ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

仮想通貨市場にFOMOが起こる!2ヵ月以内にゴールドマンサックスが参入!?米著名投資家ノボグラッツ氏が発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ゴールドマンサックス出身で現在は著名投資家と知られるマイク・ノボグラッツ氏が、先週の仮想通貨市場について言及しました。

同氏は、ゴールドマンサックスは半年以内にカストデイサービスを開始、仮想通貨市場にFOMOが起きると主張しています。

要点

・FOMO(fear of missing out)
FOMOは「fear of missing out」の略語で、「出遅れることへの恐怖」という意味です。昨年12月のような、買いが買いを呼ぶ相場のことであり、ノボグラッツ氏は今度はそれが機関投資家レベルで起こると主張しています。

マイク・ノボグラッツ氏:仮想通貨市場にFOMOが起きる

億万長者の投資家マイク・ノボグラッツ氏によると、ビットコインが一度8800ドルから10000ドルを超えると、機関投資家達が参入してきます。ビットコインは、今年末までに8800ドルから10000ドルに到達しないことはありえません。

ノボグラッツ氏は、先週の仮想通貨市場の上昇を受け、活発にメディアに出演し、CNBCの番組でも発言しました。

同氏いわく、ゴールドマンサックスが6週間以内にカストデイサービスを開始すると予測、機関投資家や年金基金が3ヵ月~6ヵ月以内に仮想通貨市場に参入するとコメントしました。

それにより、昨年12月のような買いが買いを呼ぶ相場(FOMO)が機関投資家のレベルで起こるかもしれないともコメント。

年末までにビットコインの価格が30%上昇するとも予測しています。

なお、先週にもノボグラッツ氏は「仮想通貨市場は底をつけた」とコメントし、強気の立場を再度強調する形となりました。

仮想通貨市場に年末へ向けた昨年のラリー再来!?著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!チャート解説

 

2019年以降のテーマとされる「仮想通貨市場の金融化」

今年は、「機関投資家の参入」が仮想通貨市場の大きなテーマとなりました。

それは、巨額の資産を運用する機関投資家やヘッジファンドといったいわゆる「大口・クジラ」と呼ばれる母体が市場に参入することにより、大幅に価格が上昇するというものです。

本来であれば、年後半からそれは始まるとのことでしたが、ノボグラッツ氏の発言や直近のニュースをみると、確かにもう半年は要するのかもしれません。

なぜなら、まだ機関投資家が参入できる規制やカストデイ(仮想通貨保管サービス)が整っていないからです。

9月に入り、ようやく規制が整うニュースも出始めてきたので、のぼノボグラッツ氏が指摘するように、ここ3ヵ月~6ヵ月の市場動向には注目でしょう。

BitGoが公的機関から認可を受けたカストディアンへ!2019年以降も鍵を握る「カストデイ」についても解説!

 

まとめ

仮想通貨市場は、例年10月から12月に上昇しやすい傾向にあります。

ノボグラッツ氏の指摘も、注目とされる最後の四半期(10月~12月)と重なるので、そこで相場が上昇できるのか注目でしょう。

規制に関していえば、直近ではビットコインETFの可否判断に引き続き注目です!

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.