ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

「クジラ」がビットコイン6000ドルを押し目買いしている?調査機関のデータが示す驚きの事実!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年に入って低迷を続けている仮想通貨市場ですが、ビットコインの「6000ドル」は不思議なくらいサポートされています。

10日、大手仮想通貨調査会社Chainalysisは「クジラ」が価格低迷の場面でビットコインを買っているというデータを発表しています。

要点

・クジラとは
もとは株式市場の用語で、億~兆の規模で投資をする人・機関のことを指します。例えば、ヘッジファンド、年金機構です。市場を海に例えてその中を泳ぐ「巨大な資本=クジラ」と呼ばれています。

クジラが市場を支えている?

今年の仮想通貨市場は低迷を続けていますが、ビットコインの6000ドル(65万円付近)は今年幾度もサポートされてきました。

ビットコイン円 日足

上記のチャートの通り、先週の急落を含めればざっくり6回もサポートされています。

ビットコインが6000ドルに近づくと、あるいは6000ドルを下回ったとき不思議な買いが入るのです。

そして、買いを入れている犯人の正体が「クジラ」と呼ばれる大口投資家かもしれません。

出典:https://blog.chainalysis.com/reports/bitcoin-whales-oct

大手仮想通貨調査会社Chainalysisが発表したデータによると、仮想通貨市場が落ち込んだ5月から7月の時期にクジラの投資額は増えていることが判明しました。

上記の表の黄色い線がクジラ、青い線が相場の動きです。

Chainalysisのデータが、市場参加者の全てをカバーしているわけではないですが、わかる範囲で上記のようなデータに表れているのも確かです。

 

別のデータでも機関投資家の買い増しが明らかになっている

以前、仮想通貨投資ファンド、グレイ・スケール社もChainalysis社と同じようなデータを公表しています。

それは、仮想通貨市場が低迷した1月から6月に機関投資家の投資額は増えているというデータです。

グレイ・スケール社のデータも全ての機関投資家をカバーしているわけではありませんが、一部でも確実なデータがあるのは確かです。

また、Chainalysisのデータも加味すると「クジラは価格が下落したときに買い増しをしている」と言えそうです。

反対に、あまりに堅い6000ドルは、クジラのような大口投資家の買っている以外に説明がつかないのも確か。

今後も必ず買いが入る保証はありませんが、今後も6000ドルは重要な価格帯として注目でしょう。

 

まとめ

直近の相場をいうと、ひとまずは先週の急落で底をつけたと言えますが、まだ十分に安心できる相場は反発していません。

なので、今後もビットコイン6000ドルのサポートに注目でしょう。

当ブログでも何回もお伝えしていますが、6000以上を維持できれば仮想通貨市場全体が再び強気トレンドに復帰する可能性もあるので、知らなかった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.