2018年 9月 の投稿一覧

rippleがxVia・xCurrent・xRapidを「Convergence」として統合か

Rippleのウェブサイトから、3つのプロダクトについてのコンテンツが消えたことで、全てを統合した製品「Convergence」になるのではと話題になっています。
Convergenceという名前は、今年8月にすでにJim Chauncey-Kelly氏によって発表されていたものです。

[coin-explan-XRP]

xVia・xCurrent・xRapidの3つを「Convergence」として統合の可能性

法人向け国際送金サービスを開発するRippleNetが、構成コンテンツであるxVia・xCurrent・xRapidの3つを1つに統合するのではないかと言われています。
もともとはRippleNetを利用するためにこの3つのソリューションを別々に提供するとしていました。

統合の根拠として、rippleのサイトからxVia・xCurrent・xRapidいずれの記載も消え、RippleNetのみになっていることが挙げられます。 また、すでに削除されていますが、ripple社のディレクターであるJim Chauncey-Kelly氏がツイッター上で発言したことなども関わっているようです。

[aside]補足
xVia・xCurrent・xRapidについて
xVia:請求書情報などを添付する役割
xCurrent:決済内容の確認を含めた送金処理を行う
xRapid:XRPを使用して流動性を供給し、コストを抑える
[/aside]

統合されればXRPの流通量が増加

3つの製品にわかれていたRippleNetがパッケージとして提供されることとなれば、XRPを使用するxRapidの利用企業が増え、XRPの流通量が増加します。
現在これによるXRPの価値上昇を見込んで買いに走る投資家も多くなっています。

世界中のツイッターでも話題

[ex-ja-XRP] [kanren postid="4341,4329,4059,4013"]No tags for this post.

仮想通貨市場にトレンド転換の兆し!?RGIトレンドラインが示唆!

ブルームバーグが「RGIトレンドライン」という高性能なテクニカルを使って価格分析をおこなっています。

それによると、近いうちに仮想通貨市場はトレンド転換するかもしれないとのことです。

要点

・RGIトレンドライン
RGIは「RSI」と「モメンタム」というテクニカルを複合した高性能な指標のようです。簡単にいうと、「売られすぎ・買われすぎ」と「相場の勢い」で判断するテクニカル指標です。

 RGIトレンドラインが強気相場を示唆?

引用元:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-27/momentum-gauge-suggests-next-bitcoin-bull-run-on-the-horizon

上記のチャートをみればわかりますが、下の緑の線と赤の線がゴールデンクロス(上方に交差)を起こしていることがわかると思います。

このことから、ブルームバーグは近々、ビットコインに強気相場が再来するのではないかと分析しています。

ちなみに、上記のチャートはビットコインだけですが、基本的にビットコインの値動きが仮想通貨市場を牽引しているので、仮想通貨市場全体がトレンド転換するとみていて良いでしょう。

前回、ゴールデンクロスを起こしたときは、8月中旬で、その際は価格が約20%ほど上昇しました。

もちろん、必ずこのテクニカル指標が当たるわけではないですが、直近の相場では相性が良いみたいなので、今回も価格が上昇するのに期待したいですね。

 

注目の四半期が迫る仮想通貨市場

相場が上昇するのは、チャートだけでなく、ファンダメンタルズ(相場の材料)にも期待できます。

仮想通貨市場は例年10月から12月に上昇しやすく、多くの専門家、投資家が指摘している期間です。

年末の季節要因については下記の記事でまとめてありますので、こちらを参考にしてください。

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

バイナンスCEOザオ氏も仮想通貨市場の季節性についてコメントしており、昨年も10月までは相場が低迷していたと主張しています。

また、ファンドストラッド社アナリスト、トム・リー氏も、これから価格が上昇するとみており、ビットコイン年末220万円の予想を変えていません。

 

まとめ

直近の価格でいえば、ビットコインは6800ドルのレンジ突破に苦戦しているので、まずはその突破に注目でしょう。

仮に6800ドルを抜けてくると、上昇に勢いがつき、RGIトレンドラインが示唆するように市場全体が上昇基調に入る可能性があります。

そして、11月にはBakktのビットコイン先物リリースやSWELLも控えているので、ファンダメンタルズの面でも10月から年末にかけて相場が上昇するのに期待したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

再開を望まれるコインチェックさんの最新アナウンスwwwwwwww

c5376882.png

■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

日本シリーズ開幕!ビットコイン×プロ野球でスポーツベット(ブックメーカー)を楽しもう!

野球好きのみなさん。

ついに日本シリーズが開催です!

