2018年 9月 の投稿一覧

Googleが10月より米国、日本での仮想通貨広告の限定的許可を発表

Googleが徹底的な仮想通貨広告の禁止を終わらせることを発表しました。

規制に準拠した仮想通貨取引所の広告表示が可能に

Googleにより、新しい広告のポリシーが更新されたことが発表されました。

以下は公式文面より抜粋しています。

2018 年 10 月に金融商品およびサービスに関する Google 広告のポリシーが更新され、規制対象の暗号通貨取引を米国と日本において宣伝することが許可されるようになります。

広告主様は、ご自身の広告の配信先となる国ごとに Google の承認を受ける必要があります。
10 月に更新されたポリシーが施行されると、広告主様は承認を申請することができるようになります。

このポリシーは、これらの金融商品を宣伝するすべてのアカウントに世界の全地域で適用されます。
3月と6月に発表されたGoogleの規制で含まれていたICO、ウォレット、取引アドバイスに関する広告は未だ規制されたままです。
これらは仮想通貨ブームにより急増した詐欺まがいの商品から消費者を守るための措置でしたが、同時に合法的な企業も広告を出すことができませんでした。

今回の規制緩和により、合法的な仮想通貨取引所は広告を出すことが可能になり、ユーザーにとっては「Googleに広告を出すことが許された取引所」ということで信頼性の担保としても有効です。

2018年6月にFacebookが仮想通貨関連の広告規制を撤廃した動きに追随する形となった今回のレギュレーション変更は、仮想通貨業界にとって嬉しいニュースとなりそうです。

なお、この新ルールは全世界の広告主に適用となりますが、掲載できるのは米国と日本のみということです。

[recommend-ex]No tags for this post.

ついにリップル(XRP)がコインベースに上場!?コインベースがアルトコイン取り扱い急拡大を発表!

25日、米大手取引所コインベースがアルトコイン取り扱いに関する方針を変更すると発表しました。

XRPが今朝急騰しましたが、一部ではコインベース上場の思惑が急騰要因との指摘もあります。

要点

・XRPがコインベースへ上場?
過去にXRPに関しては署名運動が行われていたこともあり、今回の方針変更でXRPが上場する可能性が高まったとの指摘もあります。

 コインベースがアルトコイン取り扱いに関する方針変更を発表

私たちのトップの顧客の要求の一つは、多くの新しいデジタル資産のサポートを追加することになっているが、我々はお客様が期待してきた基準を維持し、準拠し、安全な方法でこれを行う方法を決定している。

今日、私達は、デジタル資産を発見し、評価し、交換し、使用するツールを顧客に提供している間、標準を満たし、ローカル法律に迎合的であるほとんどのデジタル資産を急速に加えることを可能にする新しいリストプロセスを発表している。

コインベースの発表によると、これまでコインベース側が状況に応じてアルトコインの追加を発表していましたが、これからはオンラインフォームからの申請方式にするとのこと。

これによち、アルトコインの取り扱い種類を急拡大する予定とのことです。

さらに注目すべきは、その国ごとに応じて取り扱う通貨のリストを作ることです。

例えば、現在米国ではXRPに有価証券の議論があり、合法化されていませんが、日本では一般の取引所でも取引できます。

なので、コインベースの日本ユーザーはXRPを購入できるといったことです。

ただし、追加するアルトコインの詳細に関してはまだ何も発表がないのと、コインベースがどこまでその国の規制に対応するかも定かではありません。

今後、コインベースに追加されるアルトコインの状況をみていきたいところですね。

 

XRP急騰はコインベースが影響?

今週に入って調整していたXRPですが、本日明朝に再び急騰しました。

一部では、XRPコインベース上場の思惑が急騰につながったとのことです。

上述したように、現在米国ではXRPは合法的に認められておらず、規制を重んじるコインベースはXRPを上場していません。

明確な急騰理由ではなく、あくまで憶測レベルですが、アルトコインの取り扱いが今後増えるのは間違いないので、XRPの上場も期待したいところですね。

 

まとめ

コインベースが今後アルトコインの取り扱いを増やしていくのは期待できますが、どのような基準で増やしていくのかはいまだに不明瞭な部分もあります。

各国のリスティングもその国の規制に従うとありますが、実際上場されないとわからない部分もあるでしょう。

なので、XRPの上場に関してもあくまで憶測のレベルで頭に入れておきましょう。

ただ、発表はされ、今後アルトコインの取り扱いが増えていくのは間違いないので、引き続きコインベースの動向には注目です。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Zaifさんが全力でやってる業務wwwwwwww


20180217032

■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

仮想通貨交換業者Zaif、登録の取り消しの可能性も!?

