2018年 9月 の投稿一覧

仮想通貨トレーダーさん、クレカ借金地獄から20万を元手に2か月半で100倍にwwwwwww

eca1711170500002-p1


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

【悲報】Zaif(ザイフ)から盗まれた数十億円もの仮想通貨が中国で換金される・・・

1: 2018/09/27(木) 15:27:09.87 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
9月14日から15日にかけて、仮想通貨交換所Zaif(ザイフ)から流出したとされる仮想通貨ビットコインのうち、10億円相当が、すでに換金されている可能性が26日までに明らかになりました。

 ザイフを運営する事業者テックビューロによれば、流出したのは3種類の仮想通貨で合計70億円あまりとされていますが、このうちビットコイン(単位・BTC)は5966BTCで42億5千万円です。

 ネット上に公開されているビットコインの送信記録を本紙が調べたところ、流出したビットコインのうち18億円近くが多数のアドレスに分散して送金され、
そのうち約10億円分は、中国系の仮想通貨交換所バイナンスとみられるアドレスに送金されていることが判明しました。

 バイナンスへの送金は、2BTC(約140万円)をぎりぎり下回る額まで細分化したうえで、15日から23日までの間に700回以上も行われています。
1日あたりの送金額は600万円から2億8000万円程度でした。とくに、19日から21日の3日間は送金が集中しており、この3日間だけで500回以上の送金が行われました。
バイナンスは日本やアメリカなどの取引所に比べて規制が緩く、2BTCまでの取引ならば本人確認が不要とされていることから、この規制の穴をついたものとみられます。

 バイナンスに送金したのが犯人自身なのか、犯人からビットコインを買った人物なのかは不明ですが、いずれにせよ、取引所を経由することで流出コインの洗浄(ロンダリング)を狙ったものです。
少なくとも、この10億円はすでに換金されたと考えられます。
仮想通貨交換業者のセキュリティー対策の問題とともに、本人確認が甘く資金洗浄に容易に利用される取引所の存在が、大きな問題となっています。

流出ビットコイン すでに10億円換金か?
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-27/2018092701_04_1.html
no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538029629/


続きを読む No tags for this post.

SBI Ripple Asia、財務局で電子決済業者の登録を完了!Money Tapローンチへの道筋がクリアに

東京に拠点を置くSBI Ripple Asia株式会社が、財務局で電子決済代行業者としての登録を完了したことを発表しました。

SBI リップルアジアが電子決済代行業者としてのライセンスを獲得

2018年9月26日、リップルのブロックチェーン技術を利用したフィンテックサービスを提供する「SBI Ripple Asia」は、関東財務局での電子決済代行業のライセンスを取得したと発表しました。

これにより今秋リリースを予定している銀行間送金アプリ「Money Tap」のハードルがクリアされたことになります。

6月に行われた金融庁の発表によると、銀行の公開APIを使って電子決済を扱う代理企業は、地方財務局に登録する必要があります。
Money Tapはこの規制が適用されるため、今回の登録で課題が解決されたかたちです。

Money Tapは住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の国内3銀行で提供を開始し、今後60以上の金融機関と連携拡大することを発表しています

SBIリップルアジアの最高経営責任者(CEO)の沖田 貴史(おきたたかし)氏は、秋のリリースではiOSとAndroidデバイスの両方でアプリケーションを利用できるとしています。

参考:coindesk [aside]補足
電子決済等代行業とは、オープンAPIなどを活用し「預金者の銀行口座残高や利用履歴等の情報を銀行から取得し、提供すること」や「預金者の銀行口座から他の銀行口座への振込等の指図を預金者の代わりに銀行に対して伝達すること」などのサービスを提供する事業者のことです。 [/aside] [explain-ripple] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

Google検索数、史上初「リップル」が「ビットコイン」を上回るwwwwwww

XRP


■ツイッターより
  続きを読む No tags for this post.

Money Tapのリリース間近!?SBIリップルアジアが電子決済等代行業者の登録を完了!

