ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

ビットコインは2019年6月までに220万円を超える!マイクノボグラッツ氏がコメント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米著名投資家のマイク・ノボグラッツ氏は15日、ブルームバーグのインタビューに応じました。

同氏は、2019年6月までにビットコインが過去最高値を更新すると予測しました。

要点

・Fedelity
昨日発表されたウォール街老舗ファンドFedelityの仮想通貨サービス。これにより、機関投資家の参入がより期待できるとのことです。

ビットコインは2019年6月までに過去最高値を更新

ノボグラッツ氏は仮想通貨が安全だと述べ、ビットコインのラリーに期待している

ノボグラッツ氏は、昨日発表されたFedelityのサービスを受け、ブルームバーグのインタビューに応えました。

同氏によると、Fedelityの参入により2019年第一四半期から第2四半期から機関投資家の参入が加速、その時にビットコインは過去最高値(220万円)を超えるとコメントしています。

また、Fedelityのサービスの中でも特に重要なのがカストデイサービス(仮想通貨保管サービス)ともコメント。

大手の投資会社がカストデイを開始することで、機関投資家がより安全に仮想通貨市場へ参入することができると述べています。

 

Fedelityの仮想通貨業界参入

本日の記事でもお伝えしましたが、昨日70年以上の実績と顧客2700万人をかかえるウォール街老舗投資ファンド「Fedelity Investments」が仮想通貨サービスを開始することを発表しました。

運用規模800兆円のFidelityが仮想通貨業界参入!ジョンソンCEO「仮想通貨は新しい資産クラスになる」!

このようなウォール街の大手投資ファンドが仮想通貨業界に参入するのは初であり、大きな注目を浴びています。

これから仮想通貨市場は、11月にBakktのビットコイン先物開始、年末にはビットコインETF可否判断が控えていますが、年末へ向けての価格上昇に大きく期待できるニュースといって良いでしょう。

Fedelityのサービス開始は2019年初頭といわれていますが、来年に向けこの他にも大手投資ファンドが参入する可能性も高まりました。

直近ではテザー社の問題などでボラティリティーが高まっている仮想通貨市場ですが、それがひと段落すれば再び年末から来年頭の好材料を消化し上昇トレンドに復帰する可能性もあります。

 

まとめ

Fedelityの仮想通貨市場参入は、ノボグラッツ氏のいうように市場の大きなポジティブ材料となるので今後の展開に期待したいですね。

ただ、ノボグラッツ氏はトランプ大統領の中間選挙を懸念しており、米国株式市場が荒れれば仮想通貨市場に何らかの影響が出るかもしれないとコメントしています。

長らくレンジ相場が続いている仮想通貨市場ですが、どちらにせよ年末に向け動意づくムードはあるので、取引をする方には要チェックでしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加