警視庁、669件のマネーロンダリングが仮想通貨に関連すると発表 は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

75万ビットコインが消失!? ビットコイン神話が揺らいだ大事件 ロシアで仮想通貨規制法案の詳細が明らかに 日本金融庁が仮想通貨取引所『32社』に『点検要請』 NY規制機関、仮想通貨企業に市場操作の監視を求める 金融庁による仮想通貨交換の『みなし業者』の選別の現状
" />

警視庁、669件のマネーロンダリングが仮想通貨に関連すると発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内で起こったマネーロンダリングのうちの669件が、仮想通貨取引に関連していたことが警視庁の調査により分かりました。

この調査データは、2017年4月に施行された改正資金決済法に基づいて導かれました。


警視庁は訴訟を検討

警視庁は2017年の4月から12月までに起こったマネーロンダリングのうち669件が、仮想通貨取引に関連するものであることを発表しました。警視庁はなぜ交換業者がこうした被害にあったのかという詳細を明らかにしていませんでした。日経アジアレビューは「疑わしい取引は短い期間に繰り返されます」と評しています。

2017年は事件が少なくなった

今回のニュースはハッキングによって、約580億円分の仮想通貨NEMが流出したCoincheck騒動に匹敵するものです。コインチェックは国内に16ヵ所ある「仮想通貨交換業者」の一つではなく、金融庁から認定を受けないまま「みなし業者」として営業を続けていました。
金融庁に登録申請書を送付し、認可を待っている取引所は国内に32ヵ所有ります。

警視庁は、2016年に発覚したAML(アンチマネーロンダリング)とKYC(Know Your Customer)に関する問題と比較すると、2017年は仮想通貨に関連する疑いのあるマネーロンダリングのケースが減少したと発表しました。2016年には400,043件のAML/KYCに関する調査があり、2017年はそれに比べ1048件減ったとのことです。

さらに警視庁は、マネーロンダリングの報告の大半は銀行や金融関連の会社に由来すると述べています。

これらが関連する事件は346,595件に上るとのことです。クレジットカード会社は警視庁に対し28,707件の被害を報告しています。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Japanese Police Reveal 669 Money Laundering Cases Tied to Local Exchanges

投稿 警視庁、669件のマネーロンダリングが仮想通貨に関連すると発表COINNEWS に最初に表示されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加