「ブロックチェーン実用化」という意味でも、当ブログで取り上げている「Money Tap」ですが、リリース元であるSBIリップルアジアが国内の電子決済等代行業者の登録を済ませたと発表しました。

要点

・Money Tapのリリースが目前に!?
以前から、SBIリップルアジアは国内でのMoney Tapローンチを今秋と告知しているので、それを見越しての登録の可能性が濃厚です。

SBIリップルアジアが電子決済等代行業者の登録を済ます

SBIリップルアジアが国内の「電子決済等代行業者」の登録を完了したことを発表しました。

以下が公式プレスからの一部引用になります。

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾 吉孝)の子会社で、次世代決済基盤をアジア地域で展開するSBI Ripple Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:沖田 貴史、以下「SBI Ripple Asia」)は、本日2018年9月26日付で、電子決済等代行業者としての登録を完了(電子決済等代行業者 登録番号 関東財務局長(電代)第2号)いたしましたので、お知らせいたします。

[中略]

SBI Ripple Asiaは、今後「Money Tap(マネータップ)」に係る電子決済等代行業が適切に実施されるために、電子決済等代行事業者の登録のほか、利用者への適切な情報提供、参加銀行との契約締結・公表義務などを適切に履行し、安全で使い勝手が良いフリクションレス(摩擦のない)決済を実現し、キャッシュレス化を通じて、新たな産業の育成とともに、生産性の向上と社会コストの低減を図っていきます。

引用元:https://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0926_11274.html

 

Money Tapのリリースが目前か

ちなみに、電子決済等代行業者は2017年にできた新しい制度です。

とても簡単に説明すると、決済業務に関わるサービスをリリースする際は、「電子決済等代行業者」として登録しなければいけない制度のことです。

以前からお伝えしていた通り、今秋にSBIリップルアジアからブロックチェーンを搭載した送金アプリ「Money Tap」がリリースされます。

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

今回の電子決済等代行業者登録は、プレスにもある通り、Money Tapローンチを見越してのことでしょう。

反対に、すでに法的にも準備が整い「今秋」と告知していることから、10~11月にリリースされる可能性が高まります。

 

ブロックチェーン実用化へ向けた第一歩

こちらも以前からお伝えしていますが、「Money Tap」は「ブロックチェーン実用化」の第一歩としての期待が高いです。

もちろん、現在、様々なサービスにブロックチェーンは使われ始めていますが、Money Tapの「簡単さ・便利さ」をもったサービスは少ないでしょう。

当アプリには、ブロックチェーンが搭載され、携帯番号での送金やQRコードで、低コストの送金を可能にするとのこと。

また、使われているのはリップル社のプロダクトであり、同社の動向としても注目となりそうです。

 

まとめ

とにかく、Money Tapのリリースが目前に迫っているので、楽しみにしながら待ちましょう。

リリースは、「内外為替一元化コンソーシアム」というグループに参加している三菱東京UFJ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行といったメガバンクからもリリースされます。

各銀行がどのような形でリリースして、そのように使えるのかはまだ不明ですが、そちらの詳細も近々発表される可能性があるので、期待したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨バンクエラ(BNK)のCEOがマネロンでリトアニア銀行より罰金命令・・・

17: 2018/09/22(土) 18:20:30.89
CEOがマネーロンダリング、テロ資金調達防止法に違反し、リトアニア銀行より罰金命令。 

信用失墜で銀行業は完全にアウトだな 
これで事業ストップもバレたしトンズラ確定だろ 

頭バンクエラも崩壊ww

images

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537583612/


続きを読む No tags for this post.

