2018年 10月 の投稿一覧

GACKT、“父”緒形拳の墓参りへ・・・感動したからスピンドルを買おう・・・

no title



引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1540718637/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨が普及すると思ってる人いる?

13: 2018/06/12(火) 12:50:26.40 ID:ISiGkUiK
非常に脆弱なセキュリティ 
蔓延するフルスキャムコイン 
誰でもコピーして同じもんが作れる 
価格変動が激しい 

こんなゴミ流行る要素皆無 
まだセカンドライフの土地()のがマシだったんじゃないかと思うレベル

eca1711170500002-p1

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1528774105/


続きを読む No tags for this post.

コインチェックが「新規口座開設」&「一部仮想通貨の入金·購入」を再開!

コインチェック社が「新規口座開設」と「一部仮想通貨の入金・購入」を2018年10月30日より再開すると発表しました。

コインチェック社発表内容の一部抜粋

再開するサービス一覧

下記の再開が発表されています。

  • 新規口座開設
  • 一部仮想通貨の入金
    入金再開対象となる仮想通貨:BTC、ETC、LTC、BCH
  • 一部仮想通貨の購入
    購入再開対象となる仮想通貨:ETC、LTC、BCH(BTCの売買は当初より停止を行なっておりません)

現在利用できるサービス・機能(2018年10月30日時点)

  • 新規口座開設
  • 仮想通貨の入金、購入(BTC、ETC、LTC、BCH)
  • 仮想通貨の出金、売却(全取扱仮想通貨対象)
  • 日本円の入金、出金
  • レバレッジ取引における決済、証拠金の入金
    (レバレッジ取引でポジションを保有されているお客様は、引き続き決済取引および証拠金の振替入金が可能です。新規の取引は引き続き停止中となりますのでご注意ください。)
  • Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)

再開準備中のサービス・機能(2018年10月30日時点)

  • 仮想通貨の入金、購入(ETH、XEM、LSK、XRP、FCT)
  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき

引用 : 新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ | コインチェック株式会社

長らく再開が待たれていたコインチェック。

今後の展開が期待されています。

大事な資産「仮想通貨」は自分で守ろう!

仮想通貨を管理し守れることで定評のある「ハードウェアウォレット」!
そのハードウェアウォレットの中でも「TREZOR」(トレザー)使いやすくて通貨種類も豊富!初心者にも最適!

[hw-trezor] [recommend-ex]

投稿 コインチェックが「新規口座開設」&「一部仮想通貨の入金·購入」を再開!海外の仮想通貨ニュース速報 に最初に表示されました。

No tags for this post.

財務省が「仮想通貨の税金逃れ」に関する対策を強化・・・

■ツイッターより

eca1711170500002-p1

続きを読む No tags for this post.

無貯金の50歳代が3割超 「貯蓄ゼロ」

1: 2018/10/15(月) 12:53:49.05 ID:zSJZOmyP
50歳代無貯金の世帯は多い。金融広報中央委員会が毎年定期的に行う
「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯で貯蓄ゼ
ロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている


TSURU17623A017_TP_V


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00018373-stoyos-bus_all

引用元:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1539575629/


続きを読む No tags for this post.

家族の純資産は1億くらいはあるんだけど・・・

1: 2018/10/27(土) 01:25:32.129
ID:uhbjLToP0
俺自身の貯金は0
職もなし

相続すれば全部最後はお前のものとか言われて家族も就職急かさないけど

ずっと飼い猫とか嫌すぎる

TSURU17623A017_TP_V

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1540571132/


続きを読む No tags for this post.

マネックスグループ中間決算で6億円の赤字もコインチェック再開に期待

オンライン金融ビジネス大手のマネックスグループの松本大(まつもと おおき)社長が、再開が待たれるコインチェックについて言及しました。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="249"]

セグメント損失6億円も早期の黒字化を予想

マネックスグループを率いる松本大(まつもと おおき)社長は、10月29日の中間決算発表で2018年4月に買収し、業務停止中のコインチェックの事業再開について言及しました。
グループの仮想通貨事業は6億円のセグメント損失で、業務の再開について「めどは分からない」としつつ、業務再開への前向きな姿勢を語っています。

現状みなし業者であるコインチェックは、金融庁の仮想通貨交換業者としての登録を目指しているところで、松本氏によると今回の損失は"屈伸での「屈」の場面"であるとしています。 業務再開のための「準備はほぼ終えた」とし、コインチェックの営業基盤を元にすれば早期に黒字化になる考えを示しました。