97: 2018/09/26(水) 05:38:11.21
宿題だして猶予を与えたわけで、金融庁の本気度がわかるのはもう少し先だろうな。 


仮想通貨流出「Zaif」の報告「全てにおいて不十分」 金融庁(ITmedia NEWS) 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000088-zdn_n-sci 

「顧客被害への早急な対応を促すもので、業務停止命令などは必要に応じて判断する方針だ。」 
「不正の検知に(14日から3日間も)時間がかかっているのは問題外」 

「資金決済法によれば、登録の取り消し、業務の一時停止といった手段も考えられる。検査を続け、把握した状況を踏まえ、必要な対応を取る」(同庁)

20180217032


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537862419/


続きを読む No tags for this post.

Zaif代表朝山氏、ブロックチェーン推進協会の副代表辞任!同社へは厳しい業務改善命令も

約70億円相当の仮想通貨を不正流出させたZaifの代表取締役である朝山貴生(あさやまたかお)氏が、自身が務めていたブロックチェーン推進協会(BCCC)の副代表辞任を申し出、すでに承認されたとの発表がありました。

また、Zaifに向けて近畿財務局から業務改善命令も出されています。

[kanren postid="4212"]
TREZOR(トレザー)
[btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 公式代理店サイトはこちら[/btn]

Zaif代表朝山貴生氏、ブロックチェーン推進協会の副代表を辞任

2018年9月25日、「一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)」の代表理事である平野洋一郎氏よりプレスリリースが発表されました。

発表によると、同協会の副代表を務めていたZaifの代表取締役である朝山貴生氏が、今回のZaifによる仮想通貨不正出金を受け、協会の副代表を辞任することを申し出、すでに承認されたとのことです。

ブロックチェーンの社会的信頼構築におけるダメージは大きい

以下、プレスリリースより引用。
今回の事件は、同社の仮想通貨交換所内部の安全管理に関する問題ですが、ブロックチェーンの典型的な適用例の一つである「仮想通貨」でこのような事故が起こると、ブロックチェーン技術自体に対するイメージも悪化し、社会における信頼構築に時間がかかってしまう恐れがあります。
当協会としては、ブロックチェーンを使用した各種サービスでの周辺セキュリティ強化の注意喚起およびセキュリティ強化対策の研究と実装促進を、リスク管理部会をはじめ各部会で真摯に検討してまいります。

 なお、当協会の副代表を務めておりました同社代表取締役の朝山貴生氏は、本件により仮想通貨利用者に多大な不安を与えたことの責任をとり、当協会の副代表を辞任することを申し出、既に承認されたことを報告いたします。

近畿財務局から業務改善命令

一方でフィスコによる買収が決まっている取引所Zaifには同9月25日、近畿財務局より業務改善命令が出されています。

書面報告期限は27日

Zaifの発表によると、近畿財務局より出された業務改善命令の内容は下記です。 [aside type="boader"]

  1. 流出事案の事実関係及び原因の究明(責任の所在の明確化を含む)並びに再発防止策の策定・実行
  2. 顧客被害の拡大防止
  3. 顧客被害に対する対応
  4. 平成30年3月8日付業務改善命令及び平成30年6月22日付業務改善命令の内容について、流出事案を踏まえて、具体的かつ実効的な改善計画の見直し及び実行
  5. 上記(1)から(4)までについて、平成30年9月27日(木)までに、書面で報告
[/aside] 上記の通り、不正出金の原因の究明と改善計画について27日(木)までに提出することを命令されています。

顧客被害への対応としては先の発表にもあった通り、株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて約50億円の金融支援、資本提携を検討する基本契約を締結しており、消失した仮想通貨を調達するとしています。

発表を受けたツイッターの反応

仮想通貨はハードウォレットで管理しよう!

大切な資産を管理するには、ハードウォレットでの管理がおすすめです。
複数取引所にアカウントを持っている人でも、一元管理して出し入れできるのも便利です。

仮想通貨を守る&管理するなら「TREZOR」(トレザー)がおすすめ!

