ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7日、CNBCのホストを務め、自らも仮想通貨トレードをおこなうラン・ノイナー氏がツイッター上で発言しました。

同氏によると、ビットコインは暴騰寸前とのことです。

要点

・仮想通貨市場が動き出す?
通常、株や為替の市場でも、長いレンジが続くと価格がどちらかに急激に動きだすのが一般的な動きとなっています。長いレンジ相場が続いている市場が動き出すことが注目されています。

 ビットコインは暴騰寸前

私は両親にビットコインを買いました。明らかに暴騰寸前だ・・・。

ノイナー氏は、ツイッター上で上記のように発言。

「両親のためにビットコインを買った」と自らのツイートに自信をみせています。

昨年の今頃、BTC は5週間で 6691ドルから 2万 ドル(12 月17日) に到達しました。これは、期待と現金決済 BTC 先物契約の立ち上げが背景にあります。ETF はそれらの方法より大きい取引であり、BTC の実際の購入を要求する2つの可否判断締め切りが迫っています。

ノイナー氏は、その根拠としてビットコインETFの可否判断が迫っていることを挙げています。

昨年は11月から5週間のうちに価格が暴騰しましたが、その理由は2017年12月に開始されたCBOEとCMEの先物取引の期待感からでした。

ビットコインETFは先物よりも影響の高い取引方法とされているので、今年もいくつかのETFが認可されれば、価格が暴騰するとの見解を示しています。

 

年後半に消化していくビッグイベント

ノイナー氏がいうように、ビットコインETFは先物よりも影響は高いですが、VanEck/SoildX版ETF以外は価格自体への影響度は低いとされています。

しかし、申請されているETFのうち、どれかひとつでも承認されれば、期待感が高まり価格が上昇する可能性があるのも確かでしょう。

現在、もっとも期待の高いVanEck/SoildX版ETFの可否判断締め切りは12月末。

その他の9つのETFは10月末に意見書の期限が設けられています。

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

SECに新たな動き!GraniteShares版ETFに関する意見書期限を設定!相場には影響なし?

ノイナー氏以外でも、直近で多くの専門家が強気の見解を示しており、価格が上昇しやすいといわれている年後半の相場が注目されています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

 

まとめ

ノイナー氏は、ビットコインETFを暴騰の要因として挙げていますが、11月にはBakktのビットコイン先物取引が始まる予定です。

ファンドストラッド社のトム・リー氏は、ETFよりもBakktの先物のほうが影響が強いと発言しています。

必ずしもノイナー氏のいうように、価格が暴騰するとはいえませんが、材料は十分にあるといえるでしょう。

仮想通貨市場は長いレンジが続いていますが、これから価格が暴騰するのに期待したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇する可能性が大いにあり、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.