グーグルが「BigQuery」でイーサリアムの分析を可能に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleは自社で提供しているビッグデータ分析プラットフォーム「BigQuery」で、Ethereumの解析を可能にしたと発表しました。

分析プラットフォーム「BigQuery」で、Ethereumの解析が可能に

アメリカ時間の8月30日、Googleは自社のブログ上において、「BigQuery」内でEthereumのブロックチェーン解析に対応したことを発表しました。

GoogleはCloud上でEthereumのブロックチェーンを公開した理由について、以下のように述べています。

Ethereumブロックチェーンのピアツーピアソフトウェアは、トランザクションの状態の確認、ウォレットとトランザクションの関連付けの検索、ウォレットの残高の確認など、一般的に使用されるランダムアクセス機能のサブセット用のAPIを備えていますが、チェーン上に保存されたすべてのデータに簡単にアクセスできるようなAPIエンドポイントが存在していません。

さらに重要なことは、ブロックチェーンデータを集約して表示するためのAPIエンドポイントも存在しないことです。
While the Ethereum blockchain peer-to-peer software has an API for a subset of commonly used random-access functions (for example: checking transaction status, looking up wallet-transaction associations, and checking wallet balances, for example), API endpoints don’t exist for easy access to all of the data stored on-chain.

Perhaps more importantly, API endpoints also don’t exist for viewing the blockchain data in aggregate.

可視化されたブロックチェーンデータに、簡単にアクセスできるようにすることが目的としています。

BigQueryでできること

BigQueryとはビッグデータの分析ツールで、今回Ethereumブロックチェーンの分析が可能になったことにより、以下のようなことに役立つとしています。

[aside type="boader"]

  • イーサリアムアーキテクチャの改善における優先度の決定
[/aside] トランザクションやウォレット残高などの情報へ簡単にアクセスできるようになることで、ブロックチェーンの懸念点の発見や改善における意思決定に役立ちます

例として、1日におけるEther転送および平均取引コストを示す集計チャートが以下のように可視化されます。

データの更新は毎日なので、常に最新の情報を確認することができます。
またブログ上では、以下のような新機能の使用例も提示されています。
[aside type="boader"]

  • イーサリアムトランザクションがどのアドレスで多く行われているかわかる
[/aside] イーアリアムのブロックチェーンは主にデジタルトークンの取引に利用されています。
そこで、1番行われている(人気のある)スマートコントラクトを調べることができます。

ちなみに上記の最も人気のあるトランザクションカウントによるスマートコントラクトは、イーサリアムを使用したゲーム「CryptoKitties/クリプトキティ」(0x06012c8cf97bead5deae237070f9587f8e7a266d)です。

さらに、最低10個のCryptoKittiesを所有するアカウントでは、CryptoKittyの系図を以下の図のように視覚化することができます。
色は所有者を表し、サイズは各CryptoKittyのPageRank(生殖適合度)を表します。

この他にもスマートコントラクト機能の解析やトランザクションボリュームやネットワークの解析が可能です。

Ethereumのブロックチェーンデータは、分析ツールであるBigQueryで探査できるようになりました。
履歴データはすべてethereum_blockchainデータセットにあり、毎日更新されます。

また、GitHubのEthereum ETLプロジェクトには、Ethereumブロックチェーンからデータを抽出し、BigQueryにロードするためのすべてのソースコードが公開されています。

Ethereumを買うならBITPoint!

[ex-jp-BITPoint]No tags for this post.