しい規則では、政府は20万人以上の署名を集めた請願に対しては、1カ月以内に対応するとされています。今回の請願は2018年1月16日の時点でその基準をクリアし、1月27日までに合計で22万8295人分の署名が集まりました。

政府政策調整室のHong Nam-ki氏は、この請願への対応として次のように説明しています。

「仮想通貨取引における不法行為や不確実性を防ぎ、積極的にブロックチェーンを養生していくことが、政府の基本的な政策方針です。…現行法の枠組みの中で仮想通貨取引の透明性を高めていくことは最優先事項です。…我々は、市場や世界的な動向などを注意深く監視しています。」

政府内でも意見分かれる

韓国政府は2017年12月半ばごろから仮想通貨規制を導入し始めました。それ以降規制機関は、仮想通貨の投機性を抑制するための様々な規制内容を検討してきました。2018年1月30日には実名システムを義務化し、仮想口座を経由した仮想通貨取引を禁止しました。

韓国の司法庁は以前、仮想通貨取引の全面的な禁止を提案しています。しかし、国内の他の規制機関はこれに賛成しませんでした。2月上旬、韓国の首相も、仮想通貨取引所の閉鎖は現状としては考えていないと述べています。

ロイター通信は、Hong氏の発言を次のように伝えています。

「仮想通貨取引の全面禁止から、枠組みへの仮想通貨機関の参加など、政府内にも様々な意見があります。…財務省の指導のもと、仮想通貨への課税方法を検討し、今年前半までにブロックチェーン産業に踏み込む対策を発表します。」

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Korean Government Answers Petition Against Unfair Cryptocurrency Regulations

投稿 韓国政府が不当規制を行わないよう求める請願に返答COINNEWS に最初に表示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加