決算の説明資料の中では以下のように述べています。

「グローバル」「個人」「新技術」というキーワードで新しい時代の金融を再定義し、新しい金融、いや新しい個人経済活動サポート産業を創造していくのは、私たちマネックスグループであるという自負を持って、邁進してまいります。

具体的には、AIなどの新技術を米国セグメントを中心に積極的に採り入れて、それをグループ内の世界各地で展開すること。
クリプトアセット事業セグメントでは仮想通貨交換業での確固たる地位を確立し、さらに仮想通貨交換業に限らないクリプトアセットを活用したサービスを創造し、それを世界展開すること。
そして日本でも米国でも、ミレニアル世代などの新しい経済主体に受け入れられるサービスの開発・提供をし、利用者層を拡大すること。

[aside]補足
セグメント損失とは、事業部門ごとの損失のこと。
ミレニアル世代とは、1980年代半ばから2003年の間に生まれた世代を指す言葉で、生まれた時からデジタル機器がある「デジタルネイティブ」でもある。
[/aside] 弱気相場が続いている仮想通貨業界に、170万口座を抱えるコインチェックの事業再開が待たれるところです。

[recommend-ex] [kanren postid="4111,2013,249"]

投稿 マネックスグループ中間決算で6億円の赤字もコインチェック再開に期待海外の仮想通貨ニュース速報 に最初に表示されました。

No tags for this post.

コインチェックが新規口座開設を再開!170万人の顧客を抱えるマネックスが仮想通貨業界完全参入へ!

コインチェックが30日、新規口座開設や一部の仮想通貨取引の再開をしました。

現時点で完全復帰するわけではありませんが、今後レバレッジサービスなども展開するとのことです。

要点

・大手ネット証券マネックスが仮想通貨業界完全参入
コインチェックといえど、すでにマネックスに買収されているため、実質的に今回はマネックスが仮想通貨業界に完全参入したことを意味します。国内の新しい顧客の呼び水になれるか注目です。

 コインチェックがサービスを開始

コインチェックは本日付けで、停止していた新規口座開設を再開することを発表しました。

それに伴い、一部の仮想通貨購入や入金のサービスも開始。

再開したサービスの概要は以下になります。

2018年10月30日より再開するサービス
新規口座開設
一部仮想通貨の入金
入金再開対象となる仮想通貨:BTC、ETC、LTC、BCH
一部仮想通貨の購入
購入再開対象となる仮想通貨:ETC、LTC、BCH(BTCの売買は当初より停止を行なっておりません)
※本件は新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入に関する再開のご案内です。出金・売却は、全ての取扱通貨についてご利用いただくことが可能です。

引用元:https://corporate.coincheck.com/2018/10/30/60.html

まとめると、本日より購入できる通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシックの4種類。

サービスは再開したものの、100%ではないので、今後の動向に注目です。

また、コインチェックはすでに大手ネット証券グループマネックスに買収されているため、今回のサービス再開は実質的にマネックスが仮想通貨業界参入したことを意味します。

マネックスは既存の顧客が800万人いるとされており、仮想通貨投資をしていない新規の顧客の呼び水になれるかが注目されています。

【速報】マネックスが36億円でコインチェック買収確定!なぜマネックスは買収したのか?

 

今後はアフィリエイトやレバレッジ取引のサービスも再開

また、すでに再開準備中のサービス内容も発表されました。

再開準備中のサービス・機能(2018年10月30日時点)
現在停止中の以下サービスにつきましても、引き続き安全性の確認を行い、準備が整い次第、順次再開してまいります。

仮想通貨の入金、購入(ETH、XEM、LSK、XRP、FCT)
レバレッジ新規建取引
アフィリエイト
日本円コンビニ入金
日本円クイック入金(Pay-easy)
Coincheck Payment
Coincheckでんき

引用元:https://corporate.coincheck.com/2018/10/30/60.html

再開準備中の通貨は、ネム、イーサリアム、リスク、リップル、ファクトムの5種類。

その他には、レバレッジ取引やアフィリエイトも再開予定とのこと。

再開準備中のサービスについては、現時点ではあくまで「予定」なので、今後の発表を待つしかないでしょう。

 

まとめ

ハッキング事件当初は、ネガティブなイメージが強かった「コインチェック」ですが、半年以上たっても名前が忘れらていないことを考えれば、そのブランド力はまだ健在といえるでしょう。

