【中級者用】ビットコインについてどれくらい知っている?ビットコインクイズ は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

Tether(テザー社)のUSDTに関する疑惑?!~ビットコイン下落とTether(テザー社)~ ビットコイン関連でよく聞く『ASIC』とは?~ビットコインのマイニングに重要な『ASIC』~ シンガポールでマイニングマシンを取り扱うショッピングモールが出現?! ビットコイン取引所「Kraken」とは? 日本大手メッセージアプリが仮想通貨取引所を開設
" />

【中級者用】ビットコインについてどれくらい知っている?ビットコインクイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの特徴はなんですか?このような質問で答えることができない人も多いのではないでしょうか。ビットコインに関しての情報が溢れている中で、本当に理解できているのか気になる方に、皆さんがビットコインについて正確な知識があるのか、それを確認するクイズ検定を作って見ました。


ビットコインクイズ 中級問題

ここでは、2択から正しい方を選んでください。また、詳しい解説は問題のすぐ後ろにあります。

1.電子マネーとビットコインの違いはなんでしょう。

A.電子マネーは、法律で100万円以上の送金は禁止されている。
B.ビットコインは、法律で100万円以上の送金は禁止されている。

https://coinnews.jp/articles/910
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A.電子マネーは、法律で100万円以上の送金は禁止されている。
電子マネーは、法律で100万円以上の送金は禁止されています。そのため、三菱UFJ信託銀行などは、電子マネーを使った取引ではなく仮想通貨を使った送金方法を研究しています。
電子マネーと仮想通貨の違いについてはこちらを参照ください。

三菱UFJ信託銀行についての記事はこちらをご覧ください
https://coinnews.jp/articles/8484

2.マウントゴックス事件が起こった場所はどこでしょう

A.中国
B.日本

マウント・ゴックス元CEO マルク・カルプレスとは何者か?

答えは下へスクロール

 

 

 

答え

B日本
この事件は、東京都渋谷区にあった株式会社MTGOX(マウント・ゴックス)の運営するビットコイン交換所で起こりました。この事件は、日本のマスメディアでも大きく報道していました。

3.マウントゴックス事件のその後について正しく述べた文はどちらでしょう。

A.犯人は、逮捕され、被害にあった人にお金はすでに返されている。
B.ビットコインの多くは、まだ返済されていない
https://coinnews.jp/articles/13
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

Bビットコインの多くは、まだ返済されていない
この事件の犯人はまだ特定されていません。また、マウント・ゴックスは破産手続き中であり被害者に対してお金が返済される見込みもありません。

4.ビットコインアドレスとはなんでしょう

A.利用できるビットコインアドレスは、有限である

B.取引ごとに毎回ウォレットによって生成されている。
https://coinnews.jp/articles/37
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

B取引ごとに毎回ウォレットによって生成されている。
ビットコインアドレスは、無限に生成することができます。そのため、2×256乗分の数のビットコインアドレスが生成可能となっています。
ビットコインアドレスに関してこちらを参照ください。

5公開鍵と秘密鍵についてのクイズです

A.公開鍵は、取引時に取引相手に公開する必要がある

B.公開鍵も秘密鍵も他人に公開してはいけない
https://coinnews.jp/articles/37
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A公開鍵は、取引時に取引相手に公開する必要がある
公開鍵は、取引時に相手に見せる必要があります。しかし、秘密鍵は銀行の口座のような役割を占めているので他人に明かしてはいけません。

6.ビットコインの採用されている最小の単位はなんですか?

A0.00000001BTC=1satoshi
B0.0001BTC=1satoshi
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A0.00000001BTC=1satoshi
1ビットコインの1億分の1が1satoshiとなります。satoshiは、ビットコインを作ったサトシナカモト氏の名前から来ています。

7.ダストコインは、何でしょうか?

A.これ以下の数字になると取引ができなくなるためゴミ=dustコインと呼ばれている。
B.一円以下の価値になるコインは、決済に使えないのでゴミ=dustコインと呼ばれている。
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

Aこれ以下の数字になると取引ができなくなるためゴミ=dustコインと呼ばれている。
ビットコインのシステムでは、5460satoshi以下のコインは取引ができなくなります。そのことから、埃のように価値がないということでダストコインと呼ばれています。

8.ビットコインで現実世界で最初に行われた取引に使われたことはなんでしょう。

A.チキン
B.ピザ
https://coinnews.jp/articles/761
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

Bピザ
実際の店舗で行われた取引は、ピザ二枚でした

9.その時の取引価格はいくらでしょう

A.300BTC
B.1万BTC
https://coinnews.jp/articles/761
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

B.1万BTC
そして、ピザ二枚の取引は、1万BTCで取引されました。現在の価格(2018年2月22日)の価格だと1枚60億円で取引されたことになります。
ピザで取引された記事があります。
ぜひ読んでみてください。

10.ビットコインキャッシュとは何でしょう

A.ビットコインの分裂によってできた通貨
B.ビットコインとほとんど同じ特徴を持っているためこの名前がついた
https://coinnews.jp/articles/46
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A.ビットコインの分裂によってできた通貨
ビットコインキャッシュは、Seg witと呼ばれる問題がありました。その問題があったため、ビットコインは、ビットコインとビットコインキャッシュの二つに分裂しました。

今回は、ビットコインを学ぶ中級者を対象にクイズを作って見ました。今後も難易度を変えながら多くのクイズを出していきますので、ぜひ挑戦して見てください。

投稿 【中級者用】ビットコインについてどれくらい知っている?ビットコインクイズCOINNEWS に最初に表示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加