Zaifのアナウンスに対するユーザーのコメントが辛辣過ぎてワロタwwwwwwww

20180217032


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

Zaif(zaif)の歴史が凄いと話題にwwwwwwww

187: 2018/09/26(水) 19:38:37.62
■ザイフさんの怒涛の毎日 
2017年8月中旬~ - 502 Bad Gatewayが頻発するようになる(終わりの始まり) 

2017年10月頃 - 不具合でZaifトークンが数日間取引不可に、コムサ開始タイミングで運営が意図的にやった説も 

2017年11月 - ほぼ一日中、取引は一時的に利用できませんとメッセージが出て注文できないバグが発生 
↑の解消がアナウンスされるが完全には治らず、メッセージなしで40秒以上固まり注文無効化や不利約定するようにもなる 

2017/12/14~1/26 - 年末の大事な時期に取引履歴CSVのダウンロード機能を一か月以上停止(履歴欠損の指摘も) 

2017/12/16 - 上記の問題によりユーザーがイラつく中、つまらないお笑い動画の配信開始と宣伝をして余計にイラつかせてしまう 

2018/1/6~10 - APIキーが漏洩して不正利用される → ポル山ポエムを称賛するツイートをひらすらRTしまくり火消し 

2018/2/16 - 不祥事だらけなのに、自粛するどころかクソみたいな成金CMを流し始める 

2018/2/18 - BTCを0円で買えるバグで2千兆円男が誕生(通称:メンメン事件)→ 該当アカウントを凍結して葬り去ろうとする 

2018/2/21 - 成行き注文を停止するという斬新な方法により、サーバーパフォーマンスの改善を試みる 

2018/2/22 - 注文が通らない中で40万以上下落してロスカ狩り、早くも↑の成果を披露してしまう

2018/3/8 - 数々の不祥事が金融庁にもバレて、一度目の改善命令を食らう → 不謹慎なCM放映が中止される 

2018/3/16 - 予告なくサービスを終了できるように規約改定(https://corp.zaif.jp/info/8982/
 
2018/3/20 - 資本金が減資される(https://www.sankeibiz.jp/business/news/180507/bse1805070630001-n1.htm) 

2018/5/15 - BCHが増殖するバグが発生(https://twitter.com/peroperocash/status/995929701846675456/) 

2018/5/21 - 変なニュースレター公開「早いもので、弊社が業務改善命令を受けてから~」等(https://corp.zaif.jp/info/9491/) 

2018/6/11 - iCloudメールアドレスバグが発生(https://twitter.com/zaifdotjp/status/1006078402707771392) 

2018/6/22 - 二度目の改善命令を食らい追い込まれる 

2018/7/2 - マイナス手数料終了とFX手数料有料化でさらに過疎る、部分約定で満額分の手数料を取られる詐欺バグ(仕様?)も発生 

2018/7/2 - テックビューロを分社(売却準備 疑惑) 

2018/7/14 - 元?アドバイサーが新幹線ツイートで炎上、後日「ロケットで行きなよ」等とバカにされる

2018/7/18 - スマホアプリの配信終了が決定(撤退準備 疑惑) 

2018/7/19 - 50万以上下落して2月のロスカ狩り記録を更新、更にチャートを改竄して隠蔽を図る
no title

2018/7/20 - 元CMキャラのインスタが炎上「ファンに対する冒涜行為」(http://wezz-y.com/archives/56721) 

2018/7/20 - 元?アドバイサーが盗撮写真アップで炎上(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00274168-nksports-ent) 

2018/7/25 - 取引履歴ページを見れなくなる不具合が発生(https://twitter.com/zaifdotjp/status/1022005841715757057) 

2018/7/26 - BTCの価格表示が2億になった模様no title
no title
 
2018/8/9 - 2017年5月から18年3月まで続いていたアフィ報酬未払いについて今更アナウンスする(https://corp.zaif.jp/info/10070/) 

2018/9/14 - 67億円相当の仮想通貨を流出 

2018/9/18~20 - ようやくハッキング被害に気が付いて公表する(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html) 

2018/9/20 - 大手ニュースサイトにもバカにされる(https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-markets-are-calm-after-the-zaif-hacking
 
2018/9/25 - 3度目の業務改善命令を食らう(https://corp.zaif.jp/info/10225/) 

■ザイフさんの魅力 
・代表自ら退避を勧めてくれる「嫌いなら是非他行ってくださいね」

DX0O3h3UMAEeJ8c
 
・成金CMなのに、安っぽいレンタルオフィス
no title

・成金CMなのに、格安レンタルサーバーみたいな糞鯖(通称:さくらのレンタルサーバー)
 
・胡散臭いトークンや時計の宣伝に注力している 
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537862419/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨の「金融化」と「実用化」!2019年以降の2大テーマをおさえておこう!