また、名前はコインチェックですが、実質今回のサービス再開は、マネックスが本格的に仮想通貨サービスを開始することを意味します。

つまり、「サービス再開」というよりかは「マネックスの新規サービス開始」ととることもできます。

マネックスはすでに株や為替の証券口座として名をはせている大手グループなので、国内においての新規顧客獲得が今後一番の焦点になりそうです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

与沢翼「30歳過ぎて貯金1000万ない人は人生ゲームオーバーです、これまで何してたの」

1: 2018/10/28(日) 13:07:31.78 0
与沢氏はさらに、1000万円の貯金は努力で可能な範疇(はんちゅう)だと力説。
また、フェラーリ1台も購入できない貯蓄状態で「どうしてそんなに幸せそうなのか」と疑問を抱いたようだ。
続けて「危機感がなさすぎるというか…もうゲームオーバーです」と厳しい言葉を浴びせたのだ。

ディレクターがこうした指摘に納得していると、与沢氏は「疑問を持つ」「怒りを持つ」「不満を持つ」ことが大事だと語り、
「ムカつくことがあったら、それを心に刻んでください。忘れちゃダメなんですよ」と持論を展開した。
そうした感情を回避しようとすることで「自分が上に行けばいいんだ」と悟れる、というのだ。

与沢氏は「そもそも悔しいって思いがなかったらもうダメです」
「『人は人、自分は自分』なんて言ってるのは、かなり逃げ!」と言い放った後、「ちょっとバカになるぐらいの方がいいですよ、立ち上がるときって」
「クレイジーな人の方がはるかに成功しますよ」と、自身の成功哲学を説いていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14485454/

960211_615

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1540699651/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨市場がわずかに下落!いよいよ相場が動く? 10/30ビットコイン・リップルチャート分析

29日の夜頃から仮想通貨市場は下落、今まで硬直していた相場に動きが出始めました。

今後、再び硬直状態に入るのか、あるいはボラティリティーが高まっていくのかに注目でしょう。

要点

・動かない相場
9月よりビットコインは6000から6800ドルのレンジを抜け出せない展開に。仮想通貨市場が硬直状態に陥っていることはメディアでも話題になっていました。

 ビットコイン・リップルチャート分析

ビットコイン円

仮想通貨市場は、10月18日以降、久々に大きな動きをみせました。

29日は、20時頃より価格が下落し始め日を通してはおよそ2%の下落、アルトコインも下落する展開となりました。

ただ、久々に動いたとはいえ、ビットコインは6000ドル~6800ドルのレンジを抜けだしていません。

なので、結局はレンジの推移だったと分析することもできます。

XRPUSD 日足

XRPに関しても、本稿執筆時点では、0.44ドルのサポートを維持しています。

また、XRPはビットコインよりもボラティリティーが高いため、仮に0.44ドルのサポートを維持できなくても、次に0.37のサポートが控えています。

チャート上ではまだ悲観的になる必要はないでしょう。

総じて、仮想通貨市場はまだレンジ内の推移ということができます。

しかし、久しぶりにボラティリティーが高い動きとなったので、今後この動きが継続して相場が動くのかはひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

引き続きダウの動きには注目か

ダウ日足

仮想通貨ではありませんが、29日のダウは続落。

以前からこのブログでもお伝えしていますが、仮想通貨とダウの相関関係は不明です。

しかし、このままダウが下落していくようだと、仮想通貨市場も下落する可能性はあります。

直近では、下落の動きが続いているので、引き続き世界の株式市場の動向と仮想通貨市場の相関関係に注目でしょう。

また、6日には中間選挙も控えており、引き続き米国株式市場はボラティリティーが高く推移することが予想できます。

11月6日の米国中間選挙で相場が動き出す!?これまでのダウの値動きと仮想通貨市場の相関関係まとめ!

仮想通貨市場に特段、新しい材料がなければ、しばらくの間は既存の金融市場の動向にも目を向けたいところですね。

 

まとめ

29日の仮想通貨市場は動いたものの、変動率は以前の相場と比べたら低いといえるでしょう。

また、ビットコインは相変わらずレンジ内での推移が続いているため、引き続き6800ドルのレジスタンス・6000ドルのサポートどちらに抜けるのか注目したいとことです。

また、しばらく動きがない相場でしたが、ここから動き出すのかも注目されます。

世界の株式市場の動向を注視しながら、仮想通貨市場の相関関係にも注目したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【超朗報】コインチェックさん、再開キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

■このツイートへの反応

c5376882.png

続きを読む No tags for this post.