ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコインまた暴落!原因はマウントゴックスと韓国市場にあった!マウントゴックス解説も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコイン市場は5月5日に108万円の高値をつけると反落。11日は節目であった100万円を割り込み、本日まで一時10%を超える下落をする場面もありました。

また、アルトコインもビットコインにつられ下落し、仮想通貨市場は全面安の展開です。

下落の要因と言われているのが、マウントゴックスによるBTC売却と韓国の大手取引所の家宅捜索です。

 

マウントゴックスのコールドウォレットから8,200 BTC(83億相当)が送金を確認

マウントゴックスの巨額の売りは、投資家の売りにつながり、また額が大きいために直接市場に影響を与えているとも言われています。

11日にはblockchain.infoで閲覧できるトランザクションでアドレス「1LncfoCX1yzuiW3hzejarvgZ1WahnAQ4o4」に8,214.97084 BTC(約83.8億円相当)が送金されたのが確認されました。

 

マウントゴックスとは?

マウントゴックスは2010年からビットコイン取引を開始した、いわば最初期の取引所です。

2011年にハッキング被害にあい、2014年に会社は破産しました。

悪いかたちではありますが、マウントゴックスの事件がきっかけでビットコインの認知は広まっていくこととなります。

取引所がハッキング被害にあると「GOX(ゴックス)する」「GOXされた」などとネットでは言いますが、マウントゴックスの事件から生まれた言葉です。

 

売却の経緯

今年の3月には、マウントゴックスが保有してる20万BTC(BTC100万円で2000億円相当)のうち、400億円相当のBTCを売りに出していたことが東京地裁に提出した報告書で明らかになりました。

単純計算でまだ16万BTC(1600万)残っているとされており、それが市場の売り圧力につながっていると指摘する報道が多いです。

ちなみに、ビットフライヤーの板が1日で約20億円~25億円なので、その規模はマウントゴックスが本気で売ったら取引所がつぶれてしまうほどです

 

事件は未解決

マウントゴックスの顧客にはBTCが返還されておらず、事件は完全に解決していません。

先月にも1億円4000万円相当の移動が確認されており、今回はそれを超える83億円相当の移動が確認されました

過去には相場下落のタイミングと売却のタイミングが一致したことも多くあり、今回の下落もマウントゴックスの売却が原因という声も多くあります。

 

韓国の大手取引所Upbitに家宅捜索

もう一つの下落要因とされているのが、世界第4位の規模を誇るUpbitの家宅捜索です。

同社は実際の仮想通貨保有量よりも多くの仮想通貨を販売していた疑いで家宅捜索は現在も続いています。

 

一大事件に発展する可能性も?

韓国検察は今年の3月から仮想通貨取引所の捜査をおこなっており、先月はCoinnestのCEOが詐欺の容疑で捕まりました

11日、この報道嫌気し、韓国の仮想通貨市場は世界の市場よりも大幅に下落しました。

本当にUpbitが詐欺で捕まると、取引高を考えると世界に影響します。

なので、この不安感が投資家の売りにつながっているという指摘が多いです。

 

まとめ

今回の下落は、もともと調整気味で伸びな悩んでいた相場に、悪い大きな材料が2つでたのが原因といえるでしょう。

ビットコイン円 日足 4月9日~5月12日

チャートは4月9日安値約71万円から5月5日高値約108万円を結んだフィボナッチです。

本稿執筆時点で半値戻しである90万円近辺がサポートとなっています。

ここを抜けてしまうと最後のサポートが61.8%戻しの83~85万円です。

Upbitの動向は気にする必要がありますが、今回の下落は長期的な要因ではありません。4月12日の上昇から中期的な流れは上昇トレンドにあるので、まずは83万円~85万円でサポートされるかに注目したいですね。

また、来週からは世界最大規模の仮想通貨イベント「コンセンサス」が開催され、米スタートアップのサークル社の特別発表も予定されています

コンセンサスでのサプライズで下落の流れが変わることに期待しましょう

 

仮想通貨を取引きするなら

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、クラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの全7種類です。

また、アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

相場は下落気味ですが、反対に安いうにちに仕込むチャンスともいえます。

再度価格が上がる前に、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.