2018年 7月 の投稿一覧

XRPは8月に暴騰するのか!?世界初!XRP基軸のみの取引所DCEXの誕生とトム・リー氏の見解

世界で初めて、XRPのみを基軸通貨に採用した仮想通貨取引所DCEXが誕生しました。

直近では、アルトコインの低迷が続いていますが、過去にファンドストラッド社トム・リー氏がおこなった分析とともに紹介します。

要点

・取引量増加と今後の期待

XRPを基軸通貨に採用する取引所は今年の春から増えており、今後の動向に期待ができます。

・ファンドストラッド社トム・リー氏の分析

3月ではありますが、ファンドストラッド社トム・リー氏は8月の中旬頃アルトコインが高騰するという分析を行っていました。

世界で初めてXRPのみを基軸通貨に採用する取引所DCEXが誕生

今日私は、DCEXの立ち上げを発表することに非常に興奮しています。 DCEXは、独占的な基本通貨としてXRPを利用する初めての仮想通貨取引所です。

DCEXを運営するアルファポイントは、大富豪マイク・ノヴォグラッツ氏が運営するファンドから約16億円を調達したフィンテック企業です。

現在は、登録のみができるとのことですが、世界で初めてXRPのみを基軸通貨に採用する取引所が誕生することになります。

今まで、部分的にXRP、ETH、BCHなどを基軸通貨と採用する取引所は存在しました。

しかし、ビットコイン以外の通貨で1種類のみというのは、全アルトコインの中でも最初の事例といっていいでしょう。

同時に、XRPが基軸通貨として使えるクオリティーを持っているのを証明したとも言えそうです。

 

XRPの強みを活かす

取り扱い通貨は、BTC・LTC・ETH・BCH・BTG・ETC・OMG・EOS・DASH・TRX・XMR・VEN・IOTA・ZEC・TUSDの15種類です。

これらが全て○○○/XRPという通貨ペアで取引されることになります。

また、公式の発表によると、取引所はXRPの送金スピードの早さ、決済の早さなどを活かしたシステムが特徴とのこと。

リップラーにとっては、外せない取引所となりそうですね。

今後、DCEXでどれだけ取引量が増えるかも注目ポイントとなりそうです。

 

8月中旬にアルトコインが高騰する

今年の3月、ファンドストラッド社トム・リー氏は、今年の8月にアルトコインが高騰するという分析を発表していました。

Fundstrat社Tom Lee氏「アルトコインは今夏後半上昇トレンドへ」価格下落は続くのか?

当ブログでもお伝えしていましたが、この分析は今のところかなり的中させています。

要点は以下です。

①今年の7月にビットコインに強いトレンド転換が起きる
②その後、8月中旬から9月中旬にアルトコインの高騰が起きる

3月の時点で、リー氏は、アルトコインの高騰のきっかけはその前に起こるビットコインの高騰だと分析しています。

現在は、ビットコインのみに資金流入が続いていますが、リー氏の分析を踏まえると、XRPを含めたアルトコインの高騰にも期待できそうです。

※リー氏が現在もこの予想を維持しているのかは不明です。

 

まとめ

DCEXに関しては、どこまでXRPが取引されるのかが注目ですね。

また、今年に入り、XRPを基軸採用にする取引所は増え始めており、他の取引所でもXRPを基軸採用するのかは注目でしょう。

そして、好材料を蓄えたXRPが、リー氏の言うように、8月に価格が上昇するのかも要注目ポイントとなっています!

 

DMM BitcoinでこれからXRPトレードを始めよう!

 

DMM BitcoinはXRPのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能

もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

 

 

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティー対策も万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

XRPの価格上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ベトナムのマイニング企業CEOが資金を持って逃亡wwwwwww損失額およそ38億円wwwww

595: 2018/07/31(火) 09:25:37.99
https://jp.cointelegraph.com/news/vietnam-crypto-mining-firm-ceo-allegedly-flees-with-35-mln-in-investor-company-funds 

これやばくない? 
仮想通貨でまた致命的な問題起きたらしい 
逃げ売り来るぞ


eca1711170500002-p1


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1532980653/


続きを読む No tags for this post.

ネム(NEM/XEM)は今後どうなる?特徴や将来性をやさしく解説

2018年の1月にコインチェック事件で仮想通貨ネムが流出し、ネムは終わったと一部で言われていました。 「今後ネムは廃れていってしまうのではないか。」という不安がネムのユーザーの間では不安視されています。 そこで今回は仮想 ... No tags for this post.

米パンテラ・キャピタル社のデータによるとビットコインは18年末に230万円、19年末に740万円へ!

