日本政府認可の取引所、ザイフにて不具合。ユーザーが無料でビットコインを は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

ビットコインへの深入りは危険?!~気楽になる3つのアドバイス~ ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引 日本が無登録でありながら運営を続けるICO業者を規制 韓国政府が不当規制を行わないよう求める請願に返答 エレン・デジェネレス氏、ビットコインに賛成
" />

日本政府認可の取引所、ザイフにて不具合。ユーザーが無料でビットコインを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはビットコインをたったの1,000ドル、100ドル、ましてや10ドルで買いたいと夢見たことはないでしょうか?

0ドルであったらなおさらどうでしょう?

日本の取引所ザイフを利用していた目の鋭いユーザーに、ビットコインがシステム不具合によって無料で手に入れられる機会が訪れました。

一方でザイフは、ユーザーからその分のビットコインを回収したようです。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


2000兆円の異常

テックビューロが運営する日本の仮想通貨交換所ザイフは、システム故障によってユーザーが仮想通貨を0円で取引する事が可能であったことを明らかにしました。

現地時間2月16日午後5時40分から午後5時58分までの18分間、ザイフの価格計算システムは影響していました。

ザイフは7人のユーザーが、無料で大量の仮想通貨を手に入れたと2月20日報告しました。

朝日新聞によると、あるトレーダーは22兆円ものビットコインを購入し、すぐに現金化しようとしたそうです。

システムの故障は同日午後7時34分に修正され、テックビューロの責任者は投資家に謝罪し、再発防止に努めると約束しました。

おっと、今の取引は無効です

システムに不具合が発見され、重大な過ちが明らかになった後、テックビューロは0円で行われた取引を無効化しました。

取引所からビットコインを転送しようとした一人の顧客とは、未だ問題の解決に取り組んでいると同社のスポークスマンはロイター通信に対し、伝えました。

ザイフは政府によって完全に認可された『16しかない交換所』の一つであり、金融庁が昨年9月に認可した最初の11のプラットフォームの一つでしたが、テックビューロは現在システムおよびその他実務の安全性に関する金融庁の調査を受けています。

16の未だ認可されていない取引所を含めた『32の取引所』を現在捜索中であると金融庁は発表しました。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Bug at Japanese Government-Approved Zaif Exchange Let Users Get Free Bitcoin

投稿 日本政府認可の取引所、ザイフにて不具合。ユーザーが無料でビットコインをCOINNEWS に最初に表示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加