GMO TECH、ブロックチェーン技術を活用した「GMOアップカプセル電子マネー」サービス開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開するGMO TECH株式会社(代表取締役社長CEO:鈴木 明人)は、ブロックチェーン技術を活用した、店舗・施設独自の電子マネーを簡単に作れる「GMOアップカプセル電子マネー」を開発。2018年4月上旬よりサービス提供開始。

GMO TECHのO2O(Online to Offline)アプリ作成サービス「GMOアップカプセルPRO」のオプション機能として提供、またSDK(ソフトウェア開発キット)も提供するため、「GMOアップカプセルPRO」で作成した店舗アプリだけでなく、自社開発したアプリへも簡単に独自の電子マネー機能の導入が可能に。


「GMOアップカプセル電子マネー」利用イメージ


■GMOアップカプセル電子マネーについて

特徴1)ブロックチェーン技術の活用で、簡単に電子マネーを導入

 電子マネーの発行、店頭での来店者によるチャージ・支払い等の処理には、ブロックチェーン技術を活用。お客様はユーザー向けスマホアプリ、店舗側はスタッフ向けアプリが搭載されたタブレット端末1台を用意するだけで、電子マネーの決済処理に関わる一連のフローが完結。店舗は専用のシステム構築や、カードリーダーなどの専用機器の設置が不要なため、簡単に店舗独自の電子マネーを導入することが可能。

特徴2)スマホアプリと店舗用タブレットで、スマートなチャージ・支払いフロー

 電子マネーのチャージ・支払いは、ユーザー向けスマホアプリと、店舗用のスタッフ向けアプリが搭載されたタブレット端末を利用した以下の簡単なフローで、リアルタイムに行えます。

特徴3)チャージ履歴などのデータ活用でリピート来店を促進

 お客様のチャージ履歴やお支払い情報(金額・残高・使用日時・使用店舗/施設)は、データとして記録・蓄積されます。このデータは店頭でのチャージ時にスタッフ向けアプリから一時的に閲覧できるほか、管理者向けにご用意する管理画面(PC用)からいつでも確認することが可能。これにより、店舗独自の電子マネーの導入によるお客様のリピート来店が期待できるだけでなく、チャージ履歴などをマーケティングデータとして活用することで、販促活動につなげることもできます。また、管理画面からは、チャージ可能金額やチャージした電子マネーの有効期限の設定なども行えます。

▼ブロックチェーン技術を活用、店舗独自の電子マネーを簡単に作れる「GMOアップカプセル電子マネー」を開発
▼GMOアップカプセル電子マネー公式サイト

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加