2018年 3月 の投稿一覧

altcoin.ioは2018年開設予定&事前登録受付中!アルトコイン.ioの魅力と登録方法を解説!

altcoin.ioは、分散型取引所(DEX)として2018年初頭に開設予定のアメリカの仮想通貨取引所で、
現在事前登録受付中です!

本記事では、そんなaltcoin.ioの魅力と事前登録の方法についてご紹介していきます。

[btn class="rich_pink"]altcoin.io 公式サイトはこちら[/btn]

altcoin.ioの概要

altcoin.ioは、2018年に開設予定の仮想通貨取引所です。
現在準備中で、事前登録受付となっています。

altcoin.ioの特徴として、アトミックスワップ搭載の分散型取引所(DEX)であることが挙げられます。
アトミックスワップ・分散型取引所(DEX)についてはそれぞれ後ほどご紹介していきます。

altcoin.io 公式サイトはこちら

分散型取引所(DEX)とは?

altcoin.ioの特徴の1つ目として、分散型取引所(DEX)であるということが挙げられます。

そもそも、分散型取引所とはどんな取引所なのでしょうか?

DEXとは、Decentralized Exchangeの略で、日本語にすると「非中央集権取引」となります。
つまり分散型取引所の反対は中央集権型の取引所ということです。

中央集権型の取引所は、管理者(運営会社等)がいて、セキュリティ面ではその管理者の一点集中になります。

例えば日本の仮想通貨取引所でいうと、コインチェックやZaifと言った取引所は
それぞれコインチェック株式会社・テックビューロ株式会社が運営しています。

こうした中央集権型の取引所の場合、
管理サーバーがハッキングなどの攻撃を受けると一気に損失が広がる可能性があります。

一方、分散型取引所はブロックチェーン上にできる取引所のことです。
ブロックチェーンを利用して個人間で取引します。

メリットとしては、取引において運営会社等の管理者が介入しない代わりに
秘密鍵を自分で管理します。そのためウォレットからの直接取引が可能です。

また、間に管理者が入らないため手数料が発生しないというのもメリットです。

管理する母体(運営会社)がないということは、本人確認や登録なども不要です。
運営会社の破綻などによって自分の資産がなくなるというリスクも回避できます。

デメリットは、直接ブロックチェーンへ取引の記録を行うため、取引に時間がかかる点が挙げられます。

altcoin.io 公式サイトはこちら

Atmic Swap(アトミックスワップ)とは何か?

altcoin.ioの2点目の特徴であるAtmic Swap(アトミックスワップ)についてご紹介します。

Atmic Swap(アトミックスワップ)とは、
取引時に相手方が信用できない場合に、暗号を介して取引することで取引の不安定化を解消する仕組みのことです。

どういうことかというと、大石哲之さんのビットコイン研究所ブログの説明がわかりやすいので下記引用します。

例えば、LTさんのLTCと、BTさんのBTCを交換することを考えてみよう。

取引をするには、どちらかがまずコインを相手に送ることが必要になる。
コインが相手に届いたことが確認されれば、相手はコインを送り返す。
これで取引が成立することになるが、この手順には誰にでも指摘できる欠点がある。


相手がコインを送り返さずにそのままバックレることが可能だということだ。

つまり、これは相手が信用に足る人物だという前提に、それを信じてどちらかが先にコインを送らなければならない。

アトミックスワップでは、この問題を暗号的手法で解決する。
相手を信用する必要なく、コインの交換を行うことができるようになる。

相手が誰であろうが、匿名であろうが、素性を一切知る必要なく、安全にコイン同士の交換が可能になる。

イメージできたでしょうか?

先に説明の通り、分散型取引所(DEX)の場合管理者が存在しません。

ということは、世界中の人と直接取引をしなくてはならないのです。
どこのだれか分からない人と取引するわけですから、自分の仮想通貨だけ取られてしまうようなトラブルもあり得ます。

それを解消するための暗号化ツールがアトミックスワップです。

altcoin.io 公式サイトはこちら

altcoin.io取り扱い予定通貨

altcoin.ioで取り扱いを予定している通貨はどんなものがあるのでしょうか?

