電通、ブロックチェーン技術のビジネス活用に向け「電通ブロックチェーンコミュニティー」発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、2015年から個別案件ごとに研究・対応してきたブロックチェーンの推進について、その専門性をさらに高めてビジネス活用を促進していくため、社内横断組織「電通ブロックチェーンコミュニティー」(以下「DBCC」)を201/3/1付で発足。

DBCCは、ブロックチェーン技術の活用に向け、FINOLAB会員(※)のスタートアップ等と連携し事業開発を推進し、広告ビジネスにおける新しいソリューションの開発を目指すとのこと。また同社アドバイザーとして金融庁長官などを歴任した畑中 龍太郎氏を招聘。

【FINOLABとは】
三菱地所株式会社、株式会社電通国際情報サービス、株式会社電通の3社が2016年2月に立ち上げ、協業運営している国内初・最大のFinTech産業拠点。現在、FinTechスタートアップ44社が参画する他、事業会社10社が会員として参画し日々オープンイノベーションを推進している

▼電通、ブロックチェーン技術のビジネス活用に向け社内横断組織を発足
▼電通 公式サイト
▼FINOLAB 公式サイト

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加