TREZOR(トレザー)
[aside type="boader"]
  • TREZOR(トレザー)のおすすめポイント
  • 数多くのハードウェアウォレットの中でも「対応通貨種類」がトップクラス!
  • シンプルで見やすい管理画面で、初心者でも操作しやすい!
  • ハードウェアウォレットの中でも低価格&小さいから持ち運び、保管も便利!
[/aside] [btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら[/btn]

取引所は複数登録でリスクへの準備を忘れずに!

一箇所だけではいざ業務停止となった際に仮想通貨取引の手段が断たれてしまいます。
そんな事態を避けるために、複数の取引所に口座を持っておき、「ここがダメでもあそこがある」という状態を保つようにしましょう。

[recommend-ex]No tags for this post.

【Crypto GT】仮想通貨トレードバトル開催!

最大ペア数を誇る仮想通貨FX取引所のCryptoGTがトレードバトルを開催! この記事では大会の概要や注目の出場者をご紹介します。 出場者に意気込みをうかがったショートインタビューも公開します。 実力者ぞろいのトレード頂 ... No tags for this post.

WithCoin救済を名目にネズミ講的なグループが暗躍wwwwww

b4cbe1a6


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

「zaifは全てにおいて不十分」金融庁激おこwwwwwwwww

img_15e220ec7bd03844676c0106dd6f823964663


■ツイッターより 続きを読む No tags for this post.

ETF可否判断通知は30日ではなく29日明朝!?SEC事情に詳しい専門家が指摘!念のため注意か

30日が期限とされるETF可否判断結果ですが、SEC事情に詳しい米国の専門家ジェイク・シルビンスキー氏によると、28日(米国時間)に何らかの通知がだされるのではないかと指摘しています。

要点

・29日明朝は注意?
シルビンスキー氏の指摘によると、SECの通知が28日なので、日本時間29日(土)の明朝は注意したほうが良いかもしれません。

SECの通知は29日明朝?

4.1/多くの人々は2018の最も刺激的な ETF の提案として VanEck/SolidX を参照してください。それはメインとなるものです。なぜなら、現物に裏付けされており、デリバティブを通じて価格を追跡するのではなく、実際のビットコインを購入して保管するからです。

4.2/SEC の VanEck/SolidX の次の締め切りは9月30日です。私は来週の金曜日までに何らかの発表があるのではないかと思います。SEC は12月29日まで別の90日間の決定を遅らせることができます。その後、2月27日まで別の60日間遅らせることができます。それは絶対最終期限になります。

上記のツイートのように、シルビンスキー弁護士は「来週の金曜日までに何らかの発表があるのではないかと思います」と指摘しています。

可否判断の締め切りは30日ですが、29日・30日は土日なること、またSECは8月も数日前に可否判断の延期を発表したのを考えると、その可能性はあるでしょう。

金曜日は28日ですが米国時間なので、日本時間では28日21時~29日朝にあたります。

さらにこれまでのSECの発表時間を考慮すれば、29日土曜日の明朝は念のため注意しておいたほうが良さそうですね。

ただ、シルビンスキー弁護士の指摘もあくまで目安であって、もちろんSECは30日までであれば、どこでも発表する可能性はあります。

 

延期された場合どうなるのか

なお、市場関係者のコンセンサスは、今回も延期されるという見方です。

【いよいよ来週】今年最大のイベントとされるVanEck/Soild版ETF可否判断は9月30日!5人の専門家の見解まとめ!

その場合、シルビンスキー弁護士がいうように下記のような日程で延期されます。

①12月29日まで延期可能(90日間)
②2月27日まで延期可能(60日間)

ただ、VanEck/SoildX版ETFに関しては、厳格な審査のため、通常の延期よりさらに延期されるとの見方も出ています。

今回もし延期された場合も、SECがどのような審査をしたのか30日までの発表である程度わかるので、延期理由やSECの声明に注目です。

 

まとめ

VanEck/SoildX版ETFは、シルビンスキー氏が指摘するように、他のETFと違ってビットコインの現物が保管されるため市場に大きな影響を与えるとされています。

そして、そのため流動性や価格操作の観点から、SECに認可されるETFとして注目されています。

何らかの発表は、30日までに行われますが、日本時間で29日明朝の時間帯は、念のためチェックしておいて損はないでしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.