正式なリリースはまだないようですが、一方で、上場通貨の投票を募っています。

3月現在での投票状況は下記のとおりです。

また、公式サイトのウォレットイメージから、
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)をはじめ、オーガー(Augur,REP)、アラゴン(Aragon,ANT)などの取り扱いが検討されているようです。

altcoin.io 公式サイトはこちら

altcoin.ioの事前登録方法

altcoin.ioの事前登録は、メールアドレスの登録のみとなっています。

まずは、公式サイトへ。

Emailの欄にメールアドレスを入力し、「Sign Up Now」をクリックして事前登録完了です。

メールを確認すると、このようなメールが届いています。

この案内から、取引のテスト画面などを確認することが可能です!

これまでの多くの取引所よりも、より安全で公平な取引所になることが期待されるaltcoin.io。

オープンが待ち遠しいですね。

あなたも事前登録をしてみてはいかがでしょうか?

[ex-ovse-altcoin.io]No tags for this post.

【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!!

仮想通貨のNEM(ネム、単位はXEM)が海外の大手取引所Binance(バイナンス)に上場したことを、公式がアナウンスしています。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Coincheck(コインチェック社)の事件もまだ記憶に新しい仮想通貨のNEMが、取引高世界一位(2018年3月20日時点)の超大手取引所「Binance」へ上場しました。

事件以降価格の下げを見せていたNEMですが、ここに来て一気に価格が高騰しています。

Binance 公式サイトはこちら

仮想通貨のNEMは処理時間の短さやその利便性から決済などに多く使用されており、日本でも根強いファンの多い仮想通貨です。

ここからの価格の巻き返しに期待がかかっています。

[ex-ovse-Binance]
[ex-ja-XEM] [ex_list_ovse]No tags for this post.

ビットコイン週間概況-3/9~3/15

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(3/15終値) 890,900円 8,401.15米ドル
時価総額 150,746億円 1,422億米ドル
3/9~3/15の4本値
始値 高値 安値 終値
1,046,200円 1,066,720円 827,001円 890,900円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
3/9 ~ 3/15 1,996,643,443,202
3/2 ~ 3/8 1,759,330,707,495 11.9%
2/23 ~ 3/1 1,573,877,693,496 10.5%
2/16 ~ 2/22 2,461,944,914,677 -56.4%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-3月19日-2018-21-22-17

 

Bitcoinはここ最近の価格回復を活かすことができず、別の急落の可能性が出てきた。今週初め、「東京の鯨」と名付けられた影響力のあるBitcoinの所有者が、仮想通貨売却を一服させたニュースがあった。同時にBitcoinの価格が水曜日にかけて引き上げられたことで、これは市場心理を変え始めた。

 

「東京の鯨」とは、過去に破産した東京のBitcoin取引所であったMt.Goxの破産管財人のことで、 先週公表された文書によると、債権者への返済のため約4億ドル相当の仮想通貨を売却したという。この鯨はまだおよそ16億ドルの仮想通貨を保有しているが、まだ残されている返済についての報告は9月まで行われないとの見通しから、一部の市場アナリストはこれが市場心理を和らげたと指摘する。

 

しかしこの市場心理の変化は、潜在的な懸念のニュースが仮想通貨のコミュニティにあったことからすぐに終わった。

 

 

GoogleはFacebookと同じく、Bitcoinや他の仮想通貨に関するオンライン広告を禁止すると発表した。これは、世界の2大デジタル広告プレーヤーが、仮想通貨に背を向けたことを意味する。近いうちに、Googleが仮想通貨広告に対する立場を発表するという噂が市場にあったが、2018年6月に仮想通貨広告を禁止予定であると14日水曜日に公式に明らかにした。 まとめると、ICOに関する広告の全面禁止、同様にウォレット、取引所、取引、そして取引へのアドバイスが禁止対象となる。

