QR型タトゥー経由でビットコインを取り扱う、ラスベガスのストリッパー は COINNEWS に最初に表示されました。

関連記事:

あなたはいくつ知っている?~ビットコインに関する10のウソ話~ 日本の仮想通貨投資家、最大55%の税金から逃れる オーストリア、金やデリバティブと同様にビットコイン規制を目指す 米国海軍士官学校のビットコイン麻薬組織、米海軍調査官により逮捕 仮想通貨搭載ATM、ミシガンの一番人気の街で密かに息づく
" />

QR型タトゥー経由でビットコインを取り扱う、ラスベガスのストリッパー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨世界において、男性が多くの取引を行なっていて女性が少ないことが最近話題になりました。

ラスベガスのストリッパーといえば万人に受け入れられる存在ではないかもしれません。しかし、彼女らは、ビットコインを用いるという新しいお金、信用の使い方を示してくれています。また、銀行との潜在的な問題を避けられるのかを示している例なのです。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。

ビットコインダンサー

ラスベガスのニュース番組は、お客がダンサーにビットコインを用いて直接支払いができる性的娯楽施設を特集しました。

元々娯楽施設でビットコインが採用された理由は、2つでした。1つ目は、奥さんにクレジットカードの明細を見られるのを避けるなどといったプライバシー保護でした。2つ目は、ビットコイン長者の呼び込みでした。

現地の報道チームは、創業者のNick Blomgren氏と何人かのダンサーを取材しました。

Nick Blomgren氏は、来客者は店内にあるビットコインATMを利用して仮想通貨を買うことができると説明しました。さらに、ダンサーはスマホでスキャンできる一時的なQRタトゥーを身に付けることで、入金してもらう事が可能になります。

ビットコインを用いた娯楽施設の未来

お客のプライバシー保護だけでなく、仮想通貨を利用することは、ダンサーにとってもプラスになります。それは、どこで大金を手に入れたかの説明を省いてくれるからです。

ある一人のダンサーは「どこの銀行かは具体的には伏せるけど、私達が性的娯楽産業に携わっているからと言って口座を閉ざす様な銀行がいくつかあるんです。」と語りました。

どれほど頻繁にお客さんがビットコインを用いて支払いをするのか尋ねると、ダンサーのBrenna Sparksさんは、

「かなり頻繁にビットコインを用いて支払いをする人が多い。ここを訪れる人々は皆ビットコインに熱中していて、私はとても賢いなって感じます。彼らは本当に熱中しています。」

彼女は自身の預金残高を幾度も確認するそうで、

「凄く楽しいの。一回ビットコインを持つと、毎日価格が変動して楽しいの。」と語っています。26才のこのダンサーは若干19の頃から仮想通貨に興味を見出したそうです。

彼女と彼女の友達らは、仮想通貨が彼女ら性的娯楽産業に勤める人々の未来になるかもしれないと感じています。

Sparksさんは、「仮想通貨はP2Pで、匿名、そして一瞬よ。」と言います。

給料の一部を仮想通貨で受け取るDJSaint Clareさんは、

「初めてコンセプトを聞いた時、私はこれは何か今までとは全く違うものね、と感じたわ。」と話しました。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

Bitcoin.comLas Vegas Strippers Accept Bitcoin via QR Tattoos

投稿 QR型タトゥー経由でビットコインを取り扱う、ラスベガスのストリッパーCOINNEWS に最初に表示されました。