米の仮想通貨投資会社、パンテラ・キャピタルは、海外メディア「Medium」で2013年に顧客にあてた2通のEメールを公開しました。

同時に、独自のデータ分析により解析も公開、それによるとビットコインは2018年末に230万円に到達すると発表しています。

要点

・パンテラ・キャピタル社

米のブロックチェーンに投資をおこなうファンドです。

2013年からビットコインの将来性を見出し、10000%の驚異的なリターンを得たことも発表されています。

パンテラ・キャピタル社のデータ分析では2018年末に230万円へ

たった今公開:7月のブロックチェーン通信、ビットコインの価格目標は5000ドル

パンテラ・キャピタル社は27日、2013年に顧客にあてた2通のEメールを公開しました。

その内容もおもしろいですが、興味をそそられるのは、それに付随したデータ分析です。

パンテラ社の独自のデータ分析によると、2018年末にはビットコインの価格が約230万円に、2019年には約740万円に到達するとのことです。

 

ビットコインは指数関数的な成長をしている

パンテラ社によると、ビットコインの2010年からの値動きをデータ化し、グラフ化すると、指数関数的な成長をしているとのこと。

そのチャートがツイートにある上記の画像です。

簡単にいうと、一定の割合で2010年から価格が上昇しているということですね。

そこに、さらにヒストリカルトレンドラインをプロットして導きだされた価格が18年末に230万円、19年末に約740万円ということです。

もちろん、このデータ分析は、今後もビットコインが過去7年間と同じように、今後も指数関数的な成長をすることを前提にした統計です

 

2013年に顧客へあてた2通のEメールを公開

無謀な価格分析にも思えますが、パンテラ・キャピタル社はビットコインが約1万円だった2013年から投資を行っていたファンドです。

Mediumには2013年、顧客にあてた2通のEメールも公開されました。

今となっては予言書のようなそのEメールの一部を紹介したいと思います。

 

2013年8月21日 PM12:56 「ビットコイン・フォーキャスト5」

私は、銀行/ VISA-マスターカード/ウェスタンユニオン/ペイパル/などによって課された非常に高い “信用”を、自由な暗号で置き換える世界的な通貨/支払いシステムに世界が採用するのは50%以上の確率があると思っています。ビットコインは、現金、電子金銭、金、無記名債券、石板のディスクなどを支配を代替えできる、金以来の最初のグローバル通貨です。

2013年11月6日 PM2:58 「ビットコインの高騰」

シルクロードがなくなり、洗練された投資家の新しい波が登場しました。メルトアップ(価格の高騰)は計り知れない規模かもしれません。

出典:https://medium.com/@PanteraCapital/bitcoin-price-target-5-000-pantera-blockchain-letter-july-2018-7910020c84a1

 

まとめ

パンテラ社の価格予想については、あくまでデータ分析なので参考程度にしておきましょう。

しかし、いち早くからビットコインに着目し、投資を成功させたファンドというのは大きな事実です。

パンテラ社は、CNBCなどでも度々価格予想や発言を行っているので、名前を知らなった方はぜひこの機会に覚えておいて損はないでしょう。

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【2018年版】ネム(NEM)の価格と将来性を徹底解説!

2018年はコインチェック事件があり、ネム(NEM)の価格や人気も落ち込んでしまいましたが、実はネム(NEM)には何の落ち度もないことを知っていますか? 数あるアルトコインの中でもネム(NEM)は大きな可能性を持っており ... No tags for this post.

ビットフライヤーさん、清々しいまでのブーメランで無事炎上wwwwww

bitflyer_logo-e1511928903455


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

リップル(XRP)ホルダーはなぜ楽観的なのか

701: 2018/07/30(月) 00:42:50.02
ID:jWCWkHgE
リップラーの人に聞きたいんだけど、 
将来リップルが爆上げしてリップラーは全員大金持ちになれる 
っていう妄想してる人がたくさんいるけど、何でそんな楽観的になれるの❓ 
全員が全員、億万長者になれるって話しが無理過ぎない❔ 
そうであって欲しいという願望だろうけど 

人間は自分にとって都合の良い情報しか聞こうとしないし、 
自分の信じたいことしか信じないもんだけど 
リップラーはそれが度を越して酷いね。


no title

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1532710162/


続きを読む No tags for this post.

日本の仮想通貨”バブル時代”の終焉3つの理由・・・

今日の日経の記事で「仮想通貨の”バブル時代”が終った」という内容が取り上げられました。昨年は1日の取引高が2.5兆円になることもあったのが、今年に入ってからは5000億円へ。仮想通貨交換業協会も「仮想通貨取引額に上限を設ける」といった自主規制策の検討を進めています。

eca1711170500002-p1


No tags for this post.