ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

2018年 7月 の投稿一覧

米ビットワイズが主要10通貨で構築されるETFを申請!リップルやイーサリアムへの資金流入にも期待できる!?

米の資産運用会社ビットワイズが、ビットコインを含む時価総額10以内の銘柄で構成されたETFを申請していることが明らかになりました。

現在、盛り上がりをみせているビットコインETFですが、アルトコインETFにも期待できます。

 

要点

・仮想通貨ETF

ETFとは、上場投資信託のことです。

公的なマネーやヘッジファンドがETFを購入することにより、その仮想通貨への資金流入が期待されています。

米ビットワイズが主要通貨10種類のETFを申請

仮想通貨ETFのためのSECとビットワイズの記録:ビットワイズ・アセット・マネージメントは、「Bitwise HOLD 10 Cryptocurrency Index Fund」と名付けられた仮想通貨上場信託(ETF)を申請する最新のベンチャー企業です。

24日、米ビットワイズが主要10種類の銘柄で構築された仮想通貨ETFをSECへ申請したことが明らかになりました。

現時点わかるのは、申請をしただけであり、承認されるのか、それがいつ頃になるかといった詳細は不明です。

 

個別ではなく10銘柄を統合したETF

「Bitwise HOLD 10 Cryptocurrency Index Fund」は、10銘柄のETFですが、個別のETFではありません。

例えば、ビットコインETF、リップルETF、イーサリアムETFのように個別では販売しないということです。

「Bitwise HOLD 10 Cryptocurrency Index Fund」でひとつのETFであり、時価総額10以内の銘柄で構築されるとのことです。

割合は、ビットコイン約60%、イーサリアム約20%、リップル約10%といった比率ですが、ポートフォリオは相場環境によって入れ替わるとのこと。

つまり、顧客はこのETFさえ買えば、仮想通貨市場全体に投資できるというメリットがあります。

 

アルトコインの資金流入も期待

現在、ビットコインETFの期待感が高まり、実際に、アルトコインよりもビットコインの価格上昇が目立っています。

しかし、このようなビットコイン以外のETF(アルトコインETF)が上場されることにより、アルトコインそのものへの資金流入も期待できるでしょう

また、その意味でも、8月のビットコインETFがCBOEへ上場されるかは注目です。

もし、ビットコインETFが上場されれば、今後ビットコイン以外の銘柄のETFも上場できる可能性があるからです。

ビットワイズ役員ジョン・ハイランド氏は、現在の仮想通貨市場は10~15年前のコモデティー(商品)市場に似ていると語っています。

コモデティーも、金だけではなく、シルバー、原油とあらゆる商品を含んだETFがあります。

それと同じように、仮想通貨もビットコインだけではなく、アルトコインETFがあっても良いですね。

 

まとめ

現在、メディアでもかなり話題になっているETFですが、今後しばらくは話題の中心になりそうですね。

また、ETF上場には当局の規制が重要ということも忘れてはなりません。

とはいえ、各国は積極的に仮想通貨取引に関わり始めているので、今後も市場の盛り上がりには十分期待できるでしょう。

 

DMM Bitcoinでこれから仮想通貨トレードを始めよう!

 

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

 

 

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティー対策も万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

ビットコインの価格上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

仮想通貨VIPSさん、投票数が奇跡の45450ptでCryptalDash上場投票第1位wwwww

532: 2018/07/25(水) 21:02:49.344
【取引所CryptalDash上場投票】 
おつおつ! 
昨日に引き続き取引所CryptalDash上場投票の途中経過を発表いたします! 
下に記載された方法でVIPSに投票でき、上位3位までが上場決定です! 
ただし合計10万ポイント達成通貨は上場確定!! 
皆の団結力でVIPSを新取引所に上場させよう! 
獲得ポイントTOP10です!(たくぞうが見た時の) 

Vipstar (VIPS) 45,450 ポイント 

BitCoin ONE (BTCONE) 44,030 ポイント 

Stronghands (SHND) 41,940 ポイント 

Daneel (DAN) 14,980 ポイント 

XRT (XRT) 9,140 ポイント 

CraftR (CRAFTR) 8,600 ポイント 

Noah Coin (NOAH) 6,110 ポイント 

Ethereum Cash Pro (ECP) 5,630 ポイント 

NANJ COIN (NANJ) 1,950 ポイント 

Noxbox (NBX)    1,540 ポイント 

あ...ありのまま 今 起こった事を話すぜ・・・ 
何の因果かたくぞうが見た時45450ポイントでVIPSがトップに!wwwww 
https://cdn.discordapp.com/attachments/470487916397985792/471646826584342528/7.png
2位のBit Coin ONEに僅差で勝っています!!!!! 
これは上場行けるかVIPS!!!!!!11111 

ブーンの自作動画もお楽しみにwwwwwww 

なお、現在2の項目が厳しいので実際に拡散の方ご協力願います!!! 
素晴らしいアイディアや作戦を思いついたら是非運営にDMだ!!! 

