マデュロ氏「銀行にPetroの採掘と使用をお願いしたい」 は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

ベネズエラ、OPEC諸国にPetroプラットホーム開発への参加促す ベネズエラ政府、『Petro』で7億3500万ドル集めたことを発表 仮想通貨とスイスの関係~世界の模範となるICO~ 海外セレブたちが支持・参加を表明する「ICO」について CentraのICOが証券法違反で集団訴訟へ~著名人を用いたICOにご用心~
" />

マデュロ氏「銀行にPetroの採掘と使用をお願いしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネズエラのニコラス・マデュロ大統領は国内のすべての銀行に対し、先日発行された政府が発行する仮想通貨「Petro」の採掘と使用を呼びかけました。銀行連合の代表はこの発言に憤慨し、「マデュロ氏は権力を乱用し、憲法に逆らった発言をしている」として避難しました。


銀行にPetroの採掘と使用を懇願

マデュロ氏は「ベネズエラ国内にある1400以上のすべての銀行にPetroの発行システムに参加してもらい、協力者には報酬としてPetroを支払いたい。この提案はPetroの第一人者であるカルロス・バーガスと会議を行った際に出てきたものだ」と発言しています。

「銀行は、600万人以上の利益を増進するために国の領土を利用してマイニングファームを運営できるだろう」として、銀行によるPetroのマイニングが可能であることを示唆しています。

連合の代表は憤慨

「銀行はマイニングファームを運営することができる、そしてマイナーへの報酬としてのPetroが必要だ」というマデュロ氏の発言について、銀行連合の代表は「銀行がPetroを扱うことはない」としてマデュロ氏の発言に反発しています。

アナ・ヤネズ氏は「連合の中で、銀行がPetroを扱うことに満場一致で反対である。これは権力の乱用であり全体主義的なものであるように伺える。それに加えて、ペトロは憲法に違反する仮想通貨である。我々にペトロの使用を押し付けるような動きには断固反対である」

サーバンド・カーボーン氏は「Petroは詐欺である。銀行でPetroを扱うことには強く反対する」として、ヤネズ氏と同様の立場を取っています。

さらにカーボーン氏は「Petroはマネーロンダリングを助長するために生まれたようなものだ。もし銀行に使用を強制されれば、我々は抗議活動を行う」として断固反対の姿勢を見せています。

さらに連合のある秘書は「石油の使用のためであれば、Petroは使用に値する」とする一方で、
「石油の採掘に関わる我々は石油1バレル(159リットル)を採掘するのがどれほどの価値に値するのか知っている。マデュロ氏の言動はまさに独裁者といえるもので、労働者の反感を買うものだ」としてマデュロ氏を批判しています。

銀行および石油関係者の反感を買ってしまったマデュロ氏の発言ですが、今後共存の道をたどることはできるのでしょうか。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/maduro-asks-venezuelas-banks-to-mine-and-use-cryptocurrency-unions-outraged/

投稿 マデュロ氏「銀行にPetroの採掘と使用をお願いしたい」COINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加