 

この動きは、ICOに関する広告を禁止するカナダと米国からの高まる圧力を考えると、驚くほどのことではない。

しかしIMFの専務理事クリスティン・ラガルド氏のブログ記事は、やや予期せぬものだった。

 

ラガルド氏は、世界各国の規制当局に対し、仮想通貨がマネーロンダリングとテロ資金供与の主要な新しい手段となる可能性を打ち砕くよう促した。過去に彼女はBitcoinまたはブロックチェーン関連技術に肯定的な投稿が多かったので、少し失望だった。ラガルト氏のコメントにもかかわらず、Bitcoin先物はその取引量が増え始めており、機関投資家は必ずしも彼女のコメントに同意していないことを意味している。実際に、bitcoin先物は金融商品として徐々に動きを活発化している。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/3/15(基準日) 890,900円
2018/3/14(1日前) 945,525円 -54,625円 -5.78%
2018/3/8(1週間前) 1,045,235円 -154,335円 -14.77%
2018/2/15(1ヶ月前) 1,050,807円 -159,907円 -15.22%
2017/12/15(3ヶ月前) 2,018,899円 -1,127,999円 -55.87%
2017/9/15(6ヶ月前) 389,300円 501,600 128.85%
2017/3/15(12ヶ月前) 145,300円 745,600円 513.15%

Prices provided by bitFlyer

No tags for this post.

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「急落!ネガティブなニュースが相次ぐ」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

こんにちは。国府勇太です。

今週(3月12 日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

btcjpy0312_01

先週を一言で表すと「下落!再び100万円割れ」です。

 

3月5日(月)に1,208,402円でスタートしたビットコイン円。

先々週までの堅調な動きとは違い、今週は下落に転じました。

 

6日(火)、7日(水)、8日(木)と3日連続でしっかりの陰線(始値より終値が下がっている足)となって100万円を割り、

9日(金)には一気に安値902,000円まで下げ90万円割れ直前まで下落が進みました。

 

下落の要因となった主なニュースは2つです。

 

まず一つ目は、7日(水)にマウントゴックスの破産管財人が、債権者に現金で配当するために残されていたビットコインの一部を売却したこと。

売却したのは430億円分です。

 

二つ目は、複数の仮想通貨交換業者に対する金融庁の行政処分報道があったこと。

 

これらが重なり先週は大きく下げました。取引所リスクは、仮想通貨マーケットへの影響が大きいので今後も警戒が必要です。

 

その後、週末に反発し再び100万円を超え結局1,025,264円で週末クローズしましたが、今週に入って再び下げています。暗い一週間でした。

 

今週の見通しは?

 

ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。

 

ボリンジャーバンドとは、1980年頃に開発されたテクニカル分析のひとつで「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。

 

btcjpy0312_02

 

今回、注目するのがバンドの下のラインである-2σ(シグマ)です。

 

先週の下落でこのバンドのラインにタッチしています。

 

一般にこのラインは「反発のポイント」でもあります。

前回もこのラインにタッチして、安値645,650円をつけてから一気に120万円越えまで上昇しています。

 

なので「90万円を割ったポイントで買い(ロング)」は戦略としてはアリです。

 

しかし、真ん中のMA(点線)が下向きなのが気になります。

これは「トレンドが下落」ということなのでさらに下げが加速するリスクを示唆しています。

 

こういった局面では買いは一度にエントリーせず、複数回に分けて、平均保有コストを下げていくイメージでポジションを持つとパフォーマンスがあがりやすいです(分割エントリー)。

「買って、下げれば買い増す」というイメージです(「下落したから、あわてて買い増す」というナンピンとは違います。)

 

現在ネガティブなニュースが多く流れてマーケットが荒れる可能性もあります。

 

一度にエントリーするともう一段下げたときにただ眺めているだけしかできません。

ほとんどの初心者の方はこういった分割エントリーができないのですが、こういった手法を覚えるだけでトレードの幅が広がり他の人より一歩抜きん出ることができます。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No tags for this post.