2019年以降のテーマとされ、相場にも影響を与えるのが仮想通貨の「金融化」と「実用化」です。

今回は、直近のニュースをまとめつつ2つのテーマを解説します。

要点

・仮想通貨の「金融化」と「実用化」
特段、新しいテーマではないですが、2019年にフューチャーされるであろうテーマが仮想通貨の「金融化」・「実用化」です。これさえ押さえておけば仮想通貨ニュースも簡単にわかるので、参考にしてください。

加速する仮想通貨市場の「金融化」

仮想通貨(市場)の「金融化」とは、取引のルールを明確化すること、取引のルールを共有することです。

つまり、話題になっている「市場の仮想通貨規制が整う」ということを意味します。

反対に、現在は仮想通貨取引のルールさえ確立されていないのです。

国内においてはようやく自主規制団体が設立、ルールの策定へ向けて動きだしていますが、ちゃんとした形までは至っていません。

 

大手金融機関の仮想通貨市場参入

先日は著名投資家ノボグラッツ氏が「3ヵ月~6ヵ月以内に機関投資家が参入しFOMOが起きる」とコメント。

仮想通貨市場にFOMOが起こる!2ヵ月以内にゴールドマンサックスが参入!?米著名投資家ノボグラッツ氏が発言!

市場が金融化する最大のメリットは、健全な市場が形成されることで、より資金が流入しやすくなるというメリットがあります。

特に今話題になっているのは、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、シティバンク、バンクオブオブアメリカなど、大手金融機関が市場に参加することです。

モルガンスタンレーがビットコインスワップ取引計画!バンクオブアメリカも準備中とのリーク報道も!

これらの報道は、ようやくこの秋になって出始めてきているので、年末から2019年以降、どれだけ大手金融機関が市場に参加できるか、そのルール作りの確立が重要視されてきます。

数日後に可否判断がくだされるビットコインETF、Bakkt、カストデイサービスの金融化にはかかせないツールとなります。

ETF可否判断通知は30日ではなく29日明朝!?SEC事情に詳しい専門家が指摘!念のため注意か

 

仮想通貨の「実用化」は進むのか

こちらは目新しいテーマではありませんが、2019年以降も「仮想通貨の実用化」は大きな課題になってきます。

この秋からは、リップル社のxRapidの商業化、ブロックチェーン搭載の送金アプリ「Money Tap」がリーリースされ、少しづつですが仮想通貨やブロックチェーンが実用化されているのは間違いないでしょう。

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

また実用化に関してもBakktが、マイクロソフト、スタバと提携した事業を計画しており、そのような実用化へ向けたプラットフォームの充実も焦点になってきそうです。

 

まとめ

簡単にすると、「仮想通貨市場の金融化」とは、「仮想通貨規制を整え市場のルールを明確化すること」です。

それにより、仮想通貨市場に資金がより流入することが期待できます。

実用化に関しては、xRapid、Money Tapなどこの秋から徐々に実用化へ向けた動きがあるので、まずは金融の分野でのユーズケースの確立を焦点に2019年も重要なテーマとなってきます。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【朗報】サムスンが仮想通貨業界に参入wwwwwwww

85: 2018/09/26(水) 23:03:45.86
速報 

サムスンが仮想通貨業界に参入

eca1711170500002-p1


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537927677/


続きを読む No tags for this post.

Zaifの管理体制ヤバすぎてワロタwwwwwww

123: 2018/09/20(木) 19:39:15.39
仮に一部をホットウォレットに入れておくのはやむを得ないとしても、 
3日気づかない管理体制がおかしいわな 
セキュリティに金回せないような過当競争な業界じゃないし、 
セキュリティの高さが客を集める道具にもなるのにこのありさまは信じられない。 

ゴックスのように犯人とグルになってんじゃないかと疑われても仕方ない

20180217032

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537428505/


続きを読む No tags for this post.