なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。 は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

ビットコインキャッシュの高騰の要因とは?~ビットコインはもう終わり?!~ ブロックにも容量上限あり?!〜ビットコインが抱える「ブロックサイズ問題」〜 電子書籍とブロックチェーンに見る本質~ブロックチェーンの本質と我々の誤解~ 8万件以上あるブロックチェーンプロジェクト中、生き残るのは《8%》 格付会社Weiss Ratings、ビットコイン格付けC+の理由を釈明
" />

なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨は日本の大手のMUFGやゆうちょ銀行、みずほ銀行などが参入するほど注目を浴びています。また、それは民間の銀行だけではなく、円を発行する中央銀行までもが研究を進めているほどです。以下では、なぜ仮想通貨がこれほどまで注目されているのかお金の歴史を踏まえて考えて行きます。


物々交換

聞き馴染みのある物々交換は、貨幣がまだない時代に行われた始めての経済的取引だと言われています。この物々交換には2種類の交換方法があります。一つは、『自然貨幣』と呼ばれるものと『商品貨幣』と呼ばれるものです。以下では、この2つを詳しく解説していきます。

自然貨幣

貝殻や骨などは、当時とても希少なもので、誰もが受け取りやすいものでした。そして、そういった希少なものを使い食料などを交換していたと考えられています。しかし、こういった貝や骨は使う用途がなく、それ自体に『価値がない』のです。そこで次に現れたのが、商品貨幣となります。

商品貨幣

『加賀100万石』という言葉があるように、日本の歴史では『コメ』が1つの貨幣として利用されていました。コメは、自然貨幣と違いそのもの自体に用途があります。日本では、コメがそれに当たりますが、世界では牛といった家畜や布なども物々交換として用いられていました。こういった、商品貨幣流入できたのは農業や畜産業の生産性が発展し『余剰生産物』を生産することが出来るようになったからであると言えます。剰余生産物とは、生活に必要なもの以上に生産できたモノのことを言います。この、商品貨幣のデメリットは交換に手間がかかることです。毎回ものをお買う際にコメを使うと考えると、その不便さがイメージできるのではないでしょうか。この商品貨幣のデメリットを補ったのが金属貨幣と呼ばれるものです。

金属貨幣

秤量貨幣

金属貨幣は、主に金、銀、銅などがその例です。こういった金属は、それ自体に価値があります。また、コメや家畜よりも持ち運びの面で便利であり、腐ることがないので一度作れば長い間流通し続けることができるというメリットがあるため流通しました。この金属貨幣が、流通したときはその金属の重さでものを交換していました。これは、商品貨幣も、コメなどを重さで測っていたため、商品貨幣の一部を残していると言えると思います。このように、金属の重さを図って商品を交換していた方法を『秤量貨幣』とも言います。この秤量貨幣は、重さをはかるという手間がありました。そこで、次にできたのが鋳造貨幣です。

鋳造貨幣

鋳造貨幣は、金属を溶かし型に入れることできた金属のことを言います。ここから、生まれたのが、信用貨幣というものです。これまでは、金属の量、コメの量など量を重視して交換されていました。この信用貨幣は、誰かがその価値を担保する必要があります。そして、それを誰かが信用してその通貨を使います。日本では、和同開珎がこの信用貨幣のはじめだと言われています。他にも小判といったものもこれに当たります。1円玉も日本銀行がその価値を証明しているため1円という価値を持っているのです。ただこれも金属であるため一定の量になると持ち運びが面倒になってきます。ここで、使われたのが紙幣でした。

兌換紙幣

紙幣が使われる時代に、印刷屋製紙の技術が発達してきました。そうした、技術の発展により金属の代替物として紙幣という紙が使われるようになったのです。この紙幣の元々は、金属を商人に預けることで紙幣がもらえるというシステムでした。つまり、紙幣は金属と交換できる保証があるため貨幣として流通できたと言えます。これを『金本位制』とも言います。日本では、1882年に初めて発行されました。紙は、金属と違い持ち運びが便利であるメリットがあります。この金本位制が世界で使われるシステムとなることで、金の量が足りなくなりました。そこで、金と紙幣を交換する兌換紙幣というシステムはなくなりました。そこで、新しくできたのが不換紙幣です。

不換紙幣

不換紙幣は、金との交換を約束されていません。つまり、私たちは日本政府が1万円の価値を認めているだけであって、何が1万円と同等の価値なのかを認められていないです。これが現在の紙幣と言えます。

仮想通貨

これまで、貨幣というものの歴史をみてきました。交換されるものが変わってきたのは大きくわけて2つの点があります。

1つは、交換する手間です。商品貨幣が金属貨幣に交換された時がその一つの例です。
現在、キャッシュレス社会という言葉があります。これは、現金ではなくクレジットカードなどを利用してものを購入する方法です。これも、現金を利用して購入するの購入の手間があるためこういった考えが生まれてきたといえます。

2つ目は、技術です。兌換紙幣が生まれたのがその一つの例です。こういった技術が生まれることも貨幣が新たな形になる一つの例でした。現在は、インターネットという新たな技術があります。これを用いることで、現金を持つという手間を省く技術が生まれたのです。

しかし、このインターネットは安全性という面で信用が得れていません。それがこれまで、インターネットを使った貨幣が生まれてこなかった理由です。しかし、ビットコインといった仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる技術があります。このブロックチェーンがその信用度を保証するシステムとなる存在として現在注目されて多くの銀行が仮想通貨を研究しているのです

投稿 なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。COINNEWS に最初に表示されました。