2018年 8月 の投稿一覧

警視庁、3500万円かけて仮想通貨解析ソフトを導入wwwwww

Metropolitan-Police-Department


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

150万円借りて仮想通貨に投資した結果・・・

103: 2018/08/28(火) 19:31:27.66
ID:xwb9m+Vp
リップルイナゴなったり 
コインチェックでアホな利確繰り返したり 
草コインで溶かしたりで 
150万借りて投資した金が今2650リップルしかない、10万円。。 
毎月利息が3万飛んでく。。 
どうすればいい?

eca1711170500002-p1

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1535444318/


続きを読む No tags for this post.

ビットコインは年末に1000万円へ!webbotの予測は当たるのか!?前回の予測の検証も!

以前から当ブログで取り上げ、好評のwebbot予測ですが、今回は「年末にビットコイン1000万円」の予測を検証したいと思います。

前回の予測の検証もあわせて行います。

要点

・webbot

人々の検索データを集積してそこから未来を予測するプログラム(人工知能)。過去にした予測は全てではありませんが、的中させています。

ビットコインは年末に1000万円へ!?

(チャート:2017年ビットコイン円日足)

webbotが今年の3月に出した予測で、年末にビットコインが1000万円になるというものがあります。

しかし、実は「この予測は5月に最高値を更新、夏場に400万円を突破する」という予測とセットなので、残念ながら確実に的中することは難しいかもしれませんね。

 

上昇の理由に注目か

ただ、webbotは、上昇の理由として、「ドル安」を挙げています。

直近で、今までドル高が仮想通貨市場の下落を招いていたと指摘する専門家もおり、その点ではかなり鋭い予測をしていると言ってもいいでしょう。

万が一、年末へ向けてドル安になることがあれば、仮想通貨市場は上昇する可能性があるということです。

ドルインデックス 2018年 日足

直近では、仮想通貨市場が安値をつけた8月15日にドルの強さを示すドル指数は、頭うちとなっています。

秋から冬にかけ、ドルの動向は注目になるかもしれませんね。

仮想通貨をトレードする上で必ず知っておきたい「ドル高」の話!ファンドストラッド社トム・リー氏も指摘

 

「夏ごろ革命が起きビットコインが世界中から注目される」は当たったのか!?

前回の当ブログで取り上げた予測「夏ごろ革命が起きビットコインが世界中から注目される」は果たして的中したのでしょうか。

「2018年夏ごろ、革命が起きビットコイン(仮想通貨)が世界中から注目される」webbotの予測と直近の材料まとめ

結論をいうと、捉えようによっては「的中した」と言えるでしょう。

webbotの予測していた革命とは「ビットコインETF」のことであり、CBOE(シカゴオプション取引所)に上場されるビットコインETFは、ある意味でビットコイン市場の構造を根本的に覆すといっても過言ではありません。

また、今月設立が発表されたBakktは、仮想通貨をメインストリームに押し出すプラットフォームとして注目されています。

これらの要因を「規制(仮想通貨取引に関するルール)が変わる=革命」と考えるなら的中したと言えるでしょう。

 

まとめ

年末に1000万円になるという予測は外れそうですが、価格が上昇する可能性は十分あります。

9月から年末にかけては、先のビットコインETF可否判断や、Bakktの先物上場が控えており、今年最大のイベントが控える時期となっています。

webbotの予測はあくまで参考程度にしておきたいですが、9月から12月に控えるビッグイベントが、仮想通貨市場にどのように影響を与えるかは、注目して損はないでしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

20代で資産運用するってバカだよな

1: 2018/08/02(木) 21:05:31.925
ID:liw6BO+R0
そんな金あったら自分に投資したり人生経験を増やすために使えばいいのに

20151015165559

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1533211531/


続きを読む No tags for this post.

【悲報】仮想通貨トレードをするためのpcもモニターも電気代も経費にならない模様・・・

ff2ad0ba.jpg


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

過去3年間、仮想通貨市場は9月~12月に暴騰!2018年も年末へ向け価格は暴騰するのか!?チャートで解説

仮想通貨市場は2015年~2017年の3年間、9月から12月に価格が暴騰するというアノマリーがあります。

今回は、過去の3年間のチャートも紹介しながら解説します。

要点

・仮想通貨市場のアノマリー(季節的要因)
アノマリーとは、理論で説明できない事象のことです。金融用語では「季節的要因」として使われることが多いです。仮想通貨市場においては、過去3年間、9月から12月にかけて暴騰するアノマリー(事例)があります。

過去3年間、仮想通貨市場は9月から12月にかけて価格が暴騰

仮想通貨市場は、2015年、2016年、2017年とも全て8月に価格が下落し、9月から12月にかけて価格が暴騰するという不思議な現象が起きています。

2017年の相場を知っている人は多いと思いますが、過去3年間のチャートを確認してみましょう。

ビットコイン円 日足 2017年

 

ビットコイン円 日足 2016年

 

ビットコイン円 日足 2015年

上記の3枚のチャートは、もちろん、別のチャートです。

しかし、3年とも全て8月に価格が下落し、12月へ向けて価格が暴騰しているのは一目瞭然でしょう。

あまりに似たチャートで驚いた方も多いと思います。

なお、今のところ秋から年末にかけて価格が上昇する明確な理由は確認できていません。

 

