2018年 6月 の投稿一覧

仮想通貨のチャートには上昇シグナルが!?ナスダックCEOは「仮想通貨は今後発展していく」と発言

仮想通貨市場は5月28日に安値をつけて以来、回復の傾向にあります。

ビットコインは6日深夜0時ごろに大幅な上昇を記録。主要なアルトコインも同じ動きです。

また、XRP(リップル)に関しては、6月にはいりポジティブなニュースが多く、他の通貨に比べ上昇幅が大きいです。

チャート分析

ビットコイン、イーサリアム、リップルのチャートをみていきましょう。

 

ビットコイン/ドル 4時間足

チャートはビットコインの4時間足にトレンドラインと20日移動平均線を表示させたものです。

上の矢印は5月6日、ここから下落始まり5月28日(下の矢印)まで約1ヵ月のあいだ下落しました。

6月2日には、5月6日と5月21日高値を結んだトレンドラインをブレイク。チャート上では先月の下落局面はいったん収まったと判断できます。

日本円だと、直近で85万~86万円がレジスタンスになっており、ここを超えていけるかが次の上昇の鍵となりそうです。

 

イーサリアム/ドル 4時間足

イーサリアムもビットコインと同じトレンドライン・移動平均線を表示させたチャートです。

高値と安値をつけるタイミングもビットコインと同じです。

ビットコインはトレンドラインを明確にブレイクしていますが、イーサリアムはまだうわ抜けしていません。

ただ、本日の上昇でうわ抜けしかかっており、このまま価格を保てれば上値トライの展開になりそうです。

 

リップル円

そして、上の2つより強い動きをしているのがリップルです。

ビットコインよりも早く5月30日にトレンドラインをうわ抜け、現時点も20日移動平均線をサポートに推移しています。

リップルは6月よりアメリカの取引所DXに上場しています。DXはナスダックの監視システムをつかった取引所であり、リップルの取り扱いが難しいアメリカの取引所なので注目を浴びています。

また、国内ではSBIバーチャルカレンシーがリップル円で先行口座を開始しています。

 

ナスダックCEOは仮想通貨が発展していく旨を発言

5日のブルームバーグのインタビューで、ナスダックCEOアデナ・フリードマン氏は「仮想通貨が実用的な物になるだろう」とコメントしました。

ナスダックのような認可された証券取引所が仮想通貨を扱えば、市場に資金が入り、価格も上昇することが期待されています。

ナズダックCEOは4月にも仮想通貨プラットフォームを作るのを検討していると発言しており、今後も動向が注目されています。

 

まとめ・6月と7月に注目があつまる仮想通貨市場

まず、仮想通貨市場は、直近の高値を超えていけるかが最大の注目ポイントです。

5月末の安値からは回復傾向にあるので、このまま価格を維持・上昇していければ上昇トレンドの復帰が期待できます。

また、7月はウェブボットがビットコインが注目されると予想をしています。

SBIバーチャルカレンシーやアメリカのDXなど、世界的に仮想通貨取引が盛り上がるようなニュースが6月に入って多いです。

このまま価格を維持し、上昇するのを期待したいですね。

 

これから仮想通貨の取引を始めるなら

GMOコインこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です

先日からイーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュのレバレッジ5倍のサービスが開始され話題にもなっています。

ビットコインではレバレッジ10倍の取引が可能。

 

通貨種類 レバレッジ倍率 日本円入出金手数料 取引手数料
ビットコイン 最大10倍 無料 無料
アルトコイン4種類 最大5倍 無料 無料

また、初心者のかたでも簡単にできる注文と手数料の安さも魅力です。

 

セキュリティー面では、コールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策をとっています。

リップルはこれから価格が上昇するのがおおいに期待できます

まだ、価格の安いうちに、少額からでも仕込んでチャンスを逃さないようにしておきましょう

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨長者、国税がマーク・・・申告漏れ許さず

1: 2018/06/06(水) 15:14:53.28 ID:CAP_USER
国税当局が仮想通貨の取引で多額の利益を得た投資家らの情報収集を進めている。


 取引で得た利益は「雑所得」に区分され、年間20万円超の利益が出た場合、確定申告の必要がある。

 2017年に仮想通貨取引を含めた雑所得の収入が1億円以上だったと申告した人は331人。
国税当局は投資家らの取引記録などをデータベース化しており、申告漏れなどの疑いがあれば、
税務調査に乗り出す方針だ。

 「税理士に相談して申告したが、所得の計算にかなり手間取った」。
東京都内でソフトウェア会社を経営する男性(42)はそう語る。

no title


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180606-OYT1T50044.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528265693/


続きを読む No tags for this post.

