ビットコイン谷 All Rights Reserved.

" />

仮想通貨市場は結局レンジの展開に!米中貿易摩擦が再び重しに!? 10/19チャート分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11日の急落から回復していた仮想通貨市場ですが、18日は再び価格が下落しました。

しかし、9月からみたら依然レンジの展開が続いているといえます。

要点

・米中貿易摩擦が再燃!?
18日のダウは米中貿易摩擦の懸念で下落。最近は仮想通貨市場ともリンクしているとの指摘もあるので、引き続き注目でしょう。

仮想通貨市場は長いレンジの展開が続く

ビットコイン円 日足

仮想通貨市場は、9月5日の急落以降、1ヵ月以上68万円~76万円のレンジ相場が継続しています。

アルトコインに関しても、ビットコインよりボラティリティーは高いですが新高値・新安値を更新するようなトレンドの相場ではありません。

また、ビットコインの重要な価格帯は、直近で突破できない76万円(6800ドル)と指摘されています。

76万円を突破すれば、チャート上では上昇トレンド回帰の可能性が出てくるので、引き続き注目でしょう。

また、レンジ相場ではありますが、今年に入って鉄板のサポートである6000ドル(65万円近辺)にも注目したいところ。

アルトコインも含め、ビットコインがレンジの上下どちらかにブレイクしない限りは大きな動きは期待できなさそうです。

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

 

米中貿易摩擦への懸念が再燃

18日の米国株式市場は再び大幅の下落、ダウは327ドル安で引けました。

ダウ 日足

下落の要因は、当ブログでもお伝えしている米中貿易摩擦への懸念と長期金利の上昇。

特に、18日のダウの下落は、米中貿易摩擦への懸念が再燃したとのことです。

米国株式市場に何が起こっている?仮想通貨にも影響する「長期金利」と「米中貿易摩擦」を解説!

また、米中貿易摩擦により、中国のマイニング企業が打撃を受けるという新しいテーマも浮上しています。

米国株式市場と仮想通貨市場の相関関係は専門家の中でも意見が別れています。

ただ、米国株式市場が大きく動けば(例えば暴落など)、仮想通貨市場も影響されて動く可能性は否定できないので、落ち着かないうちは注目しておいたほうがいいかもしれませんね。

また、もうひとつの急落要因とされていたビットフィネックス・テザー問題ですが、こちらはビットフィネックスが入金を開始しておりひと段落したようです。

ただ、こちらもテザー疑惑が完全に解決したわけではないので、引き続きその動向に注目でしょう。

 

まとめ

まとめると、既存の金融市場、仮想通貨市場ともに不安定な状態が続いているようです。

なので、引き続き上記にあげた材料。要因に関してはチェックしておきたいところですね。

仮想通貨市場にかんしてはレンジの展開が継続。

下値も十分にサポートされたわけではないので、不安定な状態が続くうちは6000ドルのサポートにも注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.