↓投票はこちらのリンクからお願いいたします↓ 
https://www.cryptaldash.com/new-coin-listing/vips 

投票方法の解説を貴腐老人さんが作ってくれました!!ありがとうございます! 
no title

no title


no title


現在の各コインのポイント確認はこちらから! 
https://www.cryptaldash.com/new-coin-listing/


引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1532355904/


続きを読む No tags for this post.

今年中にビットコインは200万円、イーサリアムは16万5000円に到達!レデット創業者が予想

海外有名ソーシャルメディア「レディット」の創業者、アレクシス・オハニアン氏がビットコインとイーサリアムの価格予想をしました。

その根拠もあわせて紹介します。

 

要点

・ビットコイン強気の根拠

オハニアン氏は、ビットコインに対して強気な根拠に、世界的な政治不安と新しいインターネットの提供を挙げています。

年内にビットコインは200万円、イーサリアムは16万5000円

Redditの共同設立者アレクシス・オハニアン氏が、なぜ仮想通貨に熱中しているのか、彼が将来をどのように見ているのかを説明しています。

オハニアン氏は、CNBCの番組内でビットコインは年内に約200万円(2万ドル)、イーサリアムは約16万5000円に達すると予想しました。

その理由のひとつとして、世界の政治不安を挙げています。

こないだのG20でもあったように、現在は法定通貨(ユーロやドル、円)の金利が意図的にコントロールされているとアメリカは主張しており、関税をかけるなど貿易摩擦の問題が浮上しています。

 

ビットコインは価値の保存手段・新しいインターネットを提供する

オハニアン氏は、さらにビットコインのスケーラビリティが改善されてきているとして、長期的な上昇を予想しました。

ブロックチェーンそのものに対しても新しいインターネットを供給しているとして、仮想通貨は価値の保存手段になると言っています。

昨日のブライアンケリー氏も主張していましたが、仮想通貨は次世代のインターネット(P2Pネットワークなど)を提供しているとして、需要があるとの意見が多いです。

ヘッジファンドマネージャーが語る!ビットコインに強気相場がくる理由!時価総額が3倍になるという指摘も

専門家の中にも、ビットコインのみを支持するタイプ、あるいは他の仮想通貨を含めたブロックチェーン技術全体を支持するタイプがいますが、オハニアン氏は後者のようですね。

 

先見の明を持ったオハニアン氏

注目すべきは、オハニアン氏が先見の明を持った人物であるということです。

同氏が運営するベンチャーキャピタルは、米大手取引所コインベースに投資した始めての企業でした

コインベースは現在、非上場企業で時価総額が10億ドルを超えるユニコーン(珍しい)企業と言われるまでに成長しています。

そんな彼が言う発言なので、信憑性も高いですね

番組内では、現在も投資を始めた名の知られていない企業があるらしいのですが、名前は明かしませんでした。

 

まとめ

ここ最近の仮想通貨市場の高騰により、連日メディアでも強気の意見が報道されています。

彼らの意見を聞くと、今後も仮想通貨市場には期待できそうです。

直近では、ビットコインETF上場による短期的な価格上昇の意見が目立ちますが、オハニアン氏のように長期的なヴィジョンを持った専門家も多数います

まだ、仮想通貨を取引したことがない方は、今からでも取引を始めてみてはいかがでしょうか。

 

DMM Bitcoinでこれからビットコイン投資を始めよう!

 

DMM Bitcoinはリップルのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

 

 

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティー対策も万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

ビットコインの価格上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【悲報】副業禁止の会社で株と仮想通貨で儲かったのバレて副業扱いされてクビになった・・・

1: 2018/06/03(日) 17:39:04.656
ID:DmOCu7apK
この会社で残り35年働いても1億5000万程度しか稼げないしバレてクビになってある意味よかったわ
だって2年間で1億5000万儲かってたしこのまま株と仮想通過やめて会社選ぶバカとかいないだろ?

eca1711170500002-p1

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1528015144/


続きを読む No tags for this post.

国内取引所各社が改善計画書の提出を報告

今年の6月22日に、国内の仮想通貨取引所大手数社に対して金融庁が行政処分を下した件で、各社が改善計画書を提出したことを報告しています。

おすすめの仮想通貨国内取引所

[ex-jp-bitbank.cc]No tags for this post.

仮想通貨ETFを実現するための4要件とは・・・

仮想通貨ETFの認可の是非に市場の関心が集まっています。ここで改めて見直したいのが、SEC文書に書かれている「仮想通貨ETFを実現するための要素」です。また、金融の専門家いわく、「認可されるとしたらレバレッジではなく現物から」とのこと。

eca1711170500002-p1


No tags for this post.

