カーニーBOE総裁、仮想通貨に規制を要請、基盤整えば有効なシステムにも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国中央銀行のカーニー総裁はスカイTVとのインタビューで、仮想通貨はお金としての役割を満たしていないとの見解を繰り返した。仮想通貨は通貨として商品の購入に効率的ではないとした。また、不正取引や詐欺を取り締まる規制が必要だと訴えた。

加えて、「仮想通貨市場にはバブルの危険信号が見られる。通常バブルはかなり悲惨な損失で終焉を迎える」と警告。ビットコインが主要通貨にとってかわるとの考えに関して、「障壁はかなり高い」と述べた。

カーニー総裁はまた、スコットランドで「The future of money 将来の通貨」と題する講演で、英国中央銀行は銀行紙幣の質を通じて、英国のインフレ安定、金融システムの安定、軸となる支払いシステムの効率を守っていると指摘。

英国中央銀行は銀行間決済システム「即時グロス決済(RTGS)」を点検している。カーニー総裁はすでに、現在開発中の次世代即時グロス決済(RTGS)がブロックチェーン技術を組みこんだものであることを表明済み。

これにより、民間のイノベーションを反映することができ、仮想通貨資産の規制ができれば、より柔軟性があり、有効な支払いシステムを創設することが可能になるとした。こういった基盤ができれば、よりより支払いシステムや経済につながる可能性を指摘。将来の金融システムに食い込む可能性も否定しないとの考えも示した。

《KY》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加