2018年 7月 の投稿一覧

仮想通貨ICOトークンの70%が取引所に未上場・・・

2017年のICO人気で購入した「あなたのICO」は既に上場しているでしょうか。すで800以上は死んでいるとされ、いかがわしいものも200以上、ICOトークンの70%が取引所に未上場とう数字。今日は、何千もの死んでいる仮想通貨プロジェクトICOについて、幾つかの「プロジェクト名」と、トークンが上場するために最低必要なことをご紹介します。

0543ccbc.png


No tags for this post.

仮想通貨市場はすでに上昇トレンドへ!?専門家の意見&今後の上値目安も

30日から仮想通貨市場の下落に一旦歯止めがかかっています。

2日はニューヨーク時間(日本時間22時頃)に入り、急激に価格が上昇しました。

本日は、直近の専門家の意見を、チャート分析とともにお送りします。

 

要点

・ファンドストラッド社・ロバートスリマー氏の分析

以前、このブログでもお伝えしましたが、先週CNBCの番組内で複数の専門家がチャート分析を行いました。

その中で、ファンドストラッド社のアナリスト・ロバートスリマー氏は「6300ドル~6400ドルが抵抗線」と述べています。

・チャート分析

トレンドラインと一目均衡表のチャートもあわせて紹介します。

仮想通貨市場はすでに上昇トレンドへ回帰?

先週、CNBC内でのスリマー氏の発言によると「6300ドル~6400ドルが抵抗線」でしたが、30日の時点ですでにその水準は突破しています

さらに同氏は「もしその水準を超えるようなことがあれば、ビットコインは再び短期的に上昇局面に入る可能性がある」と述べています。

つまり、すでにビットコインは、上昇トレンドへ回帰したということになります。

 

今後の注目ポイントは上昇がどこまで続くのか

とは言ったものの、仮想通貨市場は5月頭から約2ヵ月近く下落しています。

なので、完全に長期の上昇トレンドに突入したというよりかは、短期的に下落が収まったとみるのが無難でしょう(もちろん長期的な上昇トレンドに突入した可能性もあります)。

また、昨日もお伝えしましたが、夏にかけては大きなイベントが起こる可能性もあり、実際に規制に関するニュースがこのところ頻繁に報道されています。

この夏は仮想通貨市場が大きく動く可能性も捨てきれないので、注目して損はないでしょう

7月、仮想通貨市場に革命が起こる!?webbotが予想している内容とは

 

チャート分析

ビットコイン/ドル 日足

チャートはビットコインドルの日足です。

赤い平行線がスリマー氏の主張する抵抗ラインです。すでに明確にうわ抜けていることがわかります。

また、5月6日から約2ヵ月間続いていたトレンドラインもブレイクしていることからも、仮想通貨市場の下落はいったんおさまったと判断することができます。

なお、ビットコインだけではなく、主要なアルトコインも似たようなチャート形状になっています。

 

チャートで探す上値の目途

では、一目均衡表というテクニカルチャートで次の上値のめどをみてみましょう。

ビットコイン円 日足

次は、ビットコイン円の日足チャートです。

現在、一目均衡表の「転換線」(チャートの赤い平行線下)という抵抗線にさしかかっています。これが75万円近辺に推移しているので、まずはここを上抜けるかに注目です。

次の抵抗帯が、赤い平行線の一本目です。これは、一目均衡表の雲ともぶつかっていますので、85万円は強い抵抗帯といえそうです。反対に、85万円を越えてくると、本格的な上昇トレンドの転換が見込めます。

 

SNSの反応

https://twitter.com/niizeki_BTC/status/1013798860001443840

2014年は今年よりひどい下落に見舞われましたが、結局価格は上昇しました。

専門家の中にも2014年より、今年はマシとする意見は多いです。

 

