リップル、4か国5つの機関と提携~RippleNetさらなる拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ripple(リップル)社は21日、ブラジル、インド、シンガポール、カナダの4か国にある、5つの銀行、および送金事業者と提携したことを発表しました。

今後、ブラジルのItaúUnibanco(イタウ・ウニバンコ銀行)とインドのIndusInd(インダスインド銀行)という2つの銀行と、シンガポールのInstaReMはリアルタイムでのクロスボーダー決済を容易にするために、リップルが提供するソリューションである、xCurrentを使用する予定です。これによって、透明性があり、より早く摩擦のない安全な送金が実現されます。

また、ブラジルのBeetech、カナダのZip RemitはともにxViaを使用することで、世界中の顧客へのアクセスが可能になります。Beetech、Zip Remitの2社は中国とのアクセスも考えており、先日RippleNetに中国の送金業者LianLianが参加したことで、これの実現性も高まっています。

InstaReMの共同設立者兼CEOである、Prajit Nanu氏は、同社がRippleNetに加わり、他のRippleNetメンバーのための広範な東南アジアへの橋渡しの役割を果たすことに興奮していると言います。

「弊社はリップルとパートナーシップを結びました。現在、RippleNetのメンバーは、InstaReMの安全なレールを通じて、東南アジア諸国で多数の支払いを処理することができます。」

リップルの事業開発責任者であるPatrick Griffin氏は、新興市場の顧客にとっては、クロスボーダー取引をより低コストで提供することが特に重要だと考えています。

「アメリカの教師でブラジルの家族やインドの中小企業のオーナーに送金しようとしているのであれば、世界の金融機関をペイメントシステムに接続することが不可欠です。」

着実に拡大を続けるRippleNet。今回4か国、5つの機関との提携によって、IoV(Interanet of Value:価値のインターネット)の実現に、また一歩近づきました。

参考:Ripple

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加