株式市場のアノマリー

仮想通貨市場ではなく、米国の株式市場には、10月に株を買って春先(5月ごろ)に株を売るとリターンが得られやすいというアノマリーがあります。

つまり、米国株式市場は10月から翌4月ごろまで株価が上昇しやすいという傾向があるのです(毎年ではありません)。

このように、既存の金融市場でもアノマリー(季節要因)は存在します。

米国株式市場に関しては、10月から機関投資家などのマネーが流入し、企業の決算が発表される翌年4月に株を売るためと言われています(大型連休の前に投資家が現金化するという説もあります)。

これで生まれた有名な格言が「Sell in May(5月に売れ)」です。

 

多くの重要材料が控える年後半の相場

もちろん、今年は年末にかけて価格が上昇しない可能性は大いにありますが、年後半に重要材料が並んでいるのも確かです。

9月30日にはVanEck/SoildX版ETF可否判断、また11月にはBakkt先物上場が予定されています。

現在、VanEck/SoildX版ETFは、2019年2月まで延長されるとの見方が多いので、まさに秋から年末にかけての相場の期待感は、1年間でもっとも高いといえるでしょう。

9月~12月までの上昇材料と日程まとめ!秋相場で仮想通貨市場は上昇することができるのか!?

 

まとめ

繰り返しにはなりますが、必ずしも今年も価格が上昇するとは限らないので注意してください。

しかし、ここから年末にかけての3ヵ月、ビッグイベントが目白押しなのも確かです。

まずは、これらの重要視される材料が価格にどう影響を与えるかは、少なくとも注目しておきたいところですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所QUOINEXさん、緊急メンテナンス時のロスカットを補填する神対応wwwwwww

QUOINEX-718x425


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

ポーランド政府「仮想通貨間取引は非課税」

■ツイッターより 続きを読む No tags for this post.

5月からアルトコインを捨ててビットコイナーになった結果wwwwwww

29: 2018/06/18(月) 18:32:49.10 ID:Fh+Lhriz
5月からアルト全捨てしてテクニカル頼りにビットコイナーになってから、 
30万→180万になったぞ。 
最初からこうしとけばよかったんや。アルトなんて所詮不定期に発表される情報で値動きする色物だ。

bitcoin

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1529110745/


続きを読む No tags for this post.

中国のアリペイが仮想通貨のOTC取引のユーザーに強硬姿勢、関係するアカウントをブロッキング

1: 2018/08/28(火) 00:20:03.11 ID:CAP_USER
 中国のモバイル決済アプリ「アリペイ(支付宝)」がアリペイ口座をビットコインの相対(OTC)取引に利用するユーザーに対して強硬姿勢をとっている。ウェブサイト「北京ニュース」が動向を伝えている。
 圧倒的な人気を誇るアリペイはアリババグループ関連会社のアント・フィナンシャルが運営しており、17年8月時点でのユーザー数は4億人を数えている。同社は先日、その評価額が1500億ドルにまで達した。
 北京ニュースによると、アリペイは現在、同アプリのネットワークをビットコインの相対取引に利用するアカウントを制限、さらには永久ブロックまで行う措置を講じるとともに、「主なウェブサイトとアカウント」に対する調査システムも設置している。
 中国当局が今年1月に実施したばかりの取り締まりでは特にピアツーピア(P2P)やOTCなどの方式による取引プラットフォームが禁止された。これは17年9月から実施されている仮想通貨と法定通貨間の取引やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に対する包括的禁止に追加する形だ。
 中国の仮想通貨コミュニティ「8BTC」の共同創設者であるレッド・リー氏はアリペイによる発表のスクリーンショットをアップロードしながら、「アリペイ(#alipay)がビットコインOTC取引に関与するアカウントをブロックしている」とツイートした。

さらに北京ニュースはアント・フィナンシャルの関係者による話を引用し、この金融サービス大手企業が仮想通貨に関連する虚偽の「プロパガンダ」の危険性についてユーザーに啓蒙することを目的とした「リスク予防」プログラムを実施する予定であると伝えている。
 アント・フィナンシャルのエリック・ジンCEOはICOを厳しく批判している。3月にはICOというコンセプトは「無意味」だと断言した。
 とはいえ、ジンCEOの仮想通貨への辛辣なスタンスはブロックチェーンに対する彼の根強い楽観主義が相殺している。ジンCEOは17年、ブロックチェーン技術が今後「間違いなく」、アリペイに「深く」実装され、最終的にはその決済アプリのベースプロトコルとして機能するようになることを見込んでいると述べている。
 アント・フィナンシャルは今年1月、シリーズCの資金調達ラウンドで140億ドルを確保する「正式契約」を投資家らと結んでいる。同社はこの資金をブロックチェーンと関連する技術的イノベーションの追求に使うつもりだ。
 アリペイに関する報道は中国で猛烈に強められている反仮想通貨対策の直後に起きている。
 今週、北京市朝陽区における全ての商業会場で仮想通貨関連イベントの開催を禁止された。
 また中国の主要ソーシャルメディアプラットフォーム「ウィーチャット(微信)」は21日、今月に入ってから導入された規則に違反して仮想通貨の「誇大広告」を出した疑いのある仮想通貨およびブロックチェーン関連アカウント多数を永久ブロックした。
 さらに、OTCプラットフォームで利用されているものを含むサードパーティによる仮想通貨決済チャネルの「一掃」を強化するため、新たな対策も進行中だとも報じられている

COINTELEGRAPH
https://jp.cointelegraph.com/news/chinas-payments-giant-alipay-takes-measures-against-otc-crypto-trading-via-its-platform

eca1711170500002-p1

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535383203/


続きを読む No tags for this post.