【悲報】今度は仮想通貨ZenCash(ZEN)が51%攻撃を受け約6000万円の被害・・・

zen


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

ビットコインFXで2500円から1000万円にした人が再び降臨wwwwwwww

286: 2018/06/05(火) 00:23:53.14 ID:0K/ZbNtX
おいっw 

2500円 (@2500_100)さんが0:47 午後 on 月, 6月 04, 2018にツイートしました。 
彼女に、4時間足見せて、苦しそうじゃない?って話振ったら、 
15分足見せてきて、元気そう!って言われた 

謎の感性でトレードしてます。 
(https://twitter.com/2500_100/status/1003483412773068800?s=03)


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1528121267/


続きを読む No tags for this post.

xRapid(リップル)を大手銀行が採用!?CEO「2019年までに数十の銀行が仮想通貨XRPを使用する」

 

4日に開催されたフィンテックイベント「Money 20/20 Europe」にリップル社CEOガーリングハウス氏が参加しました。

その後のCNBCのインタビューで「来年末までには、数十の銀行がXRPを使用すると考えています」と発言し注目を浴びています。

要点

・Money 20/20 Europe

世界中の銀行が集まる最大級の金融カンファレンスです

・来年末までに複数の銀行がXRPを利用するのに期待?

ガーリングハウス氏の発言通りになれば来年末までに複数の銀行がXRPを使うことに。

今後の展開に注目が集まっています。

ガーリングハウス氏の発言通りになればリップル社に大きな進展か

ガーリングハウス氏は発言したのは、CNBC内のインタビューでのことです。

世界最大級の金融カンファレンスのあと、CEOが直接コメントしたので、信憑性は高いでしょう。

ただし「考えています」という文言をつかっているので、まだ決まった事実ではないというは注意しておきたいですね。

xRapidとは

簡単にいうと、リップル社の製品です。

リップル社はユーザー(主に企業)の目的別に3つの製品を提供しています。それが、xRapid、xCurrent、xViaです。

大手の銀行がxRapidを採用する=銀行がxrpを採用すると考えていいでしょう。

 

ビットコインとの比較についてコメント

インタビュー内で、ガーリングハウス氏はビットコインについてもコメントしています。

ツイッターCEOの「ビットコインは10年後に世界共通通貨になる」という発言に対しては一定の役割をもつが万能薬ではないという意見のようです。

また「XRPはビットコインより数千倍高速で、またトランザクション毎にごとに千倍安い」とも発言しています。

ガーリングハウス氏は先日もビットコインとXRPの価格が連動することがなくなると発言し話題となりました。

要するに今後、仮想通貨は専門的な役割が強まっていくということをいいたいのでしょう。

たとえば、XRPは送金専門の仮想通貨、ビットコインは価値保存のため、などです。

 

XRPが実用段階にきている

リップル社はこれまで多くの大手企業や銀行と提携を発表してきました。

しかし、2018年に入ってからは「XRPを実際に使った取引」というステージに移行しているようにも思えます。

サンタンデール銀行はリップルのブロックチェーンを利用したアプリをリリースしましたが、なんと顧客の50%がリップルブロックチェーンを利用しているようです。

 

まとめ

まだ確定した事実ではありませんが、サンタンデール銀行のアプリを考えると、ガーリングハウ氏の発言通りになってもおかしくはありません。

そうすれば、XRPの価格上昇にも期待でき、リップル社にとって大きな進展となります。

今後もXRPを実際に銀行が使う、XRPを使ったアプリが登場する可能性もあるので、そちらも期待できそうです。

今回のガーリングハウス氏の発言については、続報を待ちましょう。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨スピンドル(SPINDLE)に関するガクトさんからのありがたいお言葉がこちらwwwwwww

370: 2018/06/05(火) 21:28:33.02 ID:HeZIhyFY
幕張のイベントに12,000人も応募あったらしいが 
生配信の視聴数は500ぐらいで安定してたな 
まあ入れ替え分を甘めに加算して650人ぐらいか 

───ガクトさんからのありがたいお言葉─── 
1日の値動きで一喜一憂するやつは全部売っていいよ 
プロジェクトが始動してから文句言ってくれ 
まだZETAが実装されてないスピンドルに価値がないのは当然 
上場前からこれくらいの値動きになるだろうと予測していた 
エアドロは60日後に反映されるからチャンネル登録してやり方を見ろ 
エアドロが反映されてないって質問ばっかりするな 
これからさらに大きな取引所へ上場、イベントなど報告できると思うので楽しみに 
─────────────────────── 

今回の見どころは冒頭で上場後に値下がり続けてる話の説明中に 
初期に面白いと思って投資に参加してくれた人はまだ元本割れしてないという旨の発言をして 
女が英語で通訳するのを困惑したところぐらいだな

oshirogakuto


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1527166411/


続きを読む No tags for this post.

