ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達している は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

SEC、重要項目として仮想通貨・ICO詐欺を挙げる KYC(Know Your Customer)の取り組みはむしろリスクを増やす? モナコ(MCO)が無料で貰える?!~『MONACO』によるVISAプリペイドカード登場~ 仮想通貨『オタクコイン』とは?!~twitterで広がるオタクコイン~ オンラインギャンブルの誕生か?仮想通貨Decent Bet(DBET)の特徴と将来性
" />

ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のICOは、あまり良い状態とは言いにくいです。しかし、投資家たちは貪欲に投資を続けており、既に2018年だけで20億ドルが調達されています。これは2017年の57億ドルを大きく上回る勢いです。しかし、ICOのほとんどが個人投資の段階で主に行われているため、個人投資家が多くのICO投資の大半を占めており、その他の人達が残りの一部を取り合いしています。それが原因で、今年行われたICOでの資金調達のうち84%は、プレセールと個人投資からきているというデータもあります。


個人投資は、金持ちがより金持ちになる仕組みである

クラウドセールスが登場した時、そこに参加する人たちは、『資金調達』をすることで『多種多様なものを生み出す機会』や『新しいコミュニティを形成』を平等な方法として手に入れることができるようになりました。クラウドセールは、少しの間うまくいきましたが、2018年にその状況は変わりました。去年は、まだ個人投資家が最初のクラウドセールスの所有権を持っていました。例として、トークンのBATは一握りの投資家がトークンを買い集め、数分後には売り切れになった事件として有名です。個人投資家以外の人の投資は、プレセールス後の追加の資金調達としての役目しか担いません。つまり、プレセールスやプライベートの段階でこれらの取引は行われており、一般の人のためにはわずかなトークンしか残されてないのです。

『トークンデータ』と呼ばれるデータの数字を見ると、今年ICOに投資した$19.7億のうち$16.3億(84%)が個人投資家に売却されました。さらに、このデータはテレグラムという会社の個人売却で調達された$8億5500万の価格を考慮されていません。テレグラムは2月末にすでに6億ドルの売却を完了する予定ですが、おそらくすでに投資家は2倍ものトークンの割り当てられています。現在のICOはお金持ちがよりお金持ちになるような仕組みでできており、その他ユーザーに儲けさせることに関しては向いていないと言えます。

ICOで適度な利益を分配する

2018年2月21日現在で、『Tokendata』が追跡しているICOを行っている『94』のトークンのうち、『28』のトークンが取引所で取引されています。ICOを通して購入し、取引所で売却したトークンの平均ROIはわずか2.17で、イーサリアムの収益率はわずか0.75です。言い換えれば、多くの場合でトークンのためにイーサリアムを交換するよりも、年の初めからイーサリアムを保持する方がより利益を上げることができます。ICOは、まだ始まったばかりの初期段階であり、2018年にうまくいくまでの時間はまだ十分にあると言えます。プレセールス期間中は低いお金で取引されているため、個人投資することはクラウドセール期間が始まってから参加するよりも利益を上げることが簡単です。ホワイトペーパーの上では、クラウドセールという言葉が今まで一番用いられるようになっています。しかし、本当に最も利益を出すようになっているのは1%の資本を持った投資家だけなのです。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】ICOs Have Raised $2 Billion This Year – Mostly from Private Sales

投稿 ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達しているCOINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加