プーチン大統領、ブロックチェーンの技術革新に遅れはとらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、国がブロックチェーン技術を必要としており、ロシアが革命技術の開発と、これの採用に遅れを取らないことが重要であると強調しました。

ロシア市場に関するユニークな洞察を提供する、Russia Insightによると、プーチン大統領とロシア最大の銀行スベルバンク(ロシア貯蓄銀行)のCEOである、ゲルマン・グレフ氏は議論を行っています。ビットコイン投資家・専門家のトレース・メイヤー氏はプーチン大統領の言葉を以下のように記しました。

「私たちにはブロックチェーン技術が必要です。石器時代は石が足りずに終わったわけではなく、新しい技術が登場したからです。このレースは、すぐに、非常に早く、これらのプロセスに依存することになるでしょう。」

ロシアの最も影響力のある金融機関を監督しているグレフ氏は、長い間楽観的な仮想通貨・ブロックチェーン愛好家でした。2017年11月に、グレフ氏は、仮想通貨は世界金融システムの不可欠な部分になると指摘し、仮想通貨は私たちの人生の真実であると述べました。

「仮想通貨はブロックチェーン技術の自然な成果です。私たち(ロシア貯蓄銀行)はそれらを禁止するかもしれません。人々が遊びをしないように促すのは流行です。しかし、仮想通貨は私の人生の真実です。」

1月下旬、ロシア貯蓄銀行は、地元投資家からの市場におけるビットコインや他の仮想通貨の急速な需要に対応するために、銀行が仮想通貨取引プラットフォームを立ち上げる可能性が高いとも話していました。

ロシア貯蓄銀行の世界市場統括責任者Andrey Shemetov氏は、この銀行は、投資家が仮想通貨市場に投資する必要がある、あらゆる種類の商品とサービスに戦略的なアクセスを提供することを目指しているとも話しています。

また、プーチン大統領はロシア国営の通信会社TASSに、投資家を守り、企業の成長を促進するための規制が実施されると述べ、仮想通貨は交換媒体と決済ネットワークの媒体として機能することができると述べましたが、価値が保存できるかという点には懸念を表明しました。

プーチン大統領は、大多数の銀行家や政府関係者の視点と同様に、仮想通貨は何にも支えられていないため、その価値を保証することはできないと見ています。

しかし、内在的価値の欠如は、すべての通貨、株式、債券、資産、および商品においても同様です。任意の資産の価値はその需要と供給にのみ依存し、市場はその価値に責任を負います。したがって、仮想通貨における本質的な価値は、需給のみでその時その時に価値を決定するので、価値を保証できないということ自体は大きな問題ではないでしょう。また、仮想通貨に実需が伴えばこの問題もより解消されていくと考えられます。

参考:CCN