日本シリーズですが、実は仮想通貨を使って勝敗予想をして楽しめちゃうんです。

3分で始める!ビットコインブックメーカー(sportsbet.io)のはじめ方

先日紹介したビットコインブックメーカー(Sportsbet.io)で下記の様に試合毎や日本シリーズ優勝の球団の予想ができるんです。

普通に観戦しても熱くなれる日本シリーズですが、

もっと熱くなれること間違いなさそう・・・!

Sportsbet.io公式サイト

 

ビットコインブックメーカーで大盤振る舞いキャンペーン?

仮想通貨を利用したブックメーカーは業界では革命的と言われています。

なぜかというと、海外ブックメーカーに関しては入出金トラブルが一番の懸念だと見られていたのですが、

ブロックチェーンを利用している仮想通貨での入出金が実装されたことにより、トラブルが激減。世界中で安心してどこでも利用できるようになったようです。

そのため、現在様々なビットコインブックメーカーで今のうちにユーザーシェアを獲得し、業界トップサービスになりたいという大人の事情もあるのか、キャンペーンが大盤振る舞いになっています。

 

ちなみに他記事でもお伝えしましたが、現状ビットコインブックメーカーではSportsbet.ioというサービスが圧倒的にオススメです。

  • 運営元が他サービスも長期的に提供しているため安心でき、オランダ領政府からライセンスを得て運営している。
  • 日本語でのサポート対応が問題なく対応してもらえる(Google翻訳とかでよくわからないような話になりにくい。)
  • 送金・入金にトラブルが無く早い。

というところが根拠です。むしろ他の怪しいブックメーカーは気をつけてください。

Sportsbet.ioで日本シリーズに関するキャンペーンは去年行われていたので、今年も突発的に行われる可能性があります。

また、ラグビーに関しては現在日本がトライを成功するたびにフリーベットが手に入るキャンペーンをやっているようです。

 

【世界ラグビー】日本代表戦キャンペーン!ラグビー日本代表の大活躍をビットコインで更に楽しもう!【ビットコイン】

 

Sportsbet.io公式サイト

sportsbet.ioの登録方法

sportsbet.ioをプレイするには、会員登録が必要になります。

しかし、本人確認など煩わしい手続きは必要なく、ログインID・パスワード・生年月日・Eメールアドレスのみで登録できます。

おおよそ「3分」で登録完了します。

まず、こちらにアクセスを行い、右上の「アカウントの作成」をクリックします。

 

登録完了画面がでてきて会員登録完了です。1-2分かからなかったと思います。

 

登録を終えると、実際に入金をしていきます。

 

ページ右上「入金」部分をクリックすると入金・ビットコインを購入する・出金・マイボーナスの項目が表示されるため、入金をクリック。

 

ビットコインアドレスQRコードが表示される為、表示されたビットコインアドレスに送る、もしくはQRコードをスキャンして任意の数量のビットコインを送金してください。

Bitflyerやcoincheckなど日本の大手取引所からだと数分で送金できると思います。

 

出金方法

 

入金と同じボタンを押すと、「出金」というボタンがあるため、そこに出金したい金額とビットコインアドレスを入れるのみです。

残高が表示されますので、mB額引き出したいビットコイン数量を入力。

一度に大量にビットコインを出金する場合は、アドレスが間違っていないか確認するためにも少額を一度出金し、間違いなく送金できたか確認したあとにすべて出金するのが良いかと思います。(セルフGOXしないため)

 

この記事のまとめ

日本は仮想通貨自体名前を知っていても実態を知らないという人がほとんどです。また、偏見を持った方が増えているのも事実です。

しかし、個人的にはこのような送金関係で実際に使われるのが仮想通貨の本来のあり方だと考えています。

今後どの様になっていくかわからない仮想通貨界隈ですので、今のうちに安心してプレイできるブックメーカー遊んでみるのも一興かと思います!

個人的にはなんだかんだソフトバンクが勝つんじゃないかと思っています

 

Sportsbet.io公式サイト

 

スポーツベット関連記事

スポーツベット以外にも同じ運営サービス会社でビットコインカジノというのもサービス提供されています。

こちらも非常に面白く、注目されているので、是非見てみてください。

【人気記事】猫でもわかるビットコインカジノのはじめ方

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

 

仮想通貨市場は、例年10月から12月に価格が上昇しやすい傾向にあり、いよいよその季節がやってきます。

果たして今年は上昇できるのか、デジタル資産顧問のデータも併せて紹介します。

要点

・注目の四半期が到来
ビットコインETF、Bakkt、世界の仮想通貨規制、xRapidの商業化など多くの材料がある中、今年最後の四半期に注目です。

 注目の四半期で仮想通貨市場は逆転できるのか?