【悲報】仮想通貨Withcoinさん、また嘘を重ねてしまう・・・

484: 2018/06/05(火) 20:32:09.05 ID:JyjqDYEN
【WithCoinの新情報】 

松山光市です。 

WithCoinに新しい動きがありました。 

現在、HITBTCから撤退して別の取引所への上場準備をしております。 

具体的な取引所、上場日などは現在は非公開とさせて頂きます。 

情報を先出しにすることで様々な憶測を呼ぶことになり、良くも悪くも影響が出ることを懸念して完璧に公開して良い段階になり次第、お伝えさせていただきます。 

ひとまず現時点で確定しているのは、 

『フィリピンカード会社にてWithCoinの取扱が決定』 

ということです。 

また、 

『中国のある銀行が発行するカードにて、WithCoinから法定通貨(日本なら円)に換金可能』 

『フィリピンの飲食店でWithCoinの支払い店舗が6月16日からオープン』 

ということも決まりました。 

カジノ内だけでなく、実生活の中でもコインを使うことでより便利な社会になることを目指してこれからさらにWithCoinを普及してまいります。 

そして、WithCoinがどの国でよく検索されているかもリサーチしました。 

その結果、 

1位:アメリカ 
2位:インド 
3位:日本 

となっています。 

日本国内だけでなく、世界的にもWithCoinの知名度は上がってきています。 

また、これは実際にマニラで飲食店を経営している方から聞きましたが、ビットコインは送金速度が遅いです。 

それに価格の変動も激しく、経営的に使いにくいと言います。 

ビットコインよりもWithCoinの方が使いやすいので、ぜひこれからマニラにWithCoinが使える店舗を増やしてほしいと言っておられました。 

同様の声は他からも聞こえてきています。 

投機的に乱高下を繰り返すのではなく、本来の価値である流通を高めて、値崩れせず中長期的に伸びていくコインを目指したいと思っております。 

引き続き新しい情報は共有させて頂きますね。 

よろしくお願いします。 


松山光市


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1527771771/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨の中で最強のクソコインwwwwwwwww

73 : 2018/05/10(木)20:28:24.63 ID: hdIv7QHs.net

人知れず散っていったやつなんて腐るほどあるし、そんなん挙げてもつまらんだろ 

・知名度の高さ(インフルエンサー、有名人の関与) 
・影響度の高さ(どれだけ人を巻き込んだか) 
・期待に対する爆死っぷり 

あたりが評価ポイントだろう 

つまりHERO優勝


hero

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/cryptocoin/1525806034/0-

続きを読む No tags for this post.

bitbankがXRP取引量で再び世界No.1に!リップルを買うならビットバンクがおすすめ!

ビットバンクがリップルの取引量で世界一位になったことを報告しています。

[kanren postid="2667"]

ビットバンクが「リップル社公式の取引量ランキング」で堂々の世界一位に!

ビットバンクでは過去に何度かリップルの取引量で世界一位となっていますが、今回はリップル社公式の取引量ランキングにて世界No.1となっています。

過去の記録に関しては、下記のbitbankのTweetで確認することができます。

ビットバンクでリップルの取引が多い理由について

XRPの現物を指値で安く買うことができるから

ビットバンクでは板取引を導入しているため、販売所形式の取引所より安くリップルを購入することができます。

[aside]補足 : 販売所形式との違いについて
仮想通貨が購入できるサイト(企業)は「取引所」という名称なので違いがわかり辛いのですが、「販売所」形式の取引所も数多く存在しています。

販売所形式では、その取引所(企業)側が設定している金額で購入します。

対してビットバンクのような取引所形式(板取引)の場合には、自分の「言い値」(専門用語で「指値」)を提示するので、(取引が成立すれば)ほとんどの場合「販売所形式」で購入するよりも安く買うことができます。 [/aside]

取引量が多い = 流動性が高いから取引しやすい!

取引量が多いということは、それだけユーザーが多く取引が活発に行われているということになります。

取引量が低い取引所だと、「好きな通貨を扱っているけど、なかなか取引が成立しない」ということも起こり、結果として「利益を出し辛い」ことになります。
※ 例として、自分が買った時よりも高い価格になっているのに、ユーザーが少ないせいで中々売れずにまた価格が下がってしまう、等ということも起こり得ます。

その数2,000種類以上とも言われている仮想通貨の中でも、時価総額ランキング5位以内である「Ripple」の取引量が世界一位ということは、それだけ「bitbankはXRPの取引が活発で、売り買いがしやすい、取引が成立しやすい」ということになります。

リップルを買うなら、「ビットバンク」を選ぼう!

[ex-jp-bitbank_XRP]

仮想通貨FXなら「bitbank Trade」がおすすめ

bitbank.ccと連携可能!さらに「追証なし」のFXだから安心して取引できる!

[ex-jp-bitbank_Trade] [kanren postid="244"]No tags for this post.

アップル共同設立者「ビットコインは10年以内にインターネットの単一の世界的通貨になる」

CNBCに出演したアップルの共同設立者Steve Wozniak氏はツイッターCEOジャック・ドーシー氏が「ビットコインは重要な意味でドルを追い越し、10年以内にインターネットの単一の世界的通貨になる。」と発言したことに対して「私もそうなることを望んでいる」と話した。

Wozniak氏はビットコインが700ドル代のときに購入していたことを明かし、その後7BTCを何者かにより盗まれたことも公表している。

さらに、ウィーンで開催されたWeAreDevelopersカンファレンスでは、「イーサリアムプラットフォームは長期的にはアップルほど影響力がある」と話している。彼はビットコインは数学的に定義されていること、分散型であることを強調し。成長が続き依然、生き残っていると話した。以前にも「ビットコインはゴールドと偽米ドルよりすぐれている」と発言しており、暗号通貨に対する彼の期待値は大きいことが伺える。

ビットコイン


No tags for this post.