【悲報】仮想通貨はおもちゃの「子ども銀行券」と大差ない・・・世界的に規制強化か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/04(水) 20:54:15.10 0
「通貨の3要素」を満たしていない仮想通貨

 17年4月に施行された「改正資金決済法」では、世界に先駆けて仮想通貨に関する規制が盛り込まれた。同法では、仮想通貨を以下のような性質を持つ「財産的価値」と位置付けている。

(1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
(2)電子的に記録され、移転できる
(3)法定通貨又は法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない
 つまり、仮想通貨はお金に換えられる価値こそあれど、法的な裏付けのある法定通貨たり得ないということだ。

価値を裏付けるものがないにもかかわらず「価値があるのかもしれない」とみなして売買されていることになり、そういった意味ではおもちゃの「子ども銀行券」と大差ないのである。
 さらにいえば、仮想通貨は金融商品とも有価証券ともいえないため、有価証券を含む金融商品の取引や金融サービスを規制する「金融商品取引法」や「金融商品販売法」の適用外となっている。通貨ではなく金融商品でも有価証券でもないという、きわめて曖昧な存在なのだ。

http://biz-journal.jp/i/2018/07/post_23934_entry.html

eca1711170500002-p1

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1530705255/


続きを読む No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加