コインチェックが3種類の匿名通貨取り扱い中止?保有している人は要注意!

コインチェックが送金先を特定出来ない3種類の匿名通貨を取扱い中止するかもしれません。

 

モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、DASH(DASH)がコインチェックから消える?

時事通信が16日に、コインチェックが3種類の匿名通貨、モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、DASH(DASH)の取り扱いを打ち切る方針で調整していると報道しました。

コインチェックは、約580億円にも及ぶ仮想通貨ネム(NEM/XEM)を流出させた事件により、セキュリティの見直しを実施することを発表していました。

見直し内容としては、コインチェック社内の機器を一新、セキュリティ部門の設立、取り扱い通貨のリスク洗い出し等を行う旨を記者会見で公表しました。

匿名通貨はプライバシー保護の観点からすると優れているものの、匿名性に優れている為に犯罪に使われやすいという一面があります。

通常、仮想通貨の送金はブロックチェーンによって送金先を特定出来ますが、

匿名通貨に関しては送金先が特定出来ないという特徴から、資金洗浄(マネーロンダリング)に使用されているという懸念があります。

結果として、コインチェックは取扱いリスクの高い匿名通貨3種類を打ち切りにする方針の模様です。

 

既に該当の匿名通貨を所有していた場合は?

既にモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、DASH(DASH)を所有している人に対しての対応は決まっている様です。

時事通信によると、「顧客から預かっている3種類の匿名通貨は一定額で買い取ったり、本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方針」との事です。

本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方針」という文言がある為、免許証や健康保険証だけでなく、マイナンバーカードなども必要になる可能性があります。

どういった本人確認を行うのかは現在不明ですが、コインチェック内で上記3種類の匿名通貨を所有しており、かつスムーズに出金、買取を進めたいという方は、

コインチェック公式から取扱い中止のアナウンスが出た後に本人確認に必要な書類を用意する事をオススメします。

 

今後、仮想通貨の取引するならどの取引所?

仮想通貨の取引を考えているなら、DMM Bitcoinを強くオススメします。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、レバレッジ取引を出来る唯一の取引所だからです。

レバレッジ取引が可能なアルトコインは7種類。

 

レバレッジ率は最大5倍となっています。

仮想通貨が話題になっているのに、手を出せなかった人には待ち望まれていた取引所とも言えます。

そして、DMM Bitcoinのスマートフォンアプリは見やすくて操作も簡単なので非常に評判が良いです。

 

さらに、各種手数料はレバレッジ手数料を除き無料となっています。

 

何か分からない事疑問があったとしても、すぐに問い合わせる事が可能な365日24時間サポート完備

LINEでの問い合わせにも対応しており、

取引初心者の方から上級者の方まで幅広い人にオススメ出来る取引所です。

 

コインチェックから取引所を移動する人が増加することが予想されます。

出遅れてしまうと、口座開設に時間が掛かってしまう為、早めの行動を心がけましょう!

早めに口座開設しておく事をオススメします!

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「WeChat」テンセントがリップルに約2.120憶円出資か?

テンセントがリップルへ20憶ドル(約2.120憶円)出資のウワサ

テンセントは、有名アプリSnapchat、Tesla、Spotifyなどの株式を買収し、人気のあるメッセージアプリWeChatを所有している中国の大手企業です。

そのテンセントがリップルのテクノロジーに対して投資する準備が整った。とripplenews.techが報じました。

リップル社とリップル社経営陣は、インタビューや、フィンテック会議を通じてリップル社の製品が大きな可能性を秘めている事を人々に認識してもらう事を目指しており、

その目標を手助けしてくれる前向きなニュースの多くは、ヨーロッパとアメリカから届いていました。

ですが、ripplenews.techによると、実際に大きなニュースを持ってきてくれたのはアジア、特に香港からで、テンセントの経営陣が取締役会で「リップル技術に対する投資の申請を承認した」という情報を得たとの事です。

現時点でリップル(XRP)の価格は0.68ドルですが、テンセントから正式に「リップルに対して出資を行う」というニュースが発表された場合、

リップル(XRP)が大きく値上がりする可能性があります。

 

テンセントがリップルに出資するメリットは?

