ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ETF可否判断通知は30日ではなく29日明朝!?SEC事情に詳しい専門家が指摘!念のため注意か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30日が期限とされるETF可否判断結果ですが、SEC事情に詳しい米国の専門家ジェイク・シルビンスキー氏によると、28日(米国時間)に何らかの通知がだされるのではないかと指摘しています。

要点

・29日明朝は注意?
シルビンスキー氏の指摘によると、SECの通知が28日なので、日本時間29日(土)の明朝は注意したほうが良いかもしれません。

SECの通知は29日明朝?

4.1/多くの人々は2018の最も刺激的な ETF の提案として VanEck/SolidX を参照してください。それはメインとなるものです。なぜなら、現物に裏付けされており、デリバティブを通じて価格を追跡するのではなく、実際のビットコインを購入して保管するからです。

4.2/SEC の VanEck/SolidX の次の締め切りは9月30日です。私は来週の金曜日までに何らかの発表があるのではないかと思います。SEC は12月29日まで別の90日間の決定を遅らせることができます。その後、2月27日まで別の60日間遅らせることができます。それは絶対最終期限になります。

上記のツイートのように、シルビンスキー弁護士は「来週の金曜日までに何らかの発表があるのではないかと思います」と指摘しています。

可否判断の締め切りは30日ですが、29日・30日は土日なること、またSECは8月も数日前に可否判断の延期を発表したのを考えると、その可能性はあるでしょう。

金曜日は28日ですが米国時間なので、日本時間では28日21時~29日朝にあたります。

さらにこれまでのSECの発表時間を考慮すれば、29日土曜日の明朝は念のため注意しておいたほうが良さそうですね。

ただ、シルビンスキー弁護士の指摘もあくまで目安であって、もちろんSECは30日までであれば、どこでも発表する可能性はあります。

 

延期された場合どうなるのか

なお、市場関係者のコンセンサスは、今回も延期されるという見方です。

【いよいよ来週】今年最大のイベントとされるVanEck/Soild版ETF可否判断は9月30日!5人の専門家の見解まとめ!

その場合、シルビンスキー弁護士がいうように下記のような日程で延期されます。

①12月29日まで延期可能(90日間)
②2月27日まで延期可能(60日間)

ただ、VanEck/SoildX版ETFに関しては、厳格な審査のため、通常の延期よりさらに延期されるとの見方も出ています。

今回もし延期された場合も、SECがどのような審査をしたのか30日までの発表である程度わかるので、延期理由やSECの声明に注目です。

 

まとめ

VanEck/SoildX版ETFは、シルビンスキー氏が指摘するように、他のETFと違ってビットコインの現物が保管されるため市場に大きな影響を与えるとされています。

そして、そのため流動性や価格操作の観点から、SECに認可されるETFとして注目されています。

何らかの発表は、30日までに行われますが、日本時間で29日明朝の時間帯は、念のためチェックしておいて損はないでしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.