ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

【9/10】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコイン65万円の攻防が最大の注目ポイントか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨市場は5日から急落、週末も価格が回復することなく軟調な展開が続いています。

今週の仮想通貨市場の注目材料をまとめました。

要点

・ビットコインの年初来安値
重要な価格帯といわれているビットコインの年初来安値(65万円~68万円付近)。今週もここをサポートできるかが最大の注目ポイントとなりそうです。

ビットコインは再び年初来安値がサポートされるかが今後の命運を左右する?

ビットコインドル 日足

ビットコインは、再び年初来安値にさしかかっており、この価格帯がサポートされるかが今週最大の注目ポイントとなりそうです。

対円でいうと、6月につけた安値64万5000円、直近最安値である8月の65万5000円の付近というのは、とても重要な価格帯となっています。

なぜ、多くの専門家・投資家がこの価格帯に注目しているかというと、仮に65万円を割って下落してしまうと、チャート上ではさらに下落するリスクが高まるからです。

2018年に入り、すでに4回この価格帯でサポートされていますが、今週もこの価格帯を維持できるできるかは注目でしょう。

反対に、今回もこの価格帯を維持できれば、サポートはより強いことが証明され、投資家のセンチメント・買い意欲も改善していく可能性があります。

 

アルトコイン市場

アルトコインは、すでに年初来安値をブレイクしており、チャート上では非常に厳しい展開が続いています。

価格暴落により仮想通貨は今後何円まで下がる?アルトコインは昨年最安値も意識か 9/6チャート分析

上記の記事でもまとめましたが、ビットコイン値動きに注意しつつも、各通貨直近の安値で下げ止まることができるのか、価格動向に注目でしょう。

アルトコインの中でもイーサリアムの下落が最近話題になっており、10日時点でイーサリアムの価格は昨年7月の水準まで下落しています。

 

今週の注目材料

相場を支える材料としては引き続きビットコインETFの動向・Bakktの動向などに注目でしょう。

特に、9月30日には今年最大のイベントでもあるVanEck/SoildX版ETFの可否判断が控えています。

ビットコインETFに関しては、すでに多くの報道がされ、投資家も織り込んではいますが、ETFに関する何らかの新しい情報には注目でしょう。

ビットコインETF承認は来年!仮想通貨決済企業CEOが発言!その理由とは?

先週では、コインベースが世界最大のヘッジファンド、ブラックロックとETF上場を検討しているというリーク情報もありました。

 

まとめ

今のところ、ビットコインに関しては70万円付近がサポートになっており、総悲観といったムードはありません。

また、繰り返しにはなりますが、今回もこの価格帯がサポートされれば、投資家は一定の買い意欲も確認できるため、センチメントの改善にも繋がります。

アルトコインは全般的に価格の低迷が続いていますが、ビットコインが再度サポートされ上昇していけば、同じように価格の回復が見込めるため、

その意味でもビットコイン年初来サポートは重要な意味をもってくるでしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加