テンセントがリップル(XRP)に20憶ドルという巨額の出資をした場合、約10-15%程度の株式を手に入れられると予想されており、アジアでの活動を牛耳る事も視野に入ります。

とある情報源によると、テンセントは今後12ヶ月間に20憶ドル(約2.120憶円)をXRPに投資する予定との事です。

まずは、今年7月に最初の10億ドル(約1.060憶円)をXRPに投資する予定です。

テンセントの狙いとしては、リップル技術をWechatに統合する事により、AlibabaとAmazonが有するモバイルペイメントに対して技術戦争を開始する事です。

リップルの技術は現在、企業、決済プロバイダ、銀行をメインに提供されていますが、テンセントは企業だけではなく、アジア圏の一般顧客に対してリップル技術を提供する事が目的と思われます。

 

テンセントは近いうちにこの情報を公表する予定とされていますが、これに対して質問を送っても返事はありませんでした。

 

テンセントのメッセンジャーアプリ「WeChat」とは?

テンセントを一躍有名にしたアプリ「WeChat」は中国版のLINEです。

主に中国で多くの人々が利用しており、既に約6億人以上の中国人(中国の人口の約半数)がWechatを利用しており、他のアプリと比べると圧倒的なユーザー数です。

さらに、Wechatが推し進めている決済サービス「Wechat Pay」、日本でいうところのLINE Payのようなサービスです。

 

中国では、アリペイという決済サービスが台頭していましたが、Wechat Payはそのアリペイに追いつく程にまで急成長を遂げています。

イベント会場の支払いなどではWechat Payが多く利用されており、普段の支払いはアリペイで行う人が多い様です。

(参考記事:https://ripplenews.tech/2018/03/14/scoop-chinese-giant-tencent-ready-invest-2-billion-dollars-ripple-technology/)

 

まとめ

中国の人口の半数近くにも及ぶ6億人以上が利用するメッセンジャーアプリ「Wechat」を運営するテンセントがリップルに対して出資するというニュースが発表された場合、

仮想通貨に興味がないが、Wechatを利用しているという中国人がリップル(XRP)に対して興味を抱く事が予想されます。

結果として、このニュースが現実となった場合、リップル(XRP)の価格にプラス方向の影響を与えると思われます。

現在はまだ報道ベースの発表である為、テンセントの公式発表や、リップルの公式発表にご期待ください。

 

リップル(Ripple/XRP)をオトクに取引するならどの取引所?

リップル(Ripple/XRP)の取引を考えているなら、DMM Bitcoinを強くオススメします。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、レバレッジ取引を出来る唯一の取引所だからです。

レバレッジ取引が可能なアルトコインは7種類。その中には当然リップル(XRP)も含まれています。

 

レバレッジ率は最大5倍となっています。

仮想通貨が話題になっているのに、手を出せなかった人には待ち望まれていた取引所とも言えます。

そして、DMM Bitcoinのスマートフォンアプリは見やすくて操作も簡単なので非常に評判が良いです。

 

さらに、各種手数料はレバレッジ手数料を除き無料となっています。

 

何か分からない事疑問があったとしても、すぐに問い合わせる事が可能な365日24時間サポート完備

LINEでの問い合わせにも対応しており、

取引初心者の方から上級者の方まで幅広い人にオススメ出来る取引所です。

 

仮想通貨市場に多くの人が参入すればするほど口座開設に時間がかかる可能性があります。

早めに口座開設をしておく事によって、市場が盛り上がった時に出遅れるという事態が無くなります。

テンセントやリップルからの正式発表の前に!

口座開設しておく事をオススメします!

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.