以前から当ブログでもお伝えしていますが、仮想通貨市場は例年、秋から冬にかけて価格が上昇するという傾向があります。

過去3年間、仮想通貨市場は9月~12月に暴騰!2018年も年末へ向け価格は暴騰するのか!?チャートで解説

ちなみに、その理由については謎で「季節性」や株式市場における「アノマリー(原因不明の法則)」ということができるでしょう。

以前、当ブログで取り上げたのは9月から12月にかけてでしたが、多くの専門家や投資家は四半期(1年を4分割したもの、つまり3ヵ月間)に注目しているようです。

 

4年間のマイナスリターンはたったの14日

引用元:https://www.marketwatch.com/story/battered-bitcoin-bulls-are-latching-on-to-this-seasonality-chart-2018-09-14

上記のチャートは、デジタル資産会社である「エレメント・デジタル・アセット・マネジメント」が公開したチャートです。

1ブロックが一か月を表しており、赤枠で囲った箇所が各年の10月から12月の部分です。

さらに、緑はポジティブの日、赤はネガティブの日を表しています。

チャートをみればわかる通り、2015年を除いて、10月から12月はほぼ緑、つまりポジティブの日が多いのがわかるでしょう。

単純計算で過去の10月から12月は、360日中14日しかネガティブの日が存在しないという驚異的なパフォーマンスを記録しています(2015年を除く)。

今年も例年通り、年末へ向けて価格が上昇するのか、あるいは2015年の再来となってしまうのかはまだわかりません。

 

イベントも豊富な四半期

専門家や投資家が、10月からの四半期に注目をしているのは、単に季節性だけではありません。

年末へ向けて、仮想通貨市場は多くの重要なイベントを消化していきます。

①VanEck/SoildX版ETF可否判断(最長2019年2月まで)
②Bakktのビットコイン現物受け渡し型先物リリース(11月)
③リップル社「SWELL」・xRapid商業化へ向けた動き(10月~)
④ゴールドマン、モルガンスタンレー等、ウォールストリート参入

これらのイベントは決して、単発で終わるものだけではなく、2019年以降の市場のテーマもつかさどる超重要要因です。

なので、投資家の思惑や実際に機関投資家が参入して、相場が上昇するのは十分考えられます。

著名投資家ノボグラッツ氏は「半年以内に機関投資家が参入してくる」とコメントもしています。

 

まとめ

注目の四半期を象徴するように10月1日からリップル社「SWELL」が開催されます。

また、ビットコインETFの可否判断も行われるので、そちらにも注目でしょう。

そして、11月にはBakktの現物受け渡し型ビットコイン先物も上場。

もちろん、年末から2019年へ向けて、また新しい材料が出てくる可能性も考えられます。

2018年の四半期も、価格が上昇するのに期待したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Liquid(元QUOINEX)にnemが上場!

2018年9月5日にワールドブックを特徴とした取引所Liquid(リキッド)として生まれ変わった元QUOINEX(コインエクスチェンジ)にNEMが上場しました!

Liquid
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="3982"]

Liquid上でXEM/BTCの取引が可能に

ツイッターにもあるようにQuoineGlobalが運営するLiquid上での取り扱いとなり、残念ながら今の所日本版Liquidでの取り扱い開始ではないようです。

今のところQUOINE Japanからの公式発表はなく、今後の対応が気になるところです。

[ex-jp-QUOINEX] [ex-ja-XEM] [kanren postid="3982,3997"] No tags for this post.

仮想通貨リップル(XRP)に対する世間の反応

これまでの雰囲気を知るために、過去のニュース動画の一部を共有します。

2017年前半までのリップルに対する世間の反応は「???」というものでした。そのニュースを見てリップルだと気付く人すらほとんど居ませんでした。2017年の年末から2018年の年始にかけて XRP が暴騰すると世間は XRP の価格だけに注目して大騒ぎを始めました。「何なのか良く分からないけど、とにかく凄そうだ」という雰囲気でした。

その後、リップル社は世間に向けてリップルが金融とインターネットを変革するものだという説明を丁寧に始めました。そして将来的に、そこでは XRP というデジタル資産が重要な役割をすることを強調しました。しかし、世間は「何だまだ使われていないのか。」という反応を示しました。実際にはその裏で Western Union や MoneyGram などの大手の国際送金業者や銀行が実用化に向けて準備を進めていました。

XRP


No tags for this post.