メルセデス・ベンツ、優良なドライバーに仮想通貨「MobiCoin」を配布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツの自動車ブランド、メルセデス・ベンツを所有するダイムラーが、スペイン・バルセロナで開催されたモバイル端末のイベント「Mobile World Congress」の中で、ブロックチェーンベースの仮想通貨「MobiCoin」を発表しました。COINTELEGRAPHによって伝えられています。

このMobiCoinは環境に配慮するドライバーに報酬として与えるとし、今後3ヶ月間のテスト期間で500人の運転手を対象とします。このプログラムに参加する車両からダイムラーに運転時のデータが転送され、そのデータをもとにMobiCoinがモバイルアプリに保存されるとしています。

最も多くMobiCoinを保有する参加者には、DTMレースやメルセデスカップ、ベルリンのファッションウィークなどのイベントのVIPチケットが貰えるといいます。また、MobiCoinは従来の仮想通貨のように法定通貨やその他の仮想通貨と交換できるかは現状では分かっていません。

最近ではドイツの車両メーカーはブロックチェーン技術の採用に向けて積極的に研究・開発を進めており、ダイムラー以外にも、BMWやポルシェもブロックチェーンの導入に向けて開発をしています。

車両の走行データなどを改ざんの出来ないブロックチェーン技術で管理することで、正しいデータの収集などに役立ち、また事故や故障時にこういったデータが使われることで、どのような運転をしていたのかも把握できる新しい試みとして活用が考えられています。日進月歩、技術の発展にますます期待の声が高まっています。

参考:COINTELEGRAPH

No tags for this post.