ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

仮想通貨市場急騰!原因となったUSDT(テザー)売却について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日14時頃より仮想通貨市場が急騰しています。

その原因は話題になっている「テザー」疑惑であり、USDTの価格は暴落しました。

今回は急騰の背景も解説します。

要点

・USDT(テザー)とは
米ドルと価格が1:1になるテザー社が発行する仮想通貨。テザー社はUSDT発行量と同量の米ドルを保有することで価値を担保(ペッグ)しています。

 ビットコイン急騰!USDTは暴落!

ビットコインドル 5分足

ビットコインドルは14時頃から急騰。

一時7800ドルの高値をつけており、短時間で値幅1000ドルの上昇となりました。

本稿執筆時点(18時過ぎ)で価格の上昇は一旦収まっています。

ただ、このあとNY時間(21時頃)に入って海外勢がどのように動くかわからず、ボラテリティーは高まっているので取引する方は注意が必要でしょう。

USDTドル 5分足

ビットコインが急騰した同時刻に、価格が暴落したのがUSDTです。

今回の急騰の背景は、先日から話題になっている「ビットフィネックス・テザー疑惑」があるとされています。

急騰の流れを説明すると下記のようになります。

テザー社の不信感が投資家で高まる→売ったUSDTを一時的にビットコインや主要なアルトコインに換金する

これにより、結果的にUSDT以外の仮想通貨の価格が急騰することとなりました。

なお、主要なアルトコインもUSDTを除いて全面高の展開となっています。

 

不安感が高まる「ビットフィネックス・テザー疑惑」

先日から不安感が高まっているのが「ビットフィネックス・テザー疑惑」です。

今回の急落の背景はビットフィネックスとテザー問題再燃か!?専門家が分析!

こちらも少しややこしいですが、簡単にまとめると下記のような流れになります。

①10月頭、ビットフィネックス提携銀行が債務超過に陥っているとブルームバーグ報道
②ビットフィネックスにも債務超過疑惑が上がるが公式に否定
③さらにビットフィネックスと関係の深いテザー社に飛び火。以前から指摘されていた「テザー疑惑再燃」。

一言で簡単にまとめてしまうと「投資家のビットフィネックスとテザー社への不信感が最高潮に高まっている」ということです。

テザー疑惑とは、USDTと同量の米ドルをテザー社が本当は保有していないというもの。

未だにテザー社は十分な米ドルを保有しているというデータを公表できていません。

これら一連の流れはあくまで憶測のものではありますが、騒動が収まるまでは市場のボラティリティーも高まるので、取引している方はチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

繰り返しにはなりますが、ビットフィネックスとテザー社は一連の報道を否定しています。

これらはいわゆるFUD(不安、恐怖、疑念)の可能性があり、メディアが過剰に不安感だけを煽っている可能性もあります。

公式の発表に従えば、何も問題はないはずですが、投資家の不安感がおさまらない限りはしばらくの間急騰・急落が繰り返される可能性があるので、その点は注意したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.