まとめ

一旦、下落は止まったものの、まだ油断できないのが仮想通貨市場です。

まずは、75万円・85万円を目安にどこまで上昇していけるかがポイントですね。

また、夏にかけては何かが起こる可能性もあります。

なので、価格が上昇し始めた今のうちに、チャンレンジして買っておくのも作戦のひとつかもしれませんね

 

これから仮想通貨の取引を始めるなら

GMOコインこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です

GMOコインは国内で2社しかない、イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です。

アルトコインは5倍・ビットコインではレバレッジ10倍の取引が可能。

 

通貨種類 レバレッジ倍率 日本円入出金手数料 取引手数料
ビットコイン 最大10倍 無料 無料
アルトコイン4種類 最大5倍 無料 無料

初心者のかたでも簡単にできる注文と手数料の安さも魅力ですね。

 

セキュリティー面では、コールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策をとっています。

機関投資家の資金流入により、これから仮想通貨市場の価格はおおいに期待できます。

まだ、価格の安いうちに、少額からでも仕込んでチャンスを逃さないようにしておきましょう

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【朗報】仮想通貨withcoinに関する集団訴訟、担当弁護士が決まった模様

260: 2018/06/27(水) 21:35:56.57 ID:Rjih0CbB
withコイン松山氏に関する被害相談を受けて下さる弁護士が見つかりました 

enjin事務局です。 

ご参加いただいております下記訴訟で、面談での相談に乗っていただける福岡の弁護士がおりました。 
※withコイン松山氏に関する集団訴訟 
 https://enjin-classaction.com/case/scam/1049567852 
※直接来社にてのご相談のみとなっている関係で、相談の受付は限定のエリアとさせていただいております。 
※担当の弁護士に相談したとしても、その弁護士が依頼を受けられるかどうかは、 
 担当の弁護士の判断次第になりますので、予めご了承ください。 

情報共有として、ご連絡申し上げます。 
進捗等のご連絡事項がありましたら、随時ご連絡いたします。 

何かご不明点等ございましたら、ご連絡ください。 

引き続き、enjinを何卒よろしくお願いいたします。


withcoin_400_100


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1529176226/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨ビットコイン(BTC)が6000ドル台回復、投資家は一息つける状況に・・・

1: 2018/07/02(月) 09:07:37.63 ID:CAP_USER9
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-01/PB7IL86S972801

ビットコインが6000ドル台回復-投資家は一息つける状況に

Tom Metcalf、Dave Liedtka
2018年7月2日 7:14 JST
前の週には2月以来の6000ドル割れとなっていた
週末の上昇でも昨年12月に付けた過去最高値の3分の1程度

仮想通貨ビットコインの投資家はこの週末に一息つける状況となった。

  ビットスタンプによると、ビットコインはニューヨーク時間6月30日午後5時半(日本時間7月1日午前6時半)現在、8%高の6338.22ドル。前の週には2月以来となる6000ドル割れとなった。この日は上昇したものの、昨年12月に付けた過去最高値(約2万ドル)の3分の1程度になおとどまっている。

原題:Bitcoin Jumps Back Above $6,000 to Give Respite to Investors (2)(抜粋)


bitcoinIMGL9839_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530490057/


続きを読む No tags for this post.

7月、仮想通貨市場に革命が起こる!?webbotが予想している内容とは

物事を予測する有名な人工知能webbotが「今年7月(夏ごろ)にビットコインが世界中から注目される」という予測をしています。

今回は、その予測についての考察とどんな事が起こるのかをまとめました。

 

要点

・webbotとは

人々が検索する言葉などをビッグデータに集積して、そこから予測する人工知能(プログラム)です。

仮想通貨の予測で有名ですが、過去には世界同時多発テロ(9.11)など、世の中の出来事を予想し的中させています。

ビットコインに革命が起きる!?

webbotによると「今年の夏ごろ(7月)にビットコインに革命が起き、世界中から注目を浴びる」という予測をしています。

ちなみに、時期に関しては、若干前後する場合もあるようなので、気をつけましょう。

「夏ごろ」といっているので、7月~9月と考えていたほうがいいかもしれませんね。

 

仮想通貨市場全体が変わる!?

webbotによると、「ビットコイン」と限定した言い方をしています。

しかし、例えば、ビットコインに革命が起きて価格が暴騰すれば、アルトコインも上昇する可能性は非常に高いです。

現状の仮想通貨市場は、ビットコインに連動して他の仮想通貨も動いているからです。

もちろん、上昇率が異なる場合はおおいにあります。なお、今年の予想を詳しく知りたい方は、下記の記事でまとめています。

WEBBOTがビットコイン相場の大予想!2018年の相場はどうなる?

 

夏に何が起きるのか

では「革命」とは何なのでしょうか。考えられる要点は以下です。

①ビットコインの技術的な革命(独自要因)
②規制などのルールが変わる(外部要因)

 

ビットコイン自体の要因

①はビットコイン独自の要因です。昨年も8月にハードフォークをして、ビットコインキャッシュと分岐しましたね。

それと同じように、ビットコイン自体の技術になんらかの変化が起き、注目されるパターンです

現在、その気配はありませんが、直近で大きなハードフォークを行っていないので、可能性は少なくありません。

また、ライトニングネットワーク等(ビットコインを支える技術)の進展もありえますね。

 

ビットコインを取り巻く環境が変わる

②は、規制などの変化です。こちらも可能性としては考えられます。

なぜなら、今月末からおこなわれるG20で、先延ばしにされていた規制案が提出されるからです。

万が一、この案が仮想通貨にとってハードルの低いものになれば、8月からは多くの機関投資家からの資金流入が見込めます

実際、先日、この下落の中でも、ビットコインが年末までに550万円になるという予測もあります。

海外取引所Bitmex CEO「ビットコインは年末に550万円へ」と発言!上昇する理由も解説

 

webbot直近の予想

webbotは年初から、スカイコインという仮想通貨が2018年中に高騰するという予測をしていました。

スカイコインは今年の5月に世界大手バイナンスに上昇し、一時価格は急騰して、見事的中となりました。

 

まとめ

注意するのは、もちろんwebbotの予測は確実ではないということです。

なので、あくまで参考程度にしておくのを忘れないようにしましょう。

しかし、過去には的中させた予想も多いのも事実です。

今夏はビットコイン、仮想通貨市場の盛り上がりに期待したいですね。

 

これから仮想通貨を取引するなら

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内で有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

仮想通貨の価格が安くなっている今、DMM Bitcoinに登録して少額から仕込んでおくのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨マイニング悪用の被告に懲役一年の有罪判決

1: 2018/07/02(月) 15:00:08.23 ID:CAP_USER9
2018年07月02日 月曜日
 仮想通貨を得るための電算処理「マイニング」を他人のパソコンを使ってしたとして、不正指令電磁的記録作成・同供用の罪に問われた兵庫県尼崎市、無職安田成利被告(24)の判決で、仙台地裁は2日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。マイニング悪用に対する判決は全国で初めて。
 加藤亮裁判官は「被告が持つプログラム技術を悪用した巧妙な犯行だ。パソコンのプログラムへの信頼を損なう害悪の根源を作り出した」と述べた。
 判決によると、正当な理由がないのに1~2月、オンラインゲームを有利に進めるためのツールに、マイニングするためのプログラムを仕込んで自分のブログに掲載し、他人のパソコンにダウンロードさせてマイニングさせた。
 宮城など全国10県警が3~6月にマイニングの集中取り締まりを実施し、被告ら16人を摘発した。
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180702_13046.html


eca1711170500002-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530511208/


続きを読む No tags for this post.

【朗報】国産仮想通貨「奏コイン」本日18時にコインエクスチェンジに上場wwwww

1523ffc69a9f5bad85e2f97c5d0d7638-1-300x133


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

海外取引所Bitmex CEO「ビットコインは年末に550万円へ」と発言!上昇する理由も解説

日本でも有名な海外取引所ビットメックス(Bitmex)CEOが、ビットコインが年末までに550万円になると予想しました。

仮想通貨市場の下落が続き多くの悲観論も多い中、強気の意見として注目を浴びています。

 

要点

・ビットメックス(Bitmex)とは

香港を拠点にする取引所です。

レバレッジ最大100倍の取引が可能であり、日本でも認知が高い取引所です。

・SECが先物取引のハードルを下げる?

なぜ、ここまで強気の意見かというと、SEC(米証券取引委員会)が先物取引のハードルを下げるからだそうです。

今回は理由についても解説します。

ビットコインは年末までに550万円へ

30日、ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏がCNCBの番組内で「ビットコインが年末までに約550万円(5万ドル)に到達する」と発言しました。

ちなみに、ヘイズ氏は米大手銀行シティグループでトレーダーをしていた経歴を持っています。

なので、チャート分析なども行った上で、発言している可能性は高いでしょう。

 

3000ドルから5000ドルの高値をつけて上昇へ

同氏によると、価格が上昇までにビットコインは一度、3000ドルから5000ドルの底値をつけにいくとのことです。

株・為替の世界でも、トレンドが転換する前には、一度急激な売り(急激な買い)があり、新安値・新高値を更新するのはよくあることです。

ちなみに、現在の安値はドルベースで5800ドルとなっており、ヘイズ氏が提唱する底値には到達していません。ただし、29日には年初来の新安値を更新しています。

 

ビットコインが上昇する理由は?

550万円という強気の主張もさることながら、その理由も注目すべきポイントです。

ヘイズ氏いわく、価格の上昇は、SEC(米証券取引委員会)がビットコインのETFを承認して急反発するとのことです。

 

ETFとは

ETFとは、簡単にいってしまうと先物のことです。

ビットコインであれば、ビットコインの価格に連動した金融商品になります。

先物ではほぼ現物と同じ値動きで取引でき、かつレバレッジを効かせられるのが大きなメリットです。

ヘイズ氏は、ビットコイン先物取引のハードルの承認をSECが下げることにより、ビットコイン市場に資金が流入して価格が上昇するという主張です。

 

ヘイズ氏は何かを掴んで発言している!?

CEOの発言なので、全てをデタラメに発言しているわけではないでしょう(ビットコイン支持者なのでポジショントークをしている可能性はあります)。

もしかすると、水面下ではSECが動き出しているのかもしれません

30日には、ロイターで観測記事がでており、仮想通貨市場の価格が上昇したという指摘もあります。

 

まとめ・価格上昇に備えて準備を

以前から、このブログでもお伝えしていますが、7月には何かが起こるというwebbotの予想もあります。

なので、引き続き、規制関連のニュースには要注目でしょう。

簡単にまとめると、SECが取引のハードルを下げることにより、ウォールストリートの巨額の資本が仮想通貨市場に流れ込むということです。

ちなみに、今日のデリバティブ(金融商品)市場の時価総額は、およそ18京円にのぼるとされています。

仮想通貨市場にいかに資金が流れて込んでいないかがわかる金額ですね。

仮想通貨市場が上昇するのに備えましょう!

 

これから仮想通貨の取引を始めるなら

GMOコインこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です

GMOコインは国内で2社しかない、イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です。

アルトコインは5倍・ビットコインではレバレッジ10倍の取引が可能。

 

通貨種類 レバレッジ倍率 日本円入出金手数料 取引手数料
ビットコイン 最大10倍 無料 無料
アルトコイン4種類 最大5倍 無料 無料

初心者のかたでも簡単にできる注文と手数料の安さも魅力ですね。

 

セキュリティー面では、コールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策をとっています。

機関投資家の資金流入により、これから仮想通貨市場の価格はおおいに期待できます。

まだ、価格の安いうちに、少額からでも仕込んでチャンスを逃さないようにしておきましょう

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.