韓国銀行連合会、顧客ID確認にブロックチェーンを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国銀行連合会が今年の7月から顧客ID確認にブロックチェーンを活用することが明らかとなりました。日本のソフトバンクもアメリカのスタートアップと提携し、ブロックチェーンを活用した認証システムを開発しました。PCだけでなくスマホやタブレットなど、多様なデバイスからサイトにアクセスするようになった今、ブロックチェーンが個人情報をハッキングから守ってくれるかもしれません。

74238121.jpg



No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加