分散型取引所(DEX)の現況 2018年3月版前編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Indiv(@indiv_0110)は、個人のエンパワーメントの文脈でBitcoinやEthereumに興味を持ち、それらの仕組みを調査している。ブログでは主にEthereumに関する情報を共有する。

この記事ではDEX(分散型取引所)についてまとめる。ここでは「自身で暗号トークンを移転するための秘密鍵を保持した状態で、トークンの交換を可能にする仕組み」をDEXとして扱う。故に仕組みが完全に分散化されていないものや、取引所というよりは販売所や交換システムに近いものもDEXとして取り扱う。

また、この記事はあくまで黎明期にあるDEXの現状を紹介するためのものであり、ここで紹介するDEXの利用を推奨するものではない。取引所からのトークン流出事件をうけて、セキュリティ面からDEXが注目されることもあるが、DEXも万能ではなく、未だに開発途上の技術であるという事実に注意されたい。

DEXのおさらい

2017年頃に複数のDEXプロジェクトがICOを行い、0xやKyberNetwork, AirSwapなどが多額の資金調達を行った。いずれのプロジェクトもEthereumのメインネットで既に稼働しており、トークンの交換が可能だ。

DEXは上に挙げたプロジェクト以外にもBitSharesのOpenLedgerやEtherDeltaなど多数ある。DEXは中央集権的な取引所に比べて高コストであり、Ethereum本体の性能改善やアトミックスワップによるトークン交換方法の確立など、技術インフラに依存する部分も大きい。コスト削減のために必要なオフチェーンでオーダーを管理する技術や、取引におけるトラストレスの割合を拡大させるアトミックスワップ、スマートコントラクト等の技術が徐々に整備されてきたことが2017年にDEXへの注目が高まった主因として挙げられるだろう。

2018年に入り、国家による取引所の規制やトークン流出事件等を受けて、DEXへの期待がますます高まっている。一方で、DEXの取引高は市場全体の1%程度に留まる。DEXの場合、オーダーの取り扱いは個々のプロジェクトによって特色があるものの、約定時にはブロックチェーン上で所有権の移転が行われる(オンチェーン処理)のが一般的だ。

"ブロックチェーン的に正しい方法"で所有権の移転が行われるからこそ、我々は自身の秘密鍵を保持した状態でトークンの交換を実行することができる。交換の完了にはトランザクション手数料の支払いが必要だ。中央集権的取引所の場合でも取引には手数料が掛かるが、DEXの手数料に比べると安価であることが多い。

これにはいくつか理由がある。中央集権的な取引所における取引は、データベース上のデータの書き換えで実行されるため、ブロックチェーン上でトランザクションを生成する必要がない。つまりブロックチェーン上での交換は行われておらず、それ故にコストの下限が低い。このことから分かるように中央集権的な取引所における取引とDEXにおける取引は、そもそも"交換"の概念が異なる。取引の根底にある概念が異なるため、そこに立脚して構築されるシステムの構成要素の多くが異なる発想に基いて開発される。

また取引所の運営会社は取引所だけを事業としているわけではないため、取引所は利益度外視で戦略的に運営できるという点もDEXとの相違点だ。

DEX利用者は約定時のオンチェーン処理手数料以外にも、交換の仲介を行う主体に手数料を支払うことが多い。交換の仲介を行う主体とは、取引におけるメイカーとテイカーをマッチングさせる機能を提供する者のことだ。オンチェーン処理のための手数料はマイナーに支払われるものだが、仲介手数料は、オーダーを処理する主体に支払われる。仲介者に対する報酬の構造は、個々のプロジェクトによって多少の差異はあるものの、本質的には同様の構造をしている。

では各DEXを概観していこう。

各DEX概観

AIRSWAP

Token Traderが稼働中。ASTとWETHの交換が可能。WETHはWrapped ETHのことで、ERC20準拠トークンとETHを交換するためにETH自体をERC20に準拠したものに変換するとETHがWETHになる。

AirSwapは、スケーラビリティやセキュリティの観点から、ユーザーがP2Pで交換できるような仕組みを目指している。17年11月に筆者がAirSwap開発者に尋ねたところ、ユーザーのマッチングやオラクルは当面AirSwap陣営が行い、徐々に第三者が参入できるような仕組みを構築し持続性を持たせるとのことだ。

https://www.airswap.io/

Altcoin Exchange | Decentralized Exchange via Atomic Swaps

Atomic Swapがテスト公開中。ERC20トークンのみならず、ビットコイン等を含んだ多数のトークン間のアトミックスワップの実現を目指しているプロジェクト。Decredの開発陣がDecredとライトコインのアトミックスワップを実行した際に使用されたコードを用いて、BTCとETHのアトミックスワップを成功させたと発表した。
※参考
Altcoin Exchange Performs First Atomic Swap Between Bitcoin and Ethereum - Bitcoin News

https://www.altcoin.io/

Bancor protocol

スマートトークンを用いて流動性の問題を解決することを目指しているプロトコル。スマートトークンは、単一、もしくは複数のトークンがリザーブ(準備金)として用意され、スマートトークンの価格はトークンの総発行量、準備率、準備金残高によって決定される。BancorのトークンBNT自体が準備金をEtherとし、準備率10%で発行されたスマートトークンである。二種類のトークンを50%ずつリザーブすることによって、このトークンペアの交換をトラストレスに行うことが可能だ。既に稼働しており
、ERC20トークンの交換ができる。スマートトークンの価格は売買(≒需給)に応じて変化するよう設計されており、価格弾力性は準備率の影響を受ける。

https://about.bancor.network/


参考:
24 Hour Volume Rankings (Exchange) | CoinMarketCap
State of Decentralized Exchanges, 2018 – ConsenSys Media
0x Tracker
https://about.bancor.network/static/bancor_protocol_whitepaper_en.pdf