仮想通貨めぐり金融庁への圧力問題・・・「野田氏が結婚後は、GACKTと家族ぐるみの付き合い」

Di6QIM3UcAAujvj


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

リップル(XRP)を自分のパソコンに送金する方法教えてください!

37: 2018/07/23(月) 00:52:27.32
ID:K/0SHE+K
4年ぶりくらいに書き込むのだけど、どなたかご教授を 
XRPを自分のパソコンに送金するにはどうすればいいですか? 
残高は確認できるのだけど、どこにウォレットがあるか分からない状態です

no title

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1532264252/


続きを読む No tags for this post.

ヘッジファンドマネージャーが語る!ビットコインに強気相場がくる理由!時価総額が3倍になるという指摘も

24日、CNBCの番組に出演したヘッジファンドマネージャー、ブライアン・ケリー氏は自身の見解を語りました。

CCNでは億万長者マイク・ノヴォグラッツ氏が、1年以内に時価総額が約89兆円に達するとの見解が報道されています。

 

要点

・2人の専門家による強気予想

2人の専門家による強気予想とその根拠も紹介します。

ヘッジファンドマネージャー、ブライアン・ケリー氏はビットコインに強気相場がくると予想

ブライアン・ケリー氏はビットコインは次の強気市場の始まりだと言っていますが、先行する大きなハードルがあります。

ケリー氏は以下の3つの要因で、ビットコインの強気相場がくると予想しました。

①ビットコインETF上場の期待感
②機関投資家の参入
③web3.0

 

ビットコインETF上場の可能性は薄い

①、②は相場を押し上げるコンセンサスとなっていますが、ケリー氏いわくビットコインETFの可能性は低いとのことです。

しかし、その期待感が相場を上昇させるとコメントしています。

現在、まさに期待感で相場が上昇している最中なので、8月、SECがどのような判断を下すかに注目が集まっています。

 

新しいweb3.0では仮想通貨が使われる

おもしろいのは、相場上昇が「web3.0」によるものだということです。

web3.0とは非中央集権型のインターネットを指し、ビットコインや仮想通貨はweb3.0に分類されます。

現在のツイッター、Youtube、グーグルといった中央集権型のサーバーを利用したウェブは「Web2.0」です。

ケリー氏はこのようなインターネットの構造の革新により、多くの企業が仮想通貨に参入し、web3.0での決済は仮想通貨が使われるとの見解を示しました。

 

億万長者マイク・ノヴォグラッツ氏は1年以内に時価総額が約89兆円になると予想

仮想通貨の時価総額は12ヵ月以内に8000億ドル(約89兆円)に達する:ノヴォグラッツ氏

ちなみに、現在の時価総額は33兆円なので、1年以内に約3倍になる計算です。

ノヴォグラッツ氏の発言のポイントは以下になります。

①価格は底をついたかわからないが、底固めをしている段階
②上昇の根拠は民間企業が仮想通貨に投資を開始していること
③規制の整備、カストデイサービスの充実が今後の上昇につながる

カストデイサービスとは、機関投資家などの資産を保管するサービスのことです。

今月も、米大手取引所コインベースが資産保管管理サービスを開始しており、すでに2兆円の資産を保管していることが明らかになっています。

規制や資産管理サービスが充実することで、市場に資産が流入しやすくなるということですね。

 

まとめ

これらの意見をまとめると、仮想通貨市場はまだまだ盛り上がりそうです。

また、最近はビットコインが盛り上がっていますが、ノヴォグラッツ氏のいうように、市場全体にも期待ができます。

まだ取引をしたことがない方は、ぜひ下記の取引所で仮想通貨を購入してみてはいかがでしょうか!

 

DMM Bitcoinでこれからビットコイン投資を始めよう!

 

DMM Bitcoinはリップルのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

 

 

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティー対策も万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

ビットコインの価格上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの価格が急騰中!二ヶ月ぶりに90万円台まで回復

2018年7月25日現在、ビットコインの価格が93万円を突破しています。

ここ最近のビットコインの値動きについて

5月22日頃から長らく低迷していたビットコインの価格が、7月18日の水曜日に75万円台から82万円台に大きく値上がりし、そこから82〜83万円台を行き来し一時また80万円台まで下げましたが、23日の83万円台から24日にかけてまた急激に価格が高騰し90万円台へ突入、25日現在までも価格は順調に上向きへ推移し93万円台となっています。

G20の声明、ETFへの期待が価格に影響か

2018年7月21、22日にかけてブエノスアイレス(アルゼンチン)で開催されたG20にて直ちに規制する流れにはならず、さらに仮想通貨に前向きな声明が出たことと、ビットコインETFを数社が申請しており承認への期待が高まっていることが価格に影響を与えているのではとみられています。

ビットコイン始めるならおすすめの国内取引所

[ex-jp-DMM_Bitcoin]No tags for this post.