韓国金融監督院「通常の仮想通貨取引は支援する」と発表 は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

韓国が仮想通貨対策チームを設置、規制強化へ 日米を上回る韓国のビットコイン認知~第三位の韓国における認知調査~ 韓国で仮想通貨アプリの利用者数が14倍に 韓国の規制強化の一方、取引所『Upbit』が独走 韓国の取引所が自主規制に乗り出す
" />

韓国金融監督院「通常の仮想通貨取引は支援する」と発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国金融監督院は「韓国政府は通常の仮想通貨取引を支援します」と発表しました。多くの仮想通貨取引所は匿名アカウントの問題に悩まされていることから、監督院は「銀行と連携して取り組む」と述べました。


通常の仮想通貨取引を支援する

韓国金融監督院(FSS)のチェ院長は記者会見にて「政府は仮想通貨の『正常な取引』を支援する」と発表しました。
さらに「世界は仮想通貨の枠組みを見直すべき過程にあり、規制を強化するのではなく、通常の取引にするべきだ」と述べました。
チェ氏の今回の発表は、「ビットコインのバブルは崩壊するだろう」という以前の厳しい立場とは対照的です。
この意見の違いに衝撃を受けた韓国の人々はチェ委員長の罷免を求める書類を提出しました。1月27日に終了した申し立てには40,149件の署名が集まりました。政府に申し立てを行うには20万人の署名者が必要とのことです。

中小規模の取引所の支援

チェ氏は発表に先立って韓国ブロックチェーン協会、および仮想通貨取引所の代表と協議を行いました。
規制当局が取引所アカウントの実名登録を義務化し、匿名取引を可能にする匿名アカウントの使用を禁止する法を施行してから3週間が経ちます。
しかし、新ルールが適用されてから銀行は国内の4つの大手取引所(Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit)で新たに匿名アカウントが使用されているのを指摘しています。

匿名アカウントを取得できないことに苛立ちを覚えたのか、12の中小規模の取引所はブロックチェーン協会に対し、「この問題にどのように取り組むのか議論する」会合を呼びかける書類を定期的に送っています。ある取引所の代表は「私が委員会に参加した時、もしこのガイドラインに沿えば、匿名アカウントを得られるだろうと理解した」と語っています。

先月末、25の取引所がこの問題を議論する会合に集いました。匿名アカウントを取得できないよう、取引所は法定通貨の預金サービスを停止し、仮想通貨の取引を行うために運営会社のアカウントを使い続ける必要がありました。これらはマネーロンダリングを防ぐため韓国の規制当局が厳しく取り締まっていることです。

韓国のメガバンクである新韓(シンハン)、農協(ウォン・グッド・トゥー)、韓国産業銀行はすでに4つの取引所と連携しており、チェ氏は「こうした動きはさらに推進すべきだ」と述べており、「KBククミン銀行やKEBハナ銀行など3つの銀行も実名取引システムを構築しており、もっと取り組んでいくよう促す」と強調しました。

チェ氏は「政府は仮想通貨取引所と事業を行なっていく銀行に動きを呼びかけていく」姿勢を示しています。これから韓国は仮想通貨取引所と銀行が提携することで仮想通貨の健全な取引を促進していく模様です。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/south-korean-regulator-supports-normal-cryptocurrency-transactions/

投稿 韓国金融監督院「通常の仮想通貨取引は支援する」と発表COINNEWS に最初に表示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加