落合陽一氏のプロジェクトにビットコインで寄付を!Readyfor×bitFlyerが実現へ は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

Zaif APIキーの不正利用についての報告を公開 三菱東京UFJ銀行が仮想通貨交換業へ参入~日本で広まる仮想通貨~ 取引所『Zaif』がアメリカ進出か?!~アメリカの取引所と提携~ bitFlyer取引所が突然の停止!?~bitFlyerにアクセスすらできない状況が続く~ 出金再開のコインチェック、本日20時より本社にて記者会見か
" />

落合陽一氏のプロジェクトにビットコインで寄付を!Readyfor×bitFlyerが実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筑波大学准教授の落合陽一氏が自身のプロジェクトにかかる資金をクラウドファンディングで調達し、日本円に加え仮想通貨「ビットコイン」でも資金を募るようです。

bitFlyer×Readyfor

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日から開始する筑波大学准教授の落合陽一氏のクラウドファンディングプロジェクトにおいて日本円での寄付に加えてビットコインでの寄付も募ることを発表しました。ビットコインの寄付に関しては、日本最大級の仮想通貨取引所「bitFlyer」が運営するサービス『fundFlyer』を活用するとのことです。
国立大学が行うクラウドファンディングにおいて『仮想通貨で』寄付を受けるのは日本で初めてとのことです。

プロジェクト概要は以下の通りです。

〈プロジェクト概要〉
・タイトル:「デジタルネイチャー「計算機的多様性」の世界へ」
・実行者名:落合 陽一氏(博士/筑波大准教授)
・目標金額:1500万円(日本円相当額)
※本件への寄附金額は、ビットコイン決済時のレートで日本円転換された金額が合計寄附金額として加算されます。
・募集期間:2018年2月21日(水)~2018年4月27日(金)23時(65日間)
・形式:寄附型 / All or Nothing

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031325.html

支援額は5000円から設定されており、それぞれに寄付者に対して特典がついてくる仕組みになっています。最高額は700万円で、この特典として『次回以降の新作の寄贈権利』が得られるようです。
支援額および特典に関して詳しくはこちらをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/ochyaigogo2

高額なプランもありますが、ビットコイン取引において巨額の利益をあげた方はこのプロジェクトにビットコインを寄付することで社会貢献をすることができ、さらに税制寄付控除措置も受けることができるので、双方にとって利益を生み出すことが出来る仕組みだと言えるでしょう。

ちなみに落合氏は自身のTwitterでこのプロジェクトに関して随時ツイートしています。

大学の資金調達

「日本の大学は研究補助金がなかなか下りない」とよく言われます。

今年1月に京都大学のiPS細胞研究所にて論文不正問題が発生しましたが、不正が起きてしまう理由として「研究員の多くが任期付きの非正規雇用である」ということが挙げられます。「非正規雇用」というのは正規雇用に比べて地位も収入も低く、研究者の世界に限らず日本で長らく問題となっている一つです。非正規の研究員は任期が迫ってくると「結果を出さなければいけない」という焦りにかられ、最悪の場合、データの改ざんに踏み切ってしまうこともあるようです。
大学の研究の不正は、研究にかける費用に加え『研究員を養いきれる資金が困窮していること』からも起こりうるということです。

クラウドファンディングという資金調達の方法が年々広まってきたことで、あらゆる分野でビジョンを持つ人がお金を集めるハードルが下がってきています。
今回の落合陽一氏の取り組みを皮切りに、アカデミックな分野での資金調達もクラウドファンディングで行うのが主流になる時代が来るのかもしれません。

投稿 落合陽一氏のプロジェクトにビットコインで寄付を!Readyfor×bitFlyerが実現